マッサージ師に地方から上京転職するコツ&5つの体験談

既卒や第二新卒で上京してマッサージ師になりたいと思っている方や、地方から転職してマッサージ師になりたいと思っている皆さん。

実際に東京でマッサージ師に転職した人の体験を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

マッサージ師とひとことに言っても、施設の特徴、仕事の中身、働き方のスタイルはさまざまです。

上京することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、東京で生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職したマッサージ師の体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、マッサージ師のための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!上京転職体験談【成功例】まとめ

東京でマッサージ師に転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

訪問マッサージ業から接骨院への転職

訪問介護でマッサージの仕事をしていたAさんは、体が不自由な人専門にマッサージをしてきましたが年齢的な問題と、患者の家族から要求される内容がだんだん大きくなってくることに困ってしまい転職することになりました。

東京近郊に住んでいたAさんは、転職エージェントを使い都内の接骨院で働くことになりました。

診療時間と休診日が固定で決まっているので働きやすくプライベートの予定も立てやすくなりました。
仕事は大変ですが、メリハリがあるので以前より元気に働くことができているとのことです。

宿泊施設のマッサージ師から訪問マッサージ師への転職

都内の大規模なホテルでマッサージ師として働いていたBさんですが、旅行者が年々増加してきて勤務するホテルもほぼ毎日満室という状況があり、Bさんはフル稼働で働いていました。

休日も少なく、残業も多かったのでもっと時間の決まりのある職場で働きたいと考えました。

そこで転職エージェントに登録して悩みや条件などを打ち合わせしたところ訪問マッサージの仕事を紹介されました。

面接に呼ばれた介護施設では、1日多くて4か所の訪問だとのことで18時以降は仕事しないとのことで時間的にも余裕ができる職場でした。

さらには、これまでの経歴も評価されて前職より30%程度年収も増える見込みだったので転職することにしました。
訪問マッサージでは、利用者と話をしながら楽しく仕事ができているそうです。

マッサージのスタッフからマッサージ会社の代表へ!

マッサージ事業を展開する会社で働いていたCさんは、自身も現場に出て利用者と関わっていく中でお客様の声をよく広い仕事に反映させていきました。

その活動が評価されてスタッフの育成や事業運営のポストを任されるようになりました。
こだわりをもって仕事に臨んできた結果、勤めていた会社の社長に就任して今では、ホテルでマッサージのサービスを提供して訪問マッサージの事業拡大等に成功しました。
現在は障害者雇用にも力を入れており利用者からの満足度も非常に高くなっています。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

東京での転職活動は、地方よりも有利な面はあるものの、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

リラクゼーション施設のマッサージ師から指圧師へ転職

スーパー銭湯でマッサージの仕事をしていたDさんは、連日勤務が続き体調を崩してしまいました。

最新の施設ということもありお客様も多く、マッサージを利用するお客様も連動して増えたので勤務時間が長くなってしまいました。

しばらく休職してみましたが戻りたくないと考え退職しました。
すぐに転職活動を行いましたが、無資格で働いていた状況もありすぐに転職先が見つかりませんでした。
マッサージの勉強は2年していましたが、資格がなかったので安く見られてしまったようです。

資格を持っていると収入や周囲からの視線も全く違うので資格取得のため再度勉強を進めているようです。

若いうちにしっかりと学んでおけばこんな回り道をしなくて済んだのにと後悔されています。

鍼灸マッサージ師として働いていたが給与に不満

Eさんは鍼灸マッサージの事業を展開する会社の正社員で働いていましたが、労働時間に比べて給与が良くなかったことが最大の不満でした。

正社員として60歳まで働けるか不安だったので開業することにしました。

開業の準備をしながら、アルバイトでマッサージ業も行っていました。

しかし、準備などをしながらだと入れる回数も少なく金銭面で苦労があったとのことです。

何とか開業にはこぎ着けたのですが、この準備期間はとても疲れたと当時を振り返っています。
今後同じ道を進む皆さんにはもっとゆとりをもって動いてもらえたらと勧めているそうです。

その差はどこに? 上京転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗しているマッサージ師と成功しているマッサージ師の特徴を比較してみましょう。

マッサージ師の上京転職に失敗している人に共通していること

給与面ですべてを考えている

マッサージ師の上京転職に成功している人に共通していること

マッサージ師の仕事をしっかり理解しており、仕事にやりがいを感じている

マッサージ師が転職に成功するためには、例えば「マッサージ師としてしっかり勉強をして、やりがいをもって臨む」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントを使って自己実現をしよう

最後に、マッサージ師をめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使って自己実現をする

という方法をお勧めします。

マッサージ師の転職に転職エージェントをお勧めする理由

マッサージ師の転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 優良案件を多数持っている
  2. 情報収集を代行してくれる
  3. 雇用条件等の調整も行ってくれる

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP