歯科技工士に上京転職するコツ&5つの体験談

歯科技工士としてこれから活躍したいと思っている方や、地方から転職して歯科技工士になりたいと思っている皆さん。

現役歯科技工士の転職体験を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

歯科技工士とひとことに言っても、クリニックや企業の特徴、仕事の中身、働き方のスタイルはさまざまです。

転職することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、以前より生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職した歯科技工士の体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、歯科技工士のための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!転職体験談【成功例】まとめ

歯科技工士に転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

様々な歯科技工所で腕を磨いて8年目のAさん

これまで、大手、地元、歯科医院内の技工所でご活躍されたAさんは、歯の詰め物を作る作業を行っています。
大手、地元の歯科技工所では激務のためほとんどプライベートの時間を取ることができませんでした。

そこで、転職エージェントを使ってより規律のある生活ができる職場に転職したいと考えました。
絶対条件として正社員で雇用というものがありました。

また、Aさんはプライベートで農業も楽しんでいたので休日に農園に通いやすい場所ということも条件でした。
その結果、都内でなおかつ農園に通いやすい歯科医院内の技工所で採用されました。
現在は公私ともに充実されているとのことです。

アメリカで働いたのち都内で転職

アメリカで歯科技工士として働いていたBさんは、家庭の事情があり日本に帰国して働くことになりました。
しかし、日本国内で転職活動をしたことがなかったBさんは、転職活動がうまくいきませんでした。
そこで知人に相談したところ医療系に強い転職エージェントを紹介されました。
面談を経て、条件などをすり合わせることになり、正社員を大前提のもと都内で歯科技工士の仕事を探すことになりました。
Bさんの経歴と、語学力も幸いして都内にある歯科技工所の面接に臨むことになりました。
採用責任者もBさんのこれまでの経歴を評価してくれたことと、Bさんの貪欲に知識を吸収していって自分をブラッシュアップする姿勢が歯科技工士の方針とマッチしました。
激務で12時間以上職場にいることもありますが、Bさんにとっては充実した日々となっているとのことです。

ライフイベントにひと段落してからの復帰

Cさんは、婚約者が海外赴任をするとのことで一緒に来てほしいと言われて歯科衛生士の仕事を辞めて数年間海外で過ごしていました。
帰国後、ひと段落したところ再び仕事に復帰しようと思いましたが、海外移住が無ければ取得しようとしていた歯科技工士の資格に興味を持ちました。
そのため資格勉強を行い2年後歯科技工士となりまいた。
そのまま、歯科技工士として働こうと転職活動を開始して、転職エージェントを利用しました。
結果として、都内で歯科技工士として採用されることになりました。
働き方もフレキシブルな職場ということで、公私ともに充実した毎日を過ごされているとのことです。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

転職活動は、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

体を壊してしまい歯科技工士を退職

歯科技工士として働いていたDさんですが、激務がたたり体調を崩してしまいました。
昨今は技術も進んできて3Dプリンターで詰め物を作っている歯科技工所も多いようで、
今後も同じように、歯科技工士の仕事は人がするものなのか疑問がDさんの中で生じました。
他の歯科技工所ではどうだろうかと、仕事も探してみましたがやはりほかの可能性を探りたいと思い、整体師に転職されたとのことです。

技術が進歩するのは良い一面はありますが、人の経済生活を脅かす可能性も出てきそうです。

ブランク明けのから歯科技工士を目指す

以前は歯科衛生士として働いていたEさんですが、ライフイベントが様々重なって3年ほど仕事はしていませんでした。
落ち着いたところで、歯科技工士の資格を取得して再度就職して数年が経過していました。
しかし、激務に合わせてその技工所ではEさんが一番年下なので雑用などがすべて回ってきました。
そんな職場に嫌気がさして、転職したのですが技術の進歩などもあり業界的に採用人数が減っており転職は難航しました。
やっとのことで、就職できた歯科技工所では最新技術を積極的に取り入れているのですがそれについて行くことに必死で、落ち着く暇がないとのことです。
安易に決まったと妥協せず、転職先がどのような職場なのか確認しておけばこのようなことにはならなかったのだと思います。

その差はどこに? 転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗している歯科技工士と成功している歯科技工士の特徴を比較してみましょう。

歯科技工士の転職に失敗している人に共通していること

将来の不安に対して、情報収集や技術取得に消極的である

歯科技工士の転職に成功している人に共通していること

自分の技術のブラッシュアップや、転職情報の収集に積極的である

歯科技工士が転職に成功するためには、例えば「歯科技工士としてどのように働いていくかを固める」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントを使って好条件で転職を

最後に、歯科技工をめざす方が失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使って効果的な転職活動を展開する

という方法をお勧めします。

歯科技工士の転職に転職エージェントをおすすめする理由

歯科技工士の転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 優良案件を多数持っている
  2. 給与面などの交渉を代行してくれる
  3. 転職までのサポートが充実している

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP