介護職として、地方から上京転職するコツ&5人の体験談

社会人で未経験から上京して介護職になりたいと思っている方や、前職の環境等に不満等があり新しい場所で介護職に就きたいと思っている皆さん。

実際に東京で介護職に転職した人の体験を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

介護職とひとことに言っても、企業の特徴、仕事の中身、働き方のスタイルはさまざまです。

上京することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、東京で生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職した介護職の体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、介護職のための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!上京転職体験談【成功例】まとめ

東京で介護職に転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

対人関係の不安を乗り越え、短期間での転職に成功

前職も介護職として働いていたAさんは、介護職の仕事にやりがいを持っており、収入面も地元で生活していく上では大きな不満もありませんでした。

しかし、ある上司はとても気分屋で常に怒っている様な人で、職場環境は日々悪化していきました。
そんな、日々悪くなる環境に嫌気がさしたAさんは、仕事を変えたいと思いました。
介護職員初任者研修資格を持っていたAさんは、スキルを生かしながら、場所を変えて就職しようと考え上京することを決意しました。

ただ、東京の転職事情や土地勘に疎かったAさんは、どのように転職活動をすれば分かりませんでした。

そんな時に、転職支援サービスとスクールの存在を知り大いに活用しようとAさんは考えました。

Aさんは、今回の転職で最重視したことは職場環境でした。
給与はたくさん貰えることにこしたことはないのですが、長く働き続けてキャリアアップできる「最後の転職」にしたいと考えたからです。

カウンセラーに相談した結果、転職に有利になるようお勧めの資格を教えてもらうなど、、自分では集められない情報等も豊富にあったのでAさんは、不安なく転職活動へ力を注ぐことができました。

その甲斐あって、無事第一希望の施設に転職できました。
新天地で、心機一転働くことが叶い、利用者さんのために働けることになりAさんは充実した生活を送っておられます。

東京の職場見学で転職したい施設が見つかった

介護施設の事務職として働いていたBさんは、部署異動が多いことがネックとなり転職を決意しました。

転職を決意したBさんは、まずは転職エージェントに登録して寮完備の正社員として働きたいと条件を固めました。
そして、以前から興味を持っていた介護福祉士の資格取得を目指しました。

資格取得もめでたく叶い、東京都内にある特別養護老人ホームから内定をもらいました。
周囲の施設の中では、規模が大きい施設であり異動もない点が、Bさんにとって決定打となりました。

現在は施設のフロアリーダーとして、若いスタッフの育成とサービスの向上に尽力されています。

自身の考え方を理解してくれる職場への転職

飲食業界で働いていたCさんは、気付けば40歳を過ぎていましたが契約社員という立場にあり、安定感に欠けこの先の増収入が見込めないことが不安の種でした。

そんな悩みを知人に話すと、介護職はどうかと勧められたのです。

まったく介護の知識が無かったCさんは、スクールで介護職の仕事について学び転職エージェントに登録して、資格取得を支援してくれる介護施設を探すことにしました。

その結果、スタッフの育成に力を入れている介護施設へ就職することになり、ケアマネージャーを目指して以前より充実した生活を送ることができています。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

東京での転職活動は、地方よりも有利な面はあるものの、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

体力に自信があったが、想像以上の肉体労働が…

販売職の仕事についていたDさんは、立ち仕事中心で体力には自信があると考えていました。

現職の介護職に移った後もやっていけると思っていましたが、想像以上に体力が必要なことに転職してから気づきました。
転職の際に、給与面を第一に転職先を選んでしまったこともあり、実際の業務内容や、一人当たりの業務量を、軽視してしまっていたことが原因だと考えられます。

事前にもっと情報収集を行っていたら、同じ給与でもより負担の軽い介護施設で働けていたのではと、Dさんは後悔されているそうです。

想像以上の業務量とスキル不足が招く疲弊

一般事務から訪問介護のヘルパーへと転職したEさんは、自身の情報収集不足が原因となり職場で大変な苦労をされています。

ヘルパーの仕事は、利用者さんの介助だけを行うのではなく、料理、洗濯等の家事の補助も行う必要があります。
しかし、一人暮らしの経験もなく、家事も母親任せだったEさんにはできるはずもなく、職場の先輩からももう少し勉強してほしいと注意されるような状況です。

Eさんは、ヘルパーの仕事を利用者さんの身体介助を行うのが大半だと思い、その他の家事については行うと思ってもいませんでした。
募集要項を見て、自分にもできる仕事内容なのかもう少し考えることで、より良い職場で活躍できたのではないでしょうか。

その差はどこに? 上京転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗している介護職と成功している介護職の特徴を比較してみましょう。

介護職の上京転職に失敗している人に共通していること

情報収集が満足にできておらず、仕事内容についても思い込みで考えていること。

介護職の上京転職に成功している人に共通していること

転職エージェントやスクールを活用して、資格の種類や就職先の情報を豊富に入手していること。

介護職として良い職場に出会うためには、例えば「スクールに通うことや職場見学をすることで仕事内容を理解する」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

スクールで介護職のキャリアについて学んだ上で転職を

最後に、介護職をめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

スクールに通うことや職場見学をすることで仕事内容を理解する

という方法をお勧めします。

介護職の転職に(スクール)をお勧めする理由

介護職の転職に(スクール)をお勧めする理由は3つあります。

  1. スクールでは、仕事内容を教えてくれるので自分に合う仕事場のイメージが付きやすい。
  2. 初任者研修資格やプラスαの資格取得も可能でキャリアアップにつながる
  3. 講師やカウンセラーに相談することができ、仕事への不安感がなくなる。

以上のことから、スクールを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP