ビーコンコミュニケーションズってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

ビーコンコミュニケーションズってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

ビーコンコミュニケーションズ株式会社は、平均年収が695万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都品川区上大崎にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、ビーコンコミュニケーションズはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、ビーコンコミュニケーションズの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 ビーコンコミュニケーションズ】外資系だが、広告業界の働き方改革に積極的

東京のビーコンコミュニケーションズは、2001年、ピュブリシス傘下の企業と電通が提携し、東洋と西洋の強みを融合させた新たなコンセプト・エージェンシーとして誕生しました。

グローバルブランドが抱えるビジネス課題に総合的にアプローチし、日本における拠点拡大をサポートしてきました。東京のビーコンコミュニケーションズは、グローバルブランドの根本的な考え方と日本人消費者の行動や習慣をマッチさせ、調和を取るスペシャリスト集団です。

東京のビーコンコミュニケーションズには、作品や行動すべての指標となる独自の「考え方」(philosophy=哲学、基本方針)があります。

それをHumanKind(ヒューマンカインド)と呼んでいます。

HumanKind は、広告の最終形でもブランドや商品を売り込むことでもなく、『人』『パーパス』『人の行動を変える』ためのストーリーなのです。

私たちが人間であることを、私たちの行動すべての中心に置いています

東京のビーコンコミュニケーションズは、日本におけるピュブリシス・グループの傘下に入っています。ビーコン、サーチ&サーチ、MSL、Prodigious、サピエントが目黒のオフィスのひとつ屋根の下に集まっています。

 

 

ビーコンコミュニケーションズの現状

東京のビーコンコミュニケーションズは、2019年1月末現在、

  • 会社名:ビーコンコミュニケーションズ 株式会社(Beacon communications k.k.)
  • 設立:2001年1月1日
  • 代表者:代表取締役 チーフ エグゼクティブ オフィサー フロリアン トリポリノ
  • 資本金:7億5,760万円
  • 従業員数:約340名
  • 事業内容:総合広告代理業
  • 株主:PUBLICIS GROUPE HOLDINGS B.V.・株式会社電通
  • 取引銀行:三菱UFJ銀行です。

クリエイティブな人材

東京のビーコンコミュニケーションズは、高度に組織が組まれたエージェンシーではなく、可能性にあふれ常に進化しつづけていく集団です。

東京の外資系企業のビーコンコミュニケーションズには、仕事内容を記したマニュアルなどありません。

東京の外資系企業のビーコンコミュニケーションズは、とにかく身のこなしを軽く、その場で必要とされることに適応していくのです。

東京の外資系企業のビーコンコミュニケーションズは、一昔前によく存在していたトップ・ダウンの会社ではなく、マネジメント陣も、毎日腕まくりをしながら社員を支えようと動き回っています。

東京の外資系企業のビーコンコミュニケーションズでは、どのポジションにいる人も自ら手を動かして仕事をすることが求められます。

東京の外資系企業のビーコンコミュニケーションズでは、こうやって、共にチームになっていき、共に成長するのです。

東京の外資系企業のビーコンコミュニケーションズではワンマンショーではなく、チームワークがクリエイティビティを生むと信じられています。

東京の外資系企業のビーコンコミュニケーションズは、多種多様な意見の融合が、クライアントが抱える問題に独自の解決策をもたらすのだと信じています。

 

「TRANSFORMATION」を合言葉に、東京のビーコンコミュニケーションズでは2017年1月より様々な改革を行っています。

育児休暇取得の推奨や在宅ワークの導入に加え、週に一度のBREAKFAST・AFTERNOON SWEETSサービスも好評です。
さらに夏季の毎週金曜日は15時に終業するsummer hours japanを利用して、思い思いの時間を過ごすことができます。
こちらは社員の呼びかけにより、冬季の実施も決定しました。

そんな風に東京の外資系企業のビーコンコミュニケーションズは、仕事はもちろん、働き方についても積極的に「TRANSFORMATION」を起こしていきます。

 

ビーコンコミュニケーションズへの転職

東京の外資系企業ビーコンコミュニケーションズの、転職による、経験者採用募集要項は、

  • 勤務時間:9:30~17:30(フレックスタイム制度)
  • 休日:完全週休2日制(土・日・祝)
  • 待遇・福利厚生:交通費支給、各種社会保険、福利厚生サービス、各種研修、退職金制度(正社員)、他
  • 選考方法:書類選考・面接(複数回を予定)

以下のポジションが現在オープンになっているという情報がありました。

  • ACCOUNT EXECUTIVE
  • ACCOUNT SUPERVISOR
  • BRAND STRATEGIST
  • MS PRODUCER / MS SUPERVISOR
  • DIGITAL PRODUCER / INTERACTIVE PROJECT MANAGER
  • INTERACTIVE DESIGNER
  • DESIGNER
  • ART DIRECTOR
  • COPYWRITER
  • PROJECT MANAGER
  • CONNECTION STRATEGIST(MEDIA STRATEGIST)
  • TRANSLATOR

東京のビーコンコミュニケーションズの転職者の休日休暇は

基本的にはカレンダー通りに取れるし、有給消化もできる。また、5日間連続での有給取得を推奨されているため毎年有給が残らない。

東京のビーコンコミュニケーションズの転職者の労働時間・勤務時間・残業は

部署によっては半分以上が24時を過ぎても仕事をしている。自分の部署は21時の時点で半分以上残っている。上司が夜に会議を入れる事で、仕事が早く終わっても帰れない。

東京のビーコンコミュニケーションズの転職者の人事制度・評価制度は、

何か目新しい人事評価制度がある訳でもなく、ただ何となく年が過ぎて案件が通り過ぎていくだけの日々なので、誰が何を評価し、どう反映されるのかは残念ながら全く見えない。そういったあたりが、大量の離職者を生み出している要因ともなっているのは否めない。

東京の外資系企業ビーコンコミュニケーションズの転職者の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)は、

悪くもなければよくもない。入社時の交渉。また、正社員でも切られるので高く交渉はした方がいい。19年からグレードなども見直しが入り、部署の名前が変わったところもある。そのため少しずつ昇給もあるのではないか。

と言った意見がありました。

 

まとめ

東京のビーコンコミュニケーションズは、広告業界の中で一歩抜きん出たような「TRANSFORMATION」という働き方改革を行っていることが分かりました。

長時間労働になりがちな広告業界ではありますが、同社が推進する在宅勤務などの制度の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

さて、ビーコンコミュニケーションズは最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。
さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めており、中小企業出身者にも入社のチャンスがあります。
もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。

また、社会人としての基礎ができている第二新卒も歓迎されているそうです。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、ビーコンコミュニケーションズの中途採用の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

ビーコンコミュニケーションズのような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、ビーコンコミュニケーションズへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP