住友電気工業ってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

住友電気工業ってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「平均年収が高い」「業績が好調」「働き方を改革している」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

消費者にはあまり馴染みがないかもしれませんが、住友電気工業は業界の優良企業です!

このページでは、住友電気工業はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、年収や採用動向などのデータも紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 住友電気工業】技術水準世界トップクラスの非鉄金属メーカー

アルミ、銅、鉛、亜鉛、すず、マグネシウム、金など鉄以外の金属のことを非鉄金属と呼びます。
非鉄金属業界でのトップ企業は、東京に本社を置く、優良企業の住友電気工業です。

近年の急速なIT産業の成長による通信網の整備により、住友電気工業などにより世界中の各地に光ファイバー網が張り巡らされ通信速度が加速度的に早くなってきておりますが、その光ファイバーの素材を提供しているのも東京に本社を置く、優良企業の住友電気工業などの素材メーカーです。
住友電気工業などの素材メーカーがなければ、リニア新幹線の超電導技術も、現在のIT、IoTの社会は考えられないのです。
今回はその東京に本社を置く、優良企業の住友電気工業について解説をいたします。
リニア新幹線がついに着工をいたしましたが、超電導技術においても東京に本社を置く、優良企業の住友電気工業は力をいれております。

非鉄金属業界の現状

業界動向search com

https://gyokai-search.com/3-hitetu.html (2020年2月10日)

「過去10年間の非鉄金属業界の売上高の推移」より

2018年度の非鉄金属業界の売り上げ規模は、13兆8,054億円、伸び率は+3.4%、経常利益の伸び率は+2.9%、平均年収は642万円です。

日本の平均年収442万円よりも、200万円も多い年収の高い業界です。

業界の規模は、13兆円台と大きく、伸び率も3.4%とまあまあの成長を達成しており、就職・転職をするに値する業界だと言えます。

東京に本社を置く、優良企業の住友電気工業の2018年度の売上は3,177,985百万円、経常利益は188,649百万円となっています。
また、東京に本社を置く、優良企業の住友電気工業の売上構成は、自動車54%、情報通信6%、エレクトロニクス7%、環境エネルギー23%、産業用素材他10%、海外59%となっており、従業員は連結で、278,922名、平均年齢41.8歳、平均年収は808万円と東京の優良企業として高い金額になっています。

非鉄金属業界の過去の売上推移を見てみますと、2007年から2009年までは減少し、
2010年から16年までは増減を繰り返しましたが、16年から18年には再び増加に転じております。

2007年までの非鉄金属業界は地金や亜鉛、ステンレス生産に大きく左右されるニッケル相場の高騰と、
新型エンジン開発や新部品の供給増加により、東京の優良企業である自動車向けなど旺盛な非鉄金属需要の増加の恩恵で、順調に業績を伸ばしてきました。

しかしながら2008年に入り、資源価格が原油などを中心として投機マネーの流入により高騰しました。
さらに08年後半には、アメリカで4位の証券会社リーマンブラザーズ証券が経営破綻し、世界的な金融危機が勃発した影響で電子機器、自動車関連部品の需要が大幅に減少しました。
そして、銅・アルミ地金相場の急落も加わって、東京の優良企業である業界の業績は一気に悪化しました。
さらに09年には、アメリカで4位の証券会社リーマンブラザーズ証券が経営破綻し、世界的な金融危機が勃発した影響で、円高の影響も加わり、輸出産業である顧客の東京の優良企業である自動車業界の大幅な低迷により、業界全体で大きな落ち込みを見せました。

2010年以降も若干の業績回復は見られましたが、欧州や中国など先進諸国、新興国の需要の低迷も影響して、横ばい状態が続きました。
13年に入り、やっと海外市場の東京の優良企業である自動車関連需要がけん引し、若干の増加に転じ、
17年には銅や亜鉛、アルミ価格の上昇、GAFAの急成長による銅や希少金属の上昇により、また、世界経済の拡大などの恩恵を受けて再び増加に転じています。

また、2019年3月には東京の優良企業である住友金属鉱山がチリの銅鉱山の権益を取得しました。
中国経済は停たいぎみですが、東南アジアなどの新興国やアメリカの経済発展による世界経済の成長を見込み、海外の大型鉱山の開発を現在も進めています。

東京の優良企業、住友電気工業の業績も非鉄金属業界の業績とほぼ連動をしています。
代表的な非鉄金属メーカーは以下のグラフの通りで、東京の優良企業、住友電気工業が2位の三菱マテリアルの倍の金額となっています。

(2020年2月13日作成)

 

この業界には、売り上げが9位の東京の優良企業である日本軽金属ホールディングスでさえ、5000億円をこえており、日本を代表するような伝統のある、高い技術を保有する東京の大手の優良企業がほとんどで、就職・転職をするに値する業種だといえます。
特に、東京の優良企業、住友電気工業は、業界でトップのシェアをほこる、高電圧ハーネスなど電動車や自動制御に対応した電装品、高速通信コネクターなど自動車関連の新製品を拡大させており、5G関連の無線通信デバイスや光製品も増強にもとりくんでいます。

東京の優良企業である非金属業界は4つのグループからなる
非金属は4つのグループに分類されます。

軽金属

東京の優良企業であるアルミニウムをあつかう会社が取り扱っています。

ベースメタル

東京の優良企業、住友電気工業はこの分野に属しています。
銅、亜鉛など産出量が多く、古くから利用されているもので、鋼は電線、銅管、半導体に、亜鉛はめっきなどに加工されます。
東京の優良企業である大手商社が仲介して輸入されるケースが大部分であり、銅・鉛・亜鉛などの原料精鉱、および銅・鉛・亜鉛・すずなどの地金、銅荒引線などの銅製品のことをいいます。

銅・鉛・亜鉛精鉱は、南米(銅鉱石はチリが最も生産量が)や北米、アジア、オセアニアなどの鉱山より産出されます。
鉱山で採掘された銅・鉛・亜鉛の粗鉱は、磨鉱(粗鉱を細かく砕く)、選鉱(薬品などを加え、かくはんすることで金属分を抽出する)などの工程をへた上で、
金属含有量を高めたパウダー状の精鉱として、バラ積貨物船で日本に輸入されます。
東京の優良企業である日本の製錬メーカーヘの安定的な原料供給がおこなわれています。

銅地金は、電気・熱の伝わり方に優れており、延展性にも富む特性があるため、各種電線・伸銅品などに加工された後、建設・家電・電力・自動車などの多くの産業分野で消費されています。

すず地金は融点が低い特性により、ハンダ・ブリキメッキ・化成品用途につかわれております。
また、鉛地金は製錬が容易かつ安定性が高いという特性によって、バッテリー・無機薬品・放射線のメッキ板用途につかわれております。
亜鉛地金は、酸化被膜を作る特性を有し、鉄の防しょく・ダイカスト・伸銅品用途、などに幅広く使われております。
2019年着工をしたリニア新幹線の電気磁石にも大量の銅と超電導の最新技術がふんだんに取り入れられています。
東京の優良企業である住友電気工業、古川電気工業、フジクラなどの老舗メーカーが担っており、今後のリニア新幹線の展開や超電導技術の高さから成長性の極めて高い人気の業種となっています。
ひと手が不足している状況は深刻で、転職・就職、また事務職や技能工としての高卒の転職・就職先として、東京の優良企業である非鉄金属メーカーにも挑戦してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

レアメタル

非鉄金属のなかでも、流通量や使用量が少ない金属のことをレアメタルと呼んでいます
レアメタルとは東京に優良企業のある日本で独自なできた言葉であり、海外では「マイナーメタル」と呼ばれています。
そして東京の優良企業である非鉄金属業界が取り扱っております。

リチウムやベリリウム、ホウ素、チタンなどもレアメタルに含まれていて、構造材への添加や電子材料、磁性材料として良く使用されています。
ほとんどのレアメタルは実需流通規模が小さく、公正な市場価格の形成維持が困難なため、商品取引所には上場していません。
その代わりに、経済紙や金属専門雑誌、ウェブニュースなどでの流通価格情報が、取引の指標として用いられている面が大きく、取引の透明性や即時性、流動性に乏しいと言えます。

一般にレアメタルが希少だという理由は、

  1. 地殻中の存在量が比較的少なく、採掘と精錬のコストが高いこと
  2. 単体として取り出すことが技術的に困難なこと
  3. 金属の特性から製錬のコストが高いこと。

といった点があげられています。

その他の理由として、過去の長期間にわたって金属としての取引価格が低く抑制されてきたことが挙げられます。
仮にレアメタルがプラチナのように高騰を続けた場合、さまざまな鉱石にわずかに含まれるレアメタルを取り出して、製錬することで採算が取れるため、
東京の優良企業などにより採掘量は大幅に拡大していたと思われます。
また、借りに製錬の技術開発に多額の投資がなされていれば、より多くの量が取り出せていた可能性があります。

実はレアメタルは、レアアースを除けば地殻中の存在量は、鉄や銅は別として、ベースメタル(コモンメタル)の存在量よりむしろ多いのです。
レアアースが希少であるのは、採鉱される鉱石に含まれる含有量が非常に少ないため、精錬による濃縮に大きなコストがかかるためです。
金、銀、鉛、すずのようなベースメタル(コモンメタル)では、特定の鉱石中に高い含有率で目的の金属元素が含まれているので、
昔から簡単な精錬方法で利用されてきました。
しかし、レアメタルはクロム、マンガン、ニッケルのように鉱石として採掘されるものは少なく、ほとんどは他の金属鉱石中にわずかな量が、構成金属を置換して存在しているのです。

さらに、レアメタルは1~3の理由のほか、用途が限られているため東京の優良企業のなかでも特定の産業でしか用いられて来ておらず、また他の金属で代替できたりするので、価格高騰時には国家のレベルでの価格抑制策が打たれたりといった、さまざまな制約から価格の高騰が抑制されて来た経緯があり、取引量が拡大しないという点で希少性を保ってきました。
こうした状況の中で、レアメタルと呼ばれる各種元素で絶対的な枯渇が起きるという情報はないものの、
2000年代のBRICsと呼ばれる新興国の経済発展と、東京の優良企業などの特殊な電子機器類の部品開発調達に伴う急激な需要の増加に対して、絶対的供給量が少ないために急激な価格の高騰が起こって来ました。
2002年から2007年のわずか5年間でニッケル価格が8倍になったほかにも、モリブデンレアアースなどの多くの金属物質で価格が数倍に上がっています。

一方でレアメタルは用途が狭いために、ばく大なコストをかけて代替技術が開発されると需要が急減するために、
市場価格が不安定になるという特性を持っていることが、東京の優良企業なども、こういった特殊な地下資源産業への投資行動をちゅうちょさせているのです。
1979年の「ミネラル・ショック」時には、日本においてもコバルトやモリブデンを触媒として消費していた東京の優良企業である住友電気工業ほかのメーカーは、素早くリサイクル技術を確立することで消費量を削減してきた経緯があります。

レアメタルはほとんどの東京の優良企業である製造業で不可欠な素材です。
半導体産業ではタングステンモリブデンニッケルなどが必須の素材となっており、自動車産業ではプラチナやパラジウムなどがなければ、
排ガス規制をクリアすることができず、自動車を製造できなくなるとといわれています。

ただし、採掘コストの問題から、主要産地は中国などの新興国であり、東京の優良企業に輸入されている場合がほとんどです。

ただしプラチナを使用しない燃料電池が開発されたことから、今後プラチナの需要は東京の優良企業では減退するという見方もあります。
捨てられた携帯電話や家電製品など廃棄物から、プラチナや金を抽出するというリサイクルも行われてきており、新たな資源供給源として「都市鉱山」と呼ばれていて、東京の優良企業である住友電気工業を中心として非鉄金属企業も注目しているという事実もあります。

 

貴金属

貴金属(ききんぞく)は、金属のうち化合物をつくりにくく希少性のある金属の総称であり、金・銀などアクセサリーに使われることが多い金属のことをいい、感光剤や電子機器にも使用されています。

貴金属を取り扱う非鉄金属メーカーとして代表的なのは、東京の優良企業である、三菱グループの三菱マテリアル、住友金属鉱山、昭和電工などです。
いずれの金属も資産的価値が高く、特に金についてはだかん貨幣の金属として扱われていた時期が長く続いていたために、各国の中央政府中央銀行なども一定量を備蓄しているといわれています。

住友電気工業の募集要項など


東京の優良企業である住友電気工業は5つの分野で多角的な経営をしていますが、事業部間で競い合う文化はないそうです。
以前は電線が主力部門で有りましたが、現在では東京の優良企業である自動車関連向けのワイヤーハーネスが主力商品になっています。

住友電気工業では、社内の雰囲気は自由度があり、東京の優良企業であるにも関わらず、自由裁量の余地が大きい点も魅力だそうです。
5G製品の伸びが大きく、社内でも把握できていない位の成長分野であり、東京の優良企業である住友電気工業の主力製品となるでしょう。

休みは取りやすく、自分のペースで仕事が出来るという意見が多く、東京の優良企業として社内でもワークライフバランスを呼びかけており、休暇の取得率も向上してきているようです。
住友電気工業では女性の採用が特に増えているようで、時間単位勤務制度や在宅勤務制度も取り入れられており、子供のいる女性にも働きやすい環境であります。

昨年度実績は、約210名(文系:約70名、理系:約140名)であり、初任給は高専 月給19万4500円(2018年4月実績)、大卒 月給21万5500円(2018年4月実績)、院了 月給23万6500円(2018年4月実績)、博士 月給26万7500円(2018年4月実績)と公表されています。

住友電気工業の選考スケジュールは、プレエントリー → エントリーシート → 説明会 → 面接 → 内々定となっています。

東京の優良企業として、住友電気工業は、入社3年後定着率90%以上、有休消化50%以上、平均残業時間が月20時間以内、育休取得率90%以上という素晴らしい勤務形態をもっているようです。
住友電気工業の求める人物像は、東京の優良企業として、自ら考え、自ら行動できる人、創造力と探求心のある人、グローバルに活躍できる人をあげています。
東京の優良企業として、住友電気工業は世界約40カ国に約400拠点を展開、駐在員数約600名が海外に赴任しております。

まとめ

東京の優良企業である住友電気工業は、日本を代表するような大型のメーカーであり、リニア新幹線の超電導技術や希少金属を用いたIT業界には必ず必要な業界であります。
しかし、実情はB to Bの業界であり、東京の優良企業である企業ばかりですが、実態や待遇売り上げ規模に見合った人気はあるとは言えず、ひと手が不足している状況は深刻で、東京での転職・就職、また事務職としての文系や、技能工としての高卒の転職・就職先としても挑戦してみる価値は十分にある業界であると言えます。
また、待遇面でも東京の優良企業にふさわしく、平均年収が621万円と高額であり、他産業の平均を150万円以上うわまわっております。

そういった中でも、東京の優良企業である住友電気工業の人気が業界の中では最も高い位置にあります。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、住友電気工業への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

 

関連記事一覧

PAGE TOP