サントリーってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

サントリーってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

サントリー酒類株式会社は、平均年収が1,147万円(サントリーグループ平均)と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都港区台場にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、サントリーはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、サントリーの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 サントリー】 年収が食品業界で一番高い。従業員を大切にする風土がある

現在では、世界的に日本のウイスキーの品質の高さが認められ、国産のウイスキーが何十万円という価値で評価されています。

また、ビール業界では、東京の優良企業アサヒ、キリン、サッポロを含めた4大メーカーで、し烈な商品開発と売上の競争が展開されています。

そんな環境の中、東京の優良企業サントリーグループは、「水と生きる」を経営理念に、以下の4つの事業を展開している国内メーカーです。

製品を通して水と自然の恵みを消費者に提供することを大切にしている東京の優良企業です。

1899年の創業した、東京の優良企業サントリーグループは、その長い歴史の中で事業を拡大し、酒類、食品事業にとどまらず、 健康食品、外食、花事業など広範な分野で活動しています。

さらに、アジア・オセアニア、欧州、米州などの世界各国で幅広く事業を展開しています。

食品関連事業

お客様の豊かで健やかな生活に貢献するために、清涼飲料から健康食品まで多彩な商品を提供しています。

緑 茶・ウーロン茶・コーヒー・炭酸飲料・ミネラルウォーターなど多くの飲料の分野で製品を提供するほか、長年にわたる食の研究やバイオ技術などをいかした健康食品事業を展開しています。

酒類関連事業

優良企業サントリーは、甘味果実酒「赤玉ポートワイン」を生み出して日本の洋酒文化をひらき、日本初のウイスキー事業に着手しました。

現在では、ビールをはじめとしたさまざまな酒類の製造・販売を行うほか、世界の銘酒をお客様にお届けしています。

また、中国をはじめとするアジア、アメリカ、欧州、オーストラリア、ロシアなど、海外においても事業を拡大しています。

ワインについて は、国内で高品質なワインの生産を行う一方で、世界各国の名門ワイナリーと手を結び、グローバルな視点に立ったワインビジネスを展開しています。

外食・スポーツ・花・サービス関連事業

優良企業サントリーは、バー・レストランなどを展開する(株)ダイナックをはじめとして、ファーストフードチェーンの展開、メキシコやアジア を中心としたレストラン事業など、国内外で外食事業を展開しています。

また、健康・自然・生活文化をテーマとして、 フィットネス事業・花事業・環境緑化事業・販促支援事業・ 文化施設でのレセプションサービスなど、さまざまな事業 を展開しています

機能会社ほか

優良企業サントリーは、品質保証、技術開発、調達・物流、ビジネスシステムなど、サントリーグループ各社に共通する業務を集約するとともに、宣伝・デザイン、お客様リレーションなどの業務を担う会社を設立しました。

専門性を発揮しながらグループ経営のさらなる効率良くすることを進めることで、お客様へのよりよい商品・ サービスの提供を目指しています。

サントリーグループの現状

優良企業サントリーの従業員数28,767名、連結売上高18,516億円、利益1,031億円を2018年度に計上しています。

挑戦を後押ししてくれる社風があり、若手社員でも周囲の理解が得られている社員は新しい提案をし、受け入れられているそうです。

経営者である会長は『大企業病におちいるな』と常に言っていて、組織が官僚のように硬直することを嫌っています。
社員もそれに応えようとしているが、失敗をしてまで挑戦をする者はいなくなってきている様な気がするという口コミがありました。

優良企業サントリーでは、総じて、個人の裁量が大きくやりがいを感じている社員が多いようです。

東京の優良企業サントリーの強みは、会社のポートフォリオが非常に広く、グローバルなもので将来性を感じているという社員がいる一方で、国内事業はビール事業が頭打ちで、特に業務用が競争相手に負けていると感じている社員が多いようです。

食品業界は、愚直に良い製品を作り、消費者に受け入れられれば生き延びられる業界で、奇をてらった商品を開発することはそれほど求められず、あくまでも日々の努力の積み重ねの上にあると思うといった意見が大勢を責めていました。

社員が会社に対する威厳のようなものを、幅広く感じているのだと認識させられました。

また、ブランド育成力が強いと指摘されている社員の方も多くいるようで、最近のビール業界での新製品が出て来るスピードが、大手4社ともに異常にはやく、そうしないと勝ち組の仲間にはいれないというイメージを持っています。

さて、その競争の激しいビール業界ですが、最近3種類のビールが出ているのは誰もが知っていますが、その定義を簡単に解説します。

通常ビールと思っている商品は、その種類におうじて、ビール、発泡酒、新ジャンル(=第3のビール)に分けられています。

おもな違いはビールの原料の麦芽比率にあり、麦芽比率が一定量をこえるものをビールとし、そうでないものは麦芽比率に応じて発泡酒、新ジャンルに分類されています。

これは日本の酒税法という法律によって定められた区分であり、厳密にはビール以外の発泡酒と、新ジャンルは「ビール風味の酒」という分類になっています。

会社四季報調べ 2020年2月21日

 

グラフのように、国内のビール業界のシェアは、東京の優良企業1位のアサヒビールと2位のキリンビールがほぼ同率で、3位がサントリー、4位がサッポロビールとなっています。

サントリーへの就職について

優良企業サントリーの働き方ですが、まず驚いたのが、東京の優良企業サントリーでは、年間16日以上の有給休暇の取得が義務付けられていることです。
有給は取るべきものという習慣が出来ていて取って当たり前のようです。

東京の優良企業サントリーでは、部署によってはテレワークが浸透しており、時間差出勤を取り入れている部署もあるようです。

自分の仕事が東京の優良企業サントリーを支えているのだと思っている社員が多くいるようで、社員のモチベーションは高いようです。

また、全員が受けなければならない、社外研修が設定されていて教育環境も整っており、東京の優良企業サントリーの成長の原動力となっているようです。

東京の優良企業サントリーでは、女性のワークライフバランスについては、休暇はもちろん会社に復帰してからのサポートもしっかりとしていて、女性にとって働きやすい環境が整っているようです。

また、東京の優良企業サントリー男女に関係なく自分の意見を主張することができ、女性の管理職も多くいて、社内でも女性を積極的に登用しようという雰囲気があるようです。

東京の優良企業サントリーの、2018年4月 初任給実績額は、修士了 月給244,900円、大学卒 月給228,500円です。

東京の優良企業サントリー募集部門は、ビジネス部門、財経部門、デジタルテクノロジー部門、生産研究部門の4つに分かれています。

応募方法は、プレエントリー → エントリーシート → 説明会 → 面接 → 内々定 となっています。

また、東京の優良企業サントリーその他のポイントとしては、入社3年後定着率90%以上、在宅勤務可、住宅補助、異動希望を申請できる、いろいろな職種を経験できるといった項目があげられています。

最も東京の優良企業サントリーのすごいところは、平均年収は1,147万円で食品業界でナンバーワンだということです。

平均月収65万円、平均のボーナスも236万円と大きな金額となっています。

まとめ

東京の優良企業サントリーでは、創始者の会長が、『やってみなはれ』という言葉を口癖のように言っていたという、社員に大きな仕事を任せるという雰囲気が社内に深く浸透しているようです。有給の16日間の取得を義務付けたり、年収が食品業界でナンバーワンだったりと、とにかく社員を大切にする企業だという印象を強く持ちました。

また、中途社員も多くいるようで、実力さえあれば転職は可能のようです。

東京の優良企業サントリーといえば「プレミアムモルツ」や「金麦」が有名ですが、他にも、「山崎」「響」などの高級ウイスキーや、「BOSS」「伊右衛門」などの飲料もあり、こうした飲み物や食品を扱う企業なので、景気には左右されにくく、経営が安定しており、就職・転職先として人気が非常に高い企業のひとつとなっているようです。

つまり、優良企業サントリー採用の難易度は新卒・転職ともに非常に高く難関企業であると想定されます。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、サントリーへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP