東レってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

東レってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「平均年収が高い」「業績が好調」「働き方を改革している」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

消費者にはあまり馴染みがないかもしれませんが、東レは業界の優良企業です!

このページでは、東レはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、年収や採用動向などのデータも紹介しますので、就活の参考にしてください。

【業界研究 東レ】 炭素繊維の覇者 今後の爆発的成長に期待する

東京に本社を置く東レは、ユニクロと共同開発した下着、ヒートテックの世界での大ヒット商品で日本の優良企業として有名です。その事業内容は衣料や産業用途の繊維事業が大黒柱。炭素繊維複合材で世界首位。電子材料、水処理膜なども有力な分野で総合繊維の優良企業と言えるでしょう。

特に、東レは炭素繊維分野で、ボーイング社737型機の主翼、胴体部分の炭素繊維供給で1兆円の契約を交わしています。
業界での炭素繊維の世界シェアは40%、2位三菱レイヨン、3位帝人の日本メーカー3社で、世界シェアの60%を占めています。

炭素繊維は、強硬度、低比重の特性を生かして、燃費の良さを追求している航空機分野でも、ますます需要は伸びて行くでしょう。
現在世界の優良企業であるボーイング社の生産する、ボーイング737型機では、度重なる事故によって、世界状で運行が停止され、機体の生産も停止状態となっていますが、優良企業である東京の東レの炭素繊維に問題が有った訳ではなく、ボーイング社の欠陥が解消されれば生産は近い将来再会されるでしょう。

この炭素繊維は未来の素材と呼ばれており、世界の優良企業である自動車メーカーが、自動車のボディやシャーシ、その他の部品として使う様になれば、その生産量を単純に計算すると、優には現在の100倍以上の量が必要になります。東京に本社を置く企業として、最も期待の大きい優良企業であることが分かっていただけたと思います。

そんな東京に本社のある優良企業東レの従業員数は、連結で48,320名、2018年度の売上は2,204,858百万円、従業員の平均年齢は38.1歳、平均年収は719万円と日本企業の平均年収を300万円近く上回っている優良企業です。
また、東京の優良企業東レのグローバルな生産活動の展開は、1963年にタイで繊維生産を開始して以来、50年以上にわたる海外事業の拡大を続け、現在では世界26の国や地域に広がる広範囲な国際的なネットワークを築いています。

東レの自動車部品としての炭素繊維の可能性

ドイツの自動車メーカーのBMWi3という、BMWの電気自動車にたまたま試乗をさせていただいた経験が有りますが、車体の大きさは現在東京の道路を走っている排気量2000ccクラスの普通車とは別物の、日本メーカーのリッターカー程(排気量1000cc)の小型電気自動車でした。
まずは、電気自動車の特別な加速感とアクセルを離した時の減速感に驚きましたが、運転を続けていると内装の黒光りしたカーボン樹脂の部品の多さと、ハンドルの切れの軽快さに、車体の軽さを実感できました。
東レの開発した炭素繊維と同じ性質のものが、車体やシャシーに採用されていて、特に東京などの大都市では、電機自動車はガスを排出せず、しかも小型でコンパクトなボディが今後のキーワードになるのではないかと直感しました。
現在では電気自動車は、日本の自動車業界でのシェア2位の優良企業である日産自動車が製造している、日産リーフが量産車として発売されており、大ヒット商品となっていますが、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の使用はごく一部のようです。
もっとBMWi3のようにCFRPを使えば各自に車体の重量は軽くなり、燃費性能も格段に良くなるのでしょうが、
CFRPを量産車に大量に使用するには、コストが高くなりすぎて車両価格を大幅に値上げしなければならないそうです。
したがって、そういう理由で、鉄の薄板のボディやシャシーを使用しているというのが実態のようです。

優良企業東レの開発したCFRPの強度は鉄の10倍、重量は5分の1です。
東京の街では、電車やバスなどの交通網がはりめぐらされており、車をあまり必要としていませんが、日本で最も高齢者が増えているのも東京です。
東京での介護施設や病院への通院などは、高年齢者にとっては車を使うのが最も便利で、今後は燃費の良い、コンパクトな電気自動車が東レの開発しているCFRPをたくさん素材として使っている車の需要が、大都市である東京で大きく伸びる可能性があります。
そう言った需要は、東京に住んでいる団塊の世代のかたがたが70歳を迎える2025年以降から、急速に増加してくると予想いたします。
電車しか使わない、東京の若者の車離れが最近話題になっていますが、東京の高齢者の場合、車を使わなければ移動が困難な場合が多く想定されていて、今その事に気が付いている東京の自動車メーカーは、東京の優良企業である東レなどの炭素繊維メーカーと共同で、小型の炭素繊維を使った電気自動車の開発をしていると予想されます。

したがって、東京の優良企業の東レが生産するCFRPが大量に発注され、価格が低下していくものと予想されます。
そうなれば一般車にも鉄に代わってCFRPが使用されて来るでしょう。
流通台数からして、東京の優良企業の東レのCFRPの使用量は航空機の比ではなく、爆発的な成長の可能性を秘めた新素材だといえます。
CFRPは、鉄の10倍強くて、重さが5分の1と大幅に重量を軽くすることが可能でありますが、電気自動車はエンジンが重いため鉄製の車体と電気駆動エンジンの組み合わせは将来CFRPと電気駆動エンジンに置き換わるでしょう。

世界初の正面透過・斜め反射フィルム「PICASUS®VT」を創出
-ナノ積層技術の深化で光の指向性を制御-

 MORTER FAN TRC より
東レ:世界初の正面透過・斜め反射フィルム「PICASUS VT」を創出
https://motor-fan.jp/tech/10013461   (2020年2月10日)

東レは正面からの光をガラスのように素材の中を通り抜けさせて、斜めから入って来た光はまるで鏡のように反射してしまうという世界初の光学機能を備えた特殊フィルムである「PICASUSVT」を開発しました。
この従来の材料では不可能であった機能により、AR(拡張現実)やMR(複合現実)の用途におけるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)やHUD(ヘッドアップディスプレイ)への展開が期待されています。
つまり東京の優良企業の集まったIT業界に新たな可能性を東レは提供していきます。
このフィルムは、前側だけから中の様子が分かるのぞき見防止フィルム、店舗でのディスプレイ用フィルムなどの新しい使い方への展開が期待されます。
東京には、特に優良企業がたくさん入居している高層ビルが多く建っていますが、その窓ガラスにも安全性の向上という面からも、正面からの光を良く通す素材を使い、正面以外からの光は高反射するといった、光の指向性をコントロールできるような光学素材が、これからは増えてくるのではないでしょうか。
東京の優良企業である東レでは、3年後に実用できることを目指し、研究開発を進めていくそうです。
東レは、「有機合成化学」、「高分子化学」、「バイオテクノロジー」そして「ナノテクノロジー」という、東京の優良企業である東レの世界でもトップのレベルの技術を駆使して、社会を根幹から変えていく力のある革新的な素材研究・技術開発を推進しております。
創業以来の東レグループ企業理念「私たちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」の達成に向けて取り組んでいるというわけです。新しい働き方を目指しており、社会貢献性の非常に高い東京の優良企業だと言えます。

採用について

東京の優良企業東レの採用情報を紹介いたします。
まずは、初任給については、学部卒221,600円、修士了249,130円、博士了283,900円です。
また、採用人数は2019年度の予定は、技術系129名、事務系総合職43名の予定です。
採用プロセスは自社ホームページよりエントリー→エントリーシート提出(3月から)→適性検査受験→面接選考(6月から)→内々定となっています。
また中途採用は、書類選考(履歴書、職務経歴書の提出選考)→一次面接→二次面接(2週間程度で結果が巻絡される)→内々定となっています。
こうした東京の優良企業である東レですが、やはり売手市場の中、採用にはある程度苦労をされているようです。
入社をする際の基準は、やはり優良企業で有り大半の社員が旧帝大クラスの学歴重視の感は否めません。
入社後の半年ごとの育成面接制度は定着しているようです。ただし、全体の社員のレベルが高いので、どうしても年功序列になりやすい傾向にある
ようです。裏を返せば、普通に働いていたら、普通に賃金が上がり昇格、昇進もするようです。
ただし、絶対的な給与水準が高いようで、ボーナスの額も同年齢者で他企業に勤めている方よりは、多い金額が支給されるようです。
やはり。研究開発部門の社員の意識は高く、特に炭素繊維製造部署はやりがいと実績を感じ取れるとの意見も多いようです。
エンジニアの採用が、総合職の3倍程度あり、現場第一主義のような部分もあるようです。
また、女性の少ない職場のようですが、優良企業だけあって、女性にとっては育休、産休をとる女性社員が多くいるため
誰でも気軽にそういった休みを取得してしやすい雰囲気があるようです。
また、男性社員でも育児休暇を取得している実績があるそうです。
2020年度の採用予定はまで公表されて折りませんが、2019年度と同程度になると予想されます。
社会に素材を中心として貢献する、東京の優良企業東レの魅力を知った人はまずは応募をしておきましょう。

まとめ

東レという会社は、企業理念に世界でもトップのレベルの技術を応用して『新しい価値の創造を通じて社会に貢献します』と自ら提唱しているように、優良企業らしく社会貢献度の高さを全面に押し出した会社経営をして行こうとしています。
東京の優良企業東レは『ヒートテック』の技術で全世界の下着を根幹から変えました。
ボーイング社との翼と胴体の炭素繊維素材の1兆円の受注は、優良企業としての東レ財産でもあり、これからの航空業界を優良企業として次々と変えていくでしょう。
そして、自動車や航空機だけでは有りません。現在、世界の金属素材としての80%が鉄でてきているといわれますが、その10%が東京の優良企業東レの生産するCFRPに置き換わり、その比率はやがて、20%、30%と増えていくことでしょう。
東京の競合他社もしのぎを削っており、競争の激しい分野ですが、まずは自動車素材の分野を制した企業が、世界を変える優良企業だといえます。社会に大きく貢献する大成長の可能性を秘めた優良企業だと言えます。

東京で中途採用で転職するなら、総合職、技術職、研究開発職、技能職、事務職全てに強くお勧めいたします。
売上や年収などで、東京の優良企業に転職を狙っているあなた、超優良企業東レに、就職・転職することを強くお勧めいたします。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、東レへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP