TBSテレビってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

TBSテレビってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

株式会社TBSテレビは、平均年収が1,595万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都港区赤坂にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、TBSテレビはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、TBSテレビの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 TBSテレビ】 視聴率は民放3位 傘下に雑貨店『プラザ』

毎日子供から大人までたくさんの人たちが見ているテレビですが、なかなかその内情が外に出ることがなく、業界で働いている人たちがどのような働き方をしているのかということに対して、一般の人たちには良く分からないというのが現状だと思います。

インターネットが主流になりつつある現在でも、一般的にテレビを見る時間は決して減ってはいないような気がしています。

テレビ局といっても一つの会社ですから、番組の制作だけではなく会社としてのいろいろな業務が他にあります。

例えば営業の仕事もあり、イベントを企画したりするのに、スポンサーを探すなど、いろいろな企業を回ったりすることもテレビ局の仕事のうちです。

他にも会社として経理の仕事があったり、クリエイティブな仕事ができると思ってテレビ局に就職したのに、いざ仕事をしてみたら事務的な仕事が多かった、というのもよくあることなのです。

さて、東京の優良企業であるTBSテレビは、関東広域圏を放送対象地域としてテレビ放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者です。

そして、「衛星放送のスカパー」をプラットフォームとして、TBSニュースバード・TBSチャンネルの放送を行っている衛星放送の一般放送の事業者です。

また、「赤坂サカス」を業務区域とするエリア放送事業を行っている地上波の一般放送事業者です。

ドラマの制作に強みを持つTBSの2018年度の平均視聴率は「G帯」「P帯」前年度を超え、「G帯」が通期で二桁に乗ったのは2011年以来の好調な状況でした。テレビ放送事業以外では、ラジオが18年間連続で首都圏聴取率1位を記録しました。

 

東京の優良企業であるTBSテレビの「ドラマのTBS」といわれる訳は、「歴代ドラマ視聴率ランキング」でなんと1位から4位までを独占しているからです。

近年では池井戸潤の小説ドラマ化など、話題になった作品を次々と世の中に送り出しています。
また、在京キー局でただ一カ所だけ「緑山スタジオ・シティ」というドラマ専用スタジオを持っていることも「ドラマのTBS」と言われるゆえんです。

バラエティでは「東大王」「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」などが安定しており、視聴率に寄与しています。

意外に思われるかもしれませんが、輸入生活雑貨のプラザスタイル(旧ソニープラザ)を買収するなど、小売事業にも参入しています。

東京の優良企業であるTBSテレビの実情は

テレビ番組の視聴率は時間帯ごとに、こちらの3つの時間帯に分かれています。

  • 全日帯(6時〜24時)
  • G帯(ゴールデンタイム)(19時〜22時)
  • P帯(プライムタイム)(17時〜23時)
    • NP帯(ノンプライムタイム)(全日帯からP帯を除外した時間帯)

ドラマの制作に強みを持つ東京の優良企業TBSテレビの2018年度の平均視聴率は「G帯」「P帯」が前年度をこえ、「G帯」が通期で二桁に乗ったのは2011年以来の好調な状態でした。

テレビ放送事業以外では、ラジオ部門が18年間連続で首都圏聴取率1位を記録しました。

TBSは「お祭りが好きなフジテレビ」や「キラキラした日本テレビ」などと比較して、全体的に堅実で落ち着いた雰囲気があります。

 

また、内定者は「社員さんは全くギラギラせずに、真面目で落ち着いている人が多い」といった見方をする人が多いそうです。

堅実な社風の会社で、着実にキャリアを積み重ねていきたいと考える人には最適な企業と言えるでしょう。

 

セグメント別に見ると、テレビやラジオなどの「放送事業」に始まり、緑山スタジオ・シティなどの「不動産事業」、そして映画・演劇や展覧会、小売業まで幅広く手掛ける「映像・文化事業」の3つに大別されます。セグメント別の売上高と利益を見ると以下のようになっています。

会社四季報調べ (2020年2月21日)

 

下表は東京に本社を置く優良企業テレビ業界キー局4局の売上と利益の比較グラフです。

テレビ業界での、売上高と利益の比較では

会社四季報調べ  2020年2月21日

会社四季報調べ  2020年2月21日

売上では、東京の優良企業フジテレビが断トツですが、利益では東京の優良企業日本テレビが東京の優良企業フジテレビを上回っております。

現在のテレビ業界では、東京の優良企業TBSテレビは業界で売上、利益ともに3位の位置にあります。

就職先としての東京の優良企業TBSテレビ

東京の優良企業TBSテレビの給与への満足度は高く、東京の優良企業である他キー局と同様、日本の企業の中でみれば日系トップクラスと言えます。

給与はほぼ年功序列で、30代前後で年収約1,000万円程度が目安です。

賞与は業績連動で、年収に占める比率が大きいという声が目立っていました。

仕事については、部署によっても違いますが、若いうちから一定の裁量を与えて任される風土があるため、仕事はハードですが、仕事のやりがいや成長につがるという声が多くありました。

人事評価制度は曖昧という声が一部でありましたが、男女に関係なく結果を残した人ほど、上のクラスに昇進しているという声が目立っています。

東京の優良企業である、同業他社に比べると、中途採用者が活躍しているという声は少ないため、中途採用の場合は、東京の優良企業であっても、即戦力として早いうちに結果を出していかないと居心地が悪くなる可能性があります。

一方で、若手から中堅クラスの社員は士気が高いですが、働き方は新しい企画などをいろいろ提案しても、上司や上層部の了解を得られないことも多いという声もありました。

 

また、産休育休はとりやすいですが、制作現場などは育児との両立が難しいため、人事などの管理スタッフ部門に異動して続けるケースもあるようでした。

また、福利厚生に関しては、一般の大企業並みに完備されており、社食や社内診療所の他に、箱根などに保養所もあります。

東京の優良企業TBSテレビの初任給は

月給(大学卒・大学院卒) 265,929円(2019年4月実績・34時間分の固定残業手当を含む)

※固定残業代をこえる残業時間については別途残業手当を支給

 

応募方法は、エントリー → エントリーシート → 説明会 → 面接 → 内々定 となっています。

まとめ

インターネットとテレビの垣根がだんだんとなくなってきている状況下においても、東京の優良企業TBSテレビは「衛星放送のスカパー」を所有しており、他のキー局とは少し状況が違うようです。

東京の優良企業TBSテレビは不動産業も手掛けており、売上、利益ともに40%以上のシェアを占めています。

テレビ業界では、3番手の企業でありますが、学生の人気は非常に高く、入社するのは超難関な企業のようです。

年収も30歳で1,000万円をこえるのは普通だそうで、その点でも東京の優良企業だと言えます。

テレビの報道は世論を大きく左右させるような非常に社会性の高い仕事です。

入社する以上は、一人の社会人として、責任感と報道の使命を持つ人材である事を強く意識しておくべきでしょう。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、TBSテレビへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP