日本テレビってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

日本テレビってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

日本テレビ放送網株式会社は、平均年収が1,439万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都港区東新橋にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、日本テレビはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、日本テレビの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 日本テレビ】  読売グループでテレビ放送草分け視聴率首位継続

毎日子供から大人までたくさんの人たちが見ているテレビですが、なかなかその内情が外に出ることがなく、業界で働いている人たちがどのような働き方をしているのかということに対して、一般の人たちには良く分からないというのが現状だと思います。

インターネットが主流になりつつある現在でも、一般的にテレビを見る時間は決して減ってはいないような気がしています。

テレビ局といっても一つの会社ですから、番組の制作だけではなく会社としてのいろいろな業務が他にあります。

例えば営業の仕事もあり、イベントを企画したりするのに、スポンサーを探すなど、いろいろな企業を回ったりすることもテレビ局の仕事のうちです。

他にも会社として経理の仕事があったり、クリエイティブな仕事ができると思ってテレビ局に就職したのに、いざ仕事をしてみたら事務的な仕事が多かった、というのもよくあることなのです。

そんな中で東京の優良企業である日本テレビは国内初の民間テレビ局で、近年では視聴率の高い番組も多く、首位を維持しているテレビ局です。

バラエティやドラマでも面白い番組が多いので、就活生にも人気があるようです。

東京の優良企業日本テレビは、関東広域圏を放送対象地域としてテレビ放送を行う特定地上基幹放送事業者であります。

創立日は昭和27年10月15日で、資本金60億円、社員数は1247人です。

日本テレビの仕事内容

一言で「テレビ局で働きたい!!」と言っても、在京キー局にはさまざまな職種の仕事があります。

番組制作に配属されても、担当する番組は報道番組やバラエティ番組など広範囲に渡ります。

そのため、求められる能力は高く、瞬発力や柔軟な対応力が求められますし、取材時には体力が必要になります。
働き方は海外の仕事をすることも多くあるので、英語などの外国語は話せた方が良いでしょう。

また、テレビ局の記者は外勤職と内勤職に分かれています。

外勤職は一般的に取材記者と呼ばれていて、主に現場に行って取材や撮影をするのが仕事です。

内勤職は一般的には編集記者と呼ばれていて、外勤職の記者が取材してきた内容をもとに、ニュース番組などで、アナウンサーやキャスターが読む原稿を作るのが仕事です。

どちらの職種も、速報など緊急なタイミングで飛び込んでくるニュースに対応できる、頭の回転の速さや体力が必要となります。

 

東京の優良企業である日本テレビの実情は

東京の優良企業である日本テレビは、日本テレビホールディングスの連結子会社で、関東広域圏を放送対象地域(放送エリア)としてテレビ放送を行う特定地上基幹放送事業者です。

日本国内で最初の民放テレビ局として開局しました。

CS放送「日テレジータス」の放送を行う事業者でもあります。

なお、認定放送持株会社制移行のために、2012年10月1日に旧日本テレビ放送網株式会社が分割され、移管・放送免許を承継した(新)日本テレビが現業を行っています。

ハイビジョンチャンネルは、スカパー!プレミアムサービスの事業者であるスカパー・ブロードキャスティング、スカパー!の放送事業者であるシーエス日本に供給しています。

一部のケーブルテレビ局へのチャンネル供給も行い、各局においてサイマル放送を行っています。

東京の優良企業日本テレビは、日本のテレビ業界において、新しい放送媒体・放送形式を積極的に早く導入して、その媒体を用いた放送を定着させてきたことで有名です。

放送免許取得や民間資本による開局と放送開始はもちろんのこと、コマーシャルの放送、カラー放送、音声多重放送(世界初)、洋画の外国語を日本語に吹き替えた放送、データ放送、ワンセグ放送、3D立体映像での生放送、ネット動画配信サービス、放送中のドラマ全話無料配信も、日本の民間放送では東京の優良企業日本テレビが初めてでした。

スポーツ中継についても、プロ野球中継における「センターカメラ」の導入や、王貞治のための「ホームランカメラ」の導入、「審判カメラ」の導入、完全3D映像による中継の実現など、他局に先駆けて新たな中継技術を開発してきました。

また、第3回世界陸上では世界で初めて写真判定を中継に取り入れたことでも有名です。

選挙戦の結果を伝える、特別番組における、出口調査を全国規模で導入したのも日本テレビが最初です。

 

ビデオ・オン・デマンド事業にも東京の優良企業であるテレビ局としては早く参入し、日本初のテレビ局主導のインターネット動画配信サービス「第2日本テレビ」を運営していました(2012年10月から「日テレオンデマンド ゼロ」に改称)。
完全に無料にした事も功を奏し、テレビ局が運営するビデオ・オン・デマンドサービスの中で再生回数がトップを誇り、2009年1月には単月の黒字経営に成功した。2010年12月からは有料動画配信サービス「日テレオンデマンド」の運営も開始しました。

2014年には一部の番組を放送後7日間パソコンやスマートフォンで無料で視聴ができる「日テレいつでもどこでもキャンペーン」を開始しました。

また、「Hulu」から日本市場向けの事業を継承し、定額制動画配信サービスにも参入しました。

ウェブサイトの充実にも積極的に取り組んでおり、公式ウェブサイトアクセス数も在京キー局の中で首位を獲得しています。

さらに、東京の優良企業として2000年代頃から環境問題に関して積極的に取り組んでいます。

著名なアニメーション映画監督の宮崎駿のスタジオジブリとの関係が深く、在京キー局の中で作品を独占的にテレビ放送する権利を持っています。
ちなみに、日本テレビのマスコット「なんだろう」も宮崎駿が手掛けたものです。

映画事業に関しては、スタジオジブリ作品や『名探偵コナン』シリーズ、細田守の監督した作品などのアニメ映画や、『デスノート』・『20世紀少年』シリーズ・『カイジ』シリーズ・『GANTZ』など少年漫画・青年漫画の登場人物を実写化した作品があります。

 

下表は東京に本社を置く優良企業テレビ業界キー局4局の売上と利益の比較グラフです。

テレビ業界での、売上高と利益の比較では

会社四季報調べ  2020年2月21日

会社四季報調べ  2020年2月21日

売上では、東京の優良企業フジテレビが断トツですが、利益では東京の優良企業日本テレビが東京の優良企業フジテレビを上回っております。

 

就職先としての東京の優良企業日本テレビ

東京の優良企業日本テレビの総合職は「放送総合部門」と「技術部門」の2種類があります。

東京の優良企業日本テレビ「放送総合部門」の応募資格は、4年制大学、大学院修士課程を卒業・修了、または卒業見込み・終了見込みの人で、28歳以下であれば新卒・既卒は問わないシステムとなっています。

仕事内容は、報道•情報•スポーツ•バラエティ•ドラマ•営業•事業•海外ビジネス•インターネット事業•コーポレート戦略となっています。

応募方法は、一次審査として、エントリーシート、ウエブ課題、動画投稿の3つで審査がとり行われます。
1次審査に通過した人のみ、2次審査に進むことができます。

次に「技術部門」についてですが、応募資格は、4年制大学、大学院修士課程を卒業・修了、または卒業見込み・終了見込みの人•理系の人、または理系相当の基礎学力を有する人で、28歳以下であれば新卒・既卒は問わないこととなっています。

仕事内容は、番組の制作技術の設備構築・運用、放送技術の設備構築・運用、インターネット技術・データ放送技術の設備構築・運用、社内ITシステムの企画・開発・運用•技術開発となっています。

エントリー方法は、日本テレビ採用サイトからウエブでのエントリーをして行われます。

1次審査は、エントリーシートとウエブ課題の2つで審査が行われています。

1次審査に通過した人のみ、2次審査に進むことができます。

まとめ

インターネットとテレビの垣根がだんだんとなくなってきている状況下においても、東京の優良企業日本テレビは日本で一番最初に出来た民間の放送局であり、就職の希望者は非常に多く、入社するのが大変難しい会社です。

またその規模も日本一であり、簡単になくなる会社ではないと思います。

東京の優良企業日本テレビでも、年収は30歳で1,000万円をこえるのが普通だそうで、その点でも東京の優良企業だと言えます。

テレビの報道は世論を大きく左右させるような非常に社会性の高い仕事です。

入社する以上は、一人の社会人として、責任感と報道の使命を持つ人材である事を強く意識しておくべきでしょう。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、日本テレビへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP