放射線技師に地方から転職するコツ&5つの体験談

既卒や第二新卒で上京して放射線技師になりたいと思っている方や、地方から転職して放射線技師になりたいと思っている皆さん。

実際に放射線技師に転職した人の体験を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

放射線技師とひとことに言っても、病院の特徴、仕事の中身、働き方のスタイルはさまざまです。

上京することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、東京で生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職した放射線技師の体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、放射線技師のための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!転職体験談【成功例】まとめ

東京で放射線技師に転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

三交代勤務から、夜勤のない病院への転職

Aさんは、放射線技師として私立病院に勤務していましたが夜勤が多く、休日も勉強会などの準備をする必要がありプライベートの時間を確保することが至難の業でした。
そんな状況を打開したいと考えて転職エージェントに相談することにしました。
条件として夜勤がないこと、急な呼び出しがない職場ということを提示しました。

何度か面接を受けて不採用にもなりましたが結果として4番目に面接にいった病院に放射線技師として採用されました。
面接練習や、履歴書添削をエージェントが行ってくれたおかげもあり、面接でも高評価を受けました。
自信のスキルをアピールするために第三者の意見を取り入れることも必要ですね!

ブランク明けから放射線技師に復帰

学校卒業後新卒として、放射線技師として働いていたBさんは結婚を機に一度退職されていました。
数年後、子育てや家事などがある程度落ち着いたので外で働きたいと考えて、放射線技師として復帰することにしました。
以前のように夜勤等は、家族のこともあり避けたいと思ったので、転職エージェントにその旨を伝えて夜勤のない職場を探してもらうことにしました。
結果として、個人経営のクリニックに転職することができました。
収入面では以前より見劣りはありますが、仕事と家庭を両立できるので大満足の転職になったそうです。

ブランク明けから放射線技師に復帰

結婚して、一度放射線技師としての仕事をしていなかったCさんは、ライフイベントもいったん落ち着いたので、再び職場復帰をすることにしました。
全国的に放射線技師の人数は不足しているとのことで、求人数は多かったのですができるだけいい条件で勤務したいと考えて転職エージェントを頼りました。
残業が少なく夜勤も避けたいという条件を探したところ、都内で病院ではなく放射線治療に使う機器のメーカーの求人を紹介されました。
内容としては、放射線技師として機器の操作を担当する仕事でした。
病院勤務では無いので、時間が来れば退勤することも可能で、土日休みだったのでプライベートを充実させることも可能となり、給与も満足のいくものでした。
もう少しすると、新車を買うことができるくらいの貯蓄ができるようです。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

転職活動は、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

放射線技師として復帰したものの…

放射線技師として働いていたDさんでしたが、人間関係で苦労されることがありました。
看護師との関係性がうまくいっておらず、自身ではうまくいっていると思っていたものの、周囲からクレームが出ることもありました。

コミュニケーションの改善や、新しくルールを設けてそれに沿って仕事を継続してみましたが、それでも関係性は改善しませんでした。

失意の中逃げるように転職しましたが、次の病院では夜勤が多く体力的に不安が残ってしまいました。

急いで、この状況下から脱出したいという気持ちだけで転職したことで悪い方向へ流れてしまったということが今回のミスでした。

落ち着いて転職エージェントを使っていたら、違った結果が見えたかもしれません。

上司とのコミュニケーションがうまくいかず退職

放射線技師として7年となるEさんは、1年前に赴任してきた上司と考え方などが一致せず苦しみました。
放射線技師は、画像診断、核医学検査、インターベンショナルジオロジー、放射線治療と4つあるのですが業務量も多く、コミュニケーション能力も必要な仕事です。
さらには入れ替わりが激しく、すぐにやめてしまう人もEさんの職場ではいたそうで、上司もなかなか余裕がなかったのではと、Eさんは当時を振り返っています。
そんな中で、あたりがキツイ上司となるとEさんも参ってしまいますよね。

人員が増えたら、状況も変わるかもと希望を持ちましたが、かなわずEさんも退職することになりました。

今は別の病院で放射線技師をしていますが、業界的に狭いこともあるのでいつか上司に再会するのではないかとひやひやしているとのことです。

その差はどこに? 転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗している放射線技師と成功している放射線技師の特徴を比較してみましょう。

放射線技師の転職に失敗している人に共通していること

他者とのコミュニケーションを取ることが苦手としている人

放射線技師の転職に成功している人に共通していること

コミュニケーションを取ることが苦手ではなく、仕事に熱中している人

放射線技師が転職に成功するためには、例えば「転職エージェントを使って情報収集に努め自分のやりやすいと思える職場を探す」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントを使って理想の職場を探そう

最後に、放射線技師をめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使って心休まる職場を探す

という方法をお勧めします。

放射線技師の転職に転職エージェントをお勧めする理由

放射線技師の転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 優良案件を多数持っている
  2. 転職の際の雇用条件等の調整が得意
  3. 市況等の情報収集が容易である

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP