EY税理士法人ってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

EY税理士法人ってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

EY税理士法人は、平均年収が約650万円(スタッフ職、口コミ調査による)と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本部が東京都千代田区有楽町にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、EY税理士法人はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、EY税理士法人の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 EY税理士法人】EYグループの日本のBIG4法人で働きやすい環境

東京のEY税理士法人では、『多様な視点で、豊富なスキルを駆使して、企業税務アドバイザリーを提供することをEYが総括的にサポート!』とホームページの先頭に掲げています。

その具体的なサービスとは、下記の3つがあるようです。

東京のEY税理士法人で提供する、企業税務アドバイザリー

東京のEY税理士法人では、毎日のように変化をしているビジネス環境に対処をしていくため、東京のEY税理士法人はEY税理士法人グループの中で、業務の再編や新しい事業への投資や、成長性の無くなった事業からの撤退など、色々な企業活動を実施しています。

また、東京のEY税理士法人では、税務業務のコンプライアンスの機運の高まりから、東京のEY税理士法人の子会社を含めた東京のEY税理士法人グループ全体の、企業の統治が要求されています。

東京のEY税理士法人では東京のEY税理士法人で単体の税務業務だけではなく、東京のEY税理士法人グループ全体の税務業務の企業の統治を見据えて、色々な分野で深い経験を蓄積した東京のEY税理士法人の専門家の深い知識を有効に使い、企業の会計処理を主とした税務業務の方法についてのアドバイスを確実に的確に実施いたします。

 

東京のEY税理士法人では、公的機関の税務調査への対応として、税務調査が行われる際に、公的調査当局への企業としての対応を間違えると、想定外の税金の課税負担が起こることがありますと指摘しています。

そういった場合は、税務に関する事実関係をよく整理してから、実際の企業間での取引の実態を正確に、また適切に説明することと、法令に基づいた手続きや、各種の条約の趣旨に沿った正確な情報を全て把握した上で、企業間の取引の事実を慎重に法令や条約の趣旨に当てはめることが重要だと考えています。

東京のEY税理士法人では、豊富で豊かな経験に基づいた東京のEY税理士法人の専門家である職員は、公的機関の税務調査時での対応に留まらず、公的機関の税務調査を考慮した上での、税務調査に対する準備においても顧客である企業をサポートしています。

各企業のクロスボーダー取引においては、経済環境がますます国際的な取引を増加させている中、国内企業もますます果敢に海外へと進出することによって、ビジネスのチャンスを大幅に広げています。

その際には、海外への進出をしていく時に発生するクロスボーダー取引には、広い範囲で、且つ質の高いレベルの税務に関する知識が要求されるため、多くの海外に進出をした企業は、税金の課税の問題において、不安を抱えています。

そこで、全ての国際取引の税務に関する分野をカバーしている東京のEY税理士法人は、所得に関わる税金のみならず、国際取引における間接税を含めた税金の負担を総合的に分析して、海外進出した企業にアドバイスをしています。

 

EY税理士法人の現状

世界150カ国に50,000名の税務に関する専門家が在籍しているEYグルーブのメンバーファームとして、東京のEY税理士法人は、日本国内と国外の企業と個人に、国際的な税務処理、M&Aや組織の再編、移転する価格に関する税金の仕組みを正確に伝えるサービスなど、税務アドバイザリー・税務コンプライアンスに関する、高い品質のサービスを国外に進出した企業に対して教授、提供しています。

東京のEY税理士法人は、海外進出した顧客の企業に継続的なサービスを提供することで、企業の成長をサポートしています。

東京のEY税理士法人は、ビジネス タックス サービス 企業税務アドバイザリーとして、事業の承継や、公益アドバイザリー、租税政策、税務当局への対応に関するサポートを提供しています。

東京のEY税理士法人は、グローバル コンプライアンス アンド レポーティング業務として、海外進出した企業の税務コンプライアンスと、ファイナンシャル サービス、タックス アカウンティング アンド リスク アドバイザリー サービス(TARAS)を提供しています。

東京のEY税理士法人は、インターナショナル タックス 国際税務として、移転価格 / OME、国際的な公的税務当局への対応のサービスを提供しています。

東京のEY税理士法人は、トランザクション タックスを提供しています。

東京のEY税理士法人は、インダイレクト タックスサービスとして、関税・国際貿易サービス、消費税、VAT、GST、売上税サービスを提供しています。

東京のEY税理士法人は、ピープル アドバイザリー サービスとして、グローバル モビリティのサービスを提供しています。

 

EY税理士法人への転職

東京のEY税理士法人の所属するEY Taxには、年間200以上の教育研修トレーニングコースがあります。

そのほとんどは、東京のEY税理士法人の所属するグループの、法人の職員が研修担当の講師をしています。プロフェッショナル法人の集団だからこそ、教育担当講師となる人材が組織内にいるのです。

その研修内容は、

  • 毎年10~15名を約1カ月間、フィリピンのセブ島の研修施設にて英語研修に派遣
  • 毎年5名程度を約3カ月間、海外のグループEY事務所に派遣
  • 毎年50名以上を2日〜1週間の教育研修プログラムに派遣
  • 常時5~10名を海外のEYグループの拠点に長期派遣 です。

東京のEY税理士法人では、D&I(Diversity & Inclusiveness)は最重要経営アジェンダと位置づけしており、

  • 管理職に占める女性比率は35%以上
  • 10%が外国籍従業員
  • 障害者雇用率は3.0%(2017年)

の取り組みをしてきており、国際的な任意団体である、「work with Pride」が定めたLGBTなどのセクシュアルマイノリティへの取組みの評価指標「PRIDE指標」において、2016年に国内の税理士法人BIG4の中で、初めてGoldを受賞しました。

東京のEY税理士法人の転職者を含む、平均残業は49.3時間、有給取得率は66.1%です。

東京のEY税理士法人の転職リサーチによると、転職採用のスタッフの組織体制への感想は、税理士の比率が高く、転職者を含む社員は、比較的ゆったりとしていてコツコツとした仕事の仕方をしているとの意見がありました。

東京のEY税理士法人の転職リサーチによると、働きがいへの感想は、沖縄事務所の転職者の意見としては、税理士試験や公認会計士試験などの際、試験休暇が取れ、一部の事務所では、転職者を含む社員に資格予備校の料金を補助する制度があるそうです。

東京のEY税理士法人の転職リサーチによると、転職してきたシニアのワークライフバランスへの転職者を含む社員の感想は、繁忙期は相当忙しかったが、その他の時期は残業も少なく休暇も取りやすいとの意見がありました。

東京のEY税理士法人の転職リサーチによると、転職者のスタッフの企業の強みに対する意見としてはブランド力が高い、弱みについての転職者の意見としてはニーズを掴むのが遅い、意思決定はそんなに早くないとの意見がありました。

東京のEY税理士法人の転職リサーチによると、転職してきた税理士の入社理由は、大規模な事務所だから様々な経験ができると思った、また転職者が入社後に感じた事は、サービス残業はなく、給与は満足できたという意見がありました。

東京のEY税理士法人の転職リサーチによると、転職してきた女性のジュニアスタッフの女性の転職者を含めた働き方への意見は、転職者も含めた仕事内容や待遇、昇進全てにおいて男女の差がないとの意見がありました。

 

まとめ

東京のEY税理士法人では、世界でも有数のEYグルーブの監査法人だけあって、海外へのビジネスのサポート業務が充実しており、そのためか語学教育にも熱心で、さらに業務の教育研修ではEYグループの社員が講師を務めるという、懐の大きさが感じられました。

ワークライフバランスも繁忙期を除けば良いようで、転職者や女性に優しい監査法人だとの印象を受けました。

興味のある方は、転職エージェントに相談するか、転職応募サイトから応募をしてみましょう。

同社をはじめとした東京の大手税理士法人は、大手企業・上場企業を中心に、法人業務をメインに事業展開していることが特徴です。
記帳代行など単純な補助業務は少なく、組織再編、事業承継、国際税務など幅広い分野の経験を積むことができます。

簿記資格を持っている人はもちろん、税理士を目指す方も多数入社しており、また外資系顧問先もあるので英語を生かして働くこともできます。

税理士法人は、成長できる職場であることが何よりの魅力です。資格取得の奨励はもちろん、上司や先輩がフォローしてくれる環境、お客様の要望を聞いて寄り添い、コミュニケーション力や課題解決力を十分に高めることができます。

一方で、他の業種なら地方在住者のテレワーク化も進んできていますが、税理士法人の所員が完全在宅で働くというのは難しいです。
その理由は、税理士法の問題です。守秘義務や税理士の監督・管理義務が厳しく定められているため、スタッフが顧問先の資料を自宅に持ち帰ることが制限されているためです。

大型案件を多数経験できる東京の税理士事務所に転職したいなら、上京して働くことを前提に、転職活動を進めていきましょう。

 

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

 

最後に、EY税理士法人への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 面接のため会社訪問することになったけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。
  • 住まい探しや引っ越しなど、上京の生活全般に関する相談がしたい。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP