デロイト トーマツ税理士法人ってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

デロイト トーマツ税理士法人ってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

デロイト トーマツ税理士法人は、平均年収が721万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、東京オフィスが東京都千代田区丸の内にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、デロイト トーマツ税理士法人はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、デロイト トーマツ税理士法人の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 デロイト トーマツ税理士法人】BIG4でキャリアップはできるが即戦力も求められる

東京のデロイト トーマツ税理士法人は、2019年度のTMT業界のグローバルトレンドを掲げています。

東京のデロイト トーマツ税理士法人の掲げた、「TMT Predictions 2019」では、テクノロジー、メディアや通信業界に関して、最も新しい分析と将来の予測をまとめています。

グローバル版の優れた翻訳とともに、東京のデロイト トーマツ税理士法人の専門的な知識と経験を持ったプロフェッショナルによって、「日本の視点」を掲載しています。

TMT Predictionsは東京のデロイト トーマツ税理士法人が2001年から毎年継続的に発行して監査法人業界に発表しているレポートで、テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(TMT) 業界における一番人気のある話題をピックアップして、その年の監査法人の動きを予想するものです。

東京のデロイト トーマツ税理士法人の日本版では、グローバル版の意図を損なわないようにした翻訳の手法で、日本で活躍している東京のデロイト トーマツ税理士法人の、デロイトで働くプロの専門家の方による個別のコンテンツも掲載しています。

2019年は東京のデロイト トーマツ税理士法人にとって、一歩先を行く先進技術先が盛り上がりを見せて、技術の特許権の解放がますます進化して、先進分野に投資意欲のある企業はその特許の解放による先進技術の自社への取り込みを強化し、製品として世に出す段階にきているといえます。

2019年度の東京のデロイト トーマツ税理士法人の発行するレポートでは、新しくし進化した先進技術の内でも5G、人工知能、スマートスピーカー、3Dプリンター、量子コンピューターに焦点を当てて、国際的な先進技術の市場の動向を的確に説明して、日本での問題点や解決すべき課題を取り上げて、指摘した部分についての考えを掲載しています。

東京のデロイト トーマツ税理士法人では、これからのメディア業界の変貌を叶える要因として、スポーツベッティングとeスポーツ、ラジオに目を向けて、先端的な技術を応用した市場の展開や取組の方向性にについて記述しています。

東京のデロイト トーマツ税理士法人は、最先端の先端技術の発展の恩恵を享受した上で、先端技術の開発を急いで開発、拡大をしている中国の驚異的な発展にも着目して、特に通信の環境と浮き沈みの激しい半導体の市場について、現在の状況を紹介しています。

東京のデロイト トーマツ税理士法人は、それらの先端技術の開発状況に対して、日本企業の対抗策を打ち出す方面から検討をしています。

東京のデロイト トーマツ税理士法人では、このほか日本にて独自に開発した商品として、APIエコノミーや、IoTの活用、セキュリティリスク、ロボティクスの分野について、東京のデロイト トーマツ税理士法人の独自の視点で取りまとめました。

東京のデロイト トーマツ税理士法人の、本レポートが顧客の企業の今後の発展と躍進に役に立つよう期待しています。

 

デロイト トーマツ税理士法人の現状

2018年9月26日東京のデロイト トーマツ税理士法人は、各国の東京のデロイト トーマツ税理士法人のグループ会社である、デロイトのテクノロジー・メディア・テレコムプラクティスが実施している「デジタルメディア利用実態調査」の日本版の調査結果をまとめ発表しました。

デジタルメディア利用の実態調査は、デジタルデバイスの保有に関する分析、デジタルサービスの契約の量と内容、そして、どのくらいの利用が実際にあるのかといった動向の調査というデジタルメディアの利用の状況についての各年代別の利用動向を調査して、レポートにまとめています。

東京のデロイト トーマツ税理士法人では、映像コンテンツ、ニュース、ソーシャルメディア、広告、ゲーム、音声に対応したデジタルアシスタント、AR/VR、パーソナルデータを種類別のコンテンツに分類して、より詳しくデジタルメディアの一般社会への受入の浸透状況やデジタルコンテンツの利用における問題点を分析しています。

東京での税理士法人への転職を考えている方の中には、「BIG4」と呼ばれる税理士法人があることをご存じの方も多いのではないかと推測いたしますが、BIG4税理士法人とは東京のデロイト トーマツ税理士法人ほかの4つの東京の税理士法人を指したものです。

BIG4税理士法人が日々実施している企業向けのサービスは、各種の法人の抱える税務に関する業務が大半です。

特に、東京のデロイト トーマツ税理士法人のサービスの内容は、東京の中小の税理士法人では対応が困難な難しい案件を選別して受注していることがこの税理士法人の特徴です。

東京のデロイト トーマツ税理士法人では、数が大量である税務に関する業務やクライアントに税理士法人としてチームで対処するため、税理士法人の業界の未経験者でも安心して転職できる転職先です。

東京のデロイト トーマツ税理士法人の仕事の特徴は、記帳の代行業務や決算に関する業務がなく、税理士法人として、税務申告書を最新の知識と経験を持っての作成することや申告書の確認作業が主な業務です。

東京のデロイト トーマツ税理士法人では、決算業務や税務申告書の作成が少ないのは、東京のデロイト トーマツ税理士法人のクライアントが中規模以上の企業であることが多く、クライアントの企業内で専門税務に関する部署があることが多いのが理由のひとつです。

東京のデロイト トーマツ税理士法人では記帳代行や決算業務を行わない分、この税理士法人では、一般の会計事務所では取り扱いが少ない高度な税務業務を経験できます。

 

東京のデロイト トーマツ税理士法人への転職

デロイト トーマツ税理士法人は、経験者採用として、
東京のデロイト トーマツ グループ各税理士法人では、様々な経験を保持している方々の転職後の採用を、随時に実施しております。

東京のデロイト トーマツ税理士法人での、転職先としての部署は、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、と税理士法人内の管理系業務など、多岐に渡っています。

東京のデロイト トーマツ税理士法人の属する、デロイト トーマツ グループ各法人の転職採用情報につきましては、各法人別の中途転職採用ページをご覧ください。

東京のデロイト トーマツ税理士法人 経験者採用

東京のデロイト トーマツ税理士法人は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッドのメンバーファームで、監査業務はもとより、税務の監査以外にも、事業へのコンサルティング・アドバイザリーサービスを広く実施していまして、東京のデロイト トーマツ税理士法人は、色々な経験をお持ちの方々を通年で採用しております。

ポジションは監査業務、コンサルティング・アドバイザリー業務、社内管理系業務など多岐に渡ります。

東京のデロイト トーマツ税理士法人の転職後の仕事内容の紹介として、監査法人で担当をしていただく職種をホームページに掲載しています。

公認会計士(有資格者/論文合格者)の方を対象に、転職/就職についての個別相談を受け付けております。

 

東京のデロイト トーマツ税理士法人の転職者も含む平均残業時間は、39.4時間と税理士法人業界では10時間低く、有給消化率は60.5%と監査法人の業界並です。

東京のデロイト トーマツ税理士法人に中途入社として転職してきた税理士の働きがいとしては、幅広い業務が存在しており、やる気があれば色々な業務が経験できるという意見がありました。

東京のデロイト トーマツ税理士法人でコンサルディング業務をしている転職者の意見としては、東京の税理士法人の強みは、BIG4という圧倒的なブランド力だとの意見がありました。

東京のデロイト トーマツ税理士法人でCS職として転職してきた男性の入社理由は、税務を極められるからといった意見がありました。

東京のデロイト トーマツ税理士法人に転職をしてきたコンサルティング業務の中途採用(転職者)の方は経営者への提言として、

社員教育に対しては、完全放任主義なので、退職者を少なくするためにも、マニュアルなどを作って教育の機会を広げるべきだとの意見がありました。

 

まとめ

東京のデロイト トーマツ税理士法人は、税理士法人のBIG4であり、一般の税理士事務所とはスケールの違う大きな案件を取り扱っているようで、

転職してキャリアアップを図りたい人にとっては、転職先としては魅力的な企業だという印象を持ちました。

興味のある方は、上記のホームページから職種を探して、応募ページから応募をするか、

転職エージェントに相談して情報を集めたうえで応募をしてみましょう。

同社をはじめとした東京の大手税理士法人は、大手企業・上場企業を中心に、法人業務をメインに事業展開していることが特徴です。
記帳代行など単純な補助業務は少なく、組織再編、事業承継、国際税務など幅広い分野の経験を積むことができます。

簿記資格を持っている人はもちろん、税理士を目指す方も多数入社しており、また外資系顧問先もあるので英語を生かして働くこともできます。

税理士法人は、成長できる職場であることが何よりの魅力です。資格取得の奨励はもちろん、上司や先輩がフォローしてくれる環境、お客様の要望を聞いて寄り添い、コミュニケーション力や課題解決力を十分に高めることができます。

一方で、他の業種なら地方在住者のテレワーク化も進んできていますが、税理士法人の所員が完全在宅で働くというのは難しいです。
その理由は、税理士法の問題です。守秘義務や税理士の監督・管理義務が厳しく定められているため、スタッフが顧問先の資料を自宅に持ち帰ることが制限されているためです。

大型案件を多数経験できる東京の税理士事務所に転職したいなら、上京して働くことを前提に、転職活動を進めていきましょう。

 

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

 

最後に、デロイト トーマツ税理士法人への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 面接のため会社訪問することになったけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。
  • 住まい探しや引っ越しなど、上京の生活全般に関する相談がしたい。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP