PwC税理士法人ってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

PwC税理士法人ってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

PwC税理士法人は、平均年収が717万円(税理士)と、業界内でも高い水準で知られています。
また、東京本部が東京都千代田区霞が関にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、PwC税理士法人はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、PwC税理士法人の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 PwC税理士法人】グローバル大手で、業界の立ち位置はBIG4の一員

東京のPwC税理士法人は、1999年に全世界の157カ国に18万人以上のスタッフが在籍する世界最大規模の会計事務所のプライスウォーターハウスクーパースの日本のメンバーファームとして設立されました。(旧税理士法人中央青山)

現在のように、税務の環境が大きく変化していくなかで、PwC税理士法人は日本最大規模の税務に対する助言者として幅広い分野の税務の業務指導を通じて円滑な税務業務の遂行を応援しています。

東京のPwC税理士法人は、海外への展開に伴う税務に関する対策と、複雑で多くの分野にまたがる経営の課題に対処するため、東京のPwC税理士法人は、成長戦略として「日系企業の国際的な活動の高まりへの対応」と「ワンストップサービスの実現」を掲げています。

東京のPwC税理士法人は、日本で最大級の税務に対する助言者として税理士や、公認会計士:233名、そのほかの国の資格の保持者:53名など合わせて、計520名のスタッフが在籍をいてします。

経営方針として東京のPwC税理士法人は、私たちの使命は、『Clients:クライアントの成功に資する付加価値の高いプロフェッショナルサービスを提供します。 People:世界に通用するプロフェッショナルに成長すべく自己研鑚に励みます。 Society:クライアントおよび私たち自身の成長を介して日本経済の発展に寄与します。』の3つを掲げております。

主要サービスは、国内税務、国際税務、M&A、企業組織再編・事業再生、金融ビジネス、不動産ビジネス、移転価格、事業承継・資産税、間接税、関税・貿易、グローバルモビリティ、アウトソーシング、企業トピック、税務訴訟です。

 

PwC税理士法人の現状

東京のPwC税理士法人は、外国への駐在型の税務機能の支援サービス 税務に関する業務の専門家の派遣サービス(駐在型税務機能支援サービス)を手掛けています。

昨今の日系企業の海外進出による国際的な業務の運営に伴い、日系企業の税務に関する業務は複雑な処理を伴う業務へと、難解な作業を必要とする仕事の量が増えてきています。

例えば、複雑な処理を必要とするタックスヘイブン税制や、移転価格を文書として書き出す作業への対応など、国際的に活躍する企業に求められる税務の業務内容は、高度な知識と経験を必要としてきています。

一方で、これらの複雑で高度な知識と能力を要求される業務が遂行できる人材を東京や他の国内の会社の中で育成して維持していくことは困難な状況となってきています。

東京のPwC税理士法人当法人では、当税務法人で抱える、税務に関する高度な知識と能力を備えた、プロフェッショナルをお客様の東京や他の国内の会社、あるいは派遣を通じて、このような企業の税務機能を支援します。

その他、東京のPwC税理士法人では、次のようなサービスを提供しております。

税務ガバナンス

  • グローバルタックスマネジメント
  • 海外税務リスク・ヘルスチェック
  • 税務コンプライアンスプロセスの変革支援
  • 海外税務リスク管理ツール‐Tax Operations Manager
  • Insourced Solutions for Tax(包括的税務管理サービス)

また、東京のPwC税理士法人当法人税務訴訟支援サービスででは、Tax Technology and Transformationサービスとして、企業が直面している全ての税務に関する課題を東京のPwC税理士法人当法人のテクノロジーチームが強力にサポートします。

東京ほかのPwC税理士法人では、デジタル革命ともいえ、毎日のように激しく変動する環境の中で業務を行っています。

東京ほかのPwC税理士法人では、更なる顧客への税務に関する、サービスの成功に向けて、今までのビジネスの取組方や方法を根本的に見直してしており、東京ほかのPwC税理士法人の税務に関する機能も例外ではありません。

東京ほかのPwC税理士法人では、税務に関するリスクを最低にするよう管理して、また税務にかける費用を合理的に管理することで、顧客の企業価値を高めて、顧客に貢献していく税務部門や業務の持つ機能を変革しようとしています。

東京ほかのPwC税理士法人の関連グループには

  • PricewaterhouseCoopers WMS Pte. Ltd.
  • PwC社会保険労務士法人
  • PwCアウトソーシングサービス合同会社
  • PwC行政書士法人 があります。

 

PwC税理士法人への転職

東京ほかのPwC税理士法人および関連グループには、様々な関連性のある顧客を多数担当している職員が働いており、性別、国籍、文化の違いを超えて、所員同士で尊重し合い、協力し合っています。

東京ほかのPwC税理士法人は、共に現在の変革の激しい環境の中で能力を発揮できる人材を求めています。
そのため、積極的に東京ほかのPwC税理士法人の職員の採用を行っています。

海外のグループ間のネットワークを強みにして、東京ほかのPwC税理士法人は国際感覚にも触れた刺激のある職場です。
世界を舞台にキャリアを積み上げたいという意欲のある方の転職をお待ちしております。

なお、転職求人には同社ホームページから直接応募も可能となっています。

東京ほかのPwC税理士法人に転職したコンサルタントからは、税務コンサルタントとしては転職先として、成長できる環境であることは間違いないとの意見がありました。

東京ほかのPwC税理士法人に転職した移転価格の分野の社員は、転職先しては働きがいという点では非常に強く感じるとの意見がありました。

東京ほかのPwC税理士法人に転職した専門職の社員からは、会社の強みとして、PwC税理士法人に転職した会社の強みとしては、BIG4の中では他社からの転職者は良いポジションにあるという意見がありました。

東京ほかのPwC税理士法人に転職した事業法人部の転職者からは、入社(転職)を決めた理由として、BIG4の税理士の中でもPwC税理士法人への転職は、国際税務に強いイメージがあったためと言っています。

 

まとめ

転職を考えている人は、転職エージェントに意見をよく聞き、内容をよく確認してから転職を決めた方が良いと思いました。

興味のある方は、ホームページの転職応募ページから転職のエントリーをしましょう。

同社をはじめとした東京の大手税理士法人は、大手企業・上場企業を中心に、法人業務をメインに事業展開していることが特徴です。
記帳代行など単純な補助業務は少なく、組織再編、事業承継、国際税務など幅広い分野の経験を積むことができます。

簿記資格を持っている人はもちろん、税理士を目指す方も多数入社しており、また外資系顧問先もあるので英語を生かして働くこともできます。

税理士法人は、成長できる職場であることが何よりの魅力です。資格取得の奨励はもちろん、上司や先輩がフォローしてくれる環境、お客様の要望を聞いて寄り添い、コミュニケーション力や課題解決力を十分に高めることができます。

一方で、他の業種なら地方在住者のテレワーク化も進んできていますが、税理士法人の所員が完全在宅で働くというのは難しいです。
その理由は、税理士法の問題です。守秘義務や税理士の監督・管理義務が厳しく定められているため、スタッフが顧問先の資料を自宅に持ち帰ることが制限されているためです。

大型案件を多数経験できる東京の税理士事務所に転職したいなら、上京して働くことを前提に、転職活動を進めていきましょう。

 

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、PwC税理士法人への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 面接のため会社訪問することになったけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。
  • 住まい探しや引っ越しなど、上京の生活全般に関する相談がしたい。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP