アサヒビールってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

アサヒビールってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

アサヒビール株式会社は、平均年収が1,001万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都墨田区吾妻橋にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、アサヒビールはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、アサヒビールの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 アサヒビール】 息の長いヒット商品、スーパードライ持つ抜群の安定性

ビール業界では、東京の優良企業キリン、サッポロ、サントリーを含む4大メーカーにより、し烈な商品開発と売上の競争が展開されています。

そんな環境の中、東京の優良企業アサヒビールは、1889年創業に操業し、市場シェアで示すとおり1980年代中盤には市場占有率が10%を割り、4位の東京の優良企業サントリーに追い抜かれるそうになり「夕日ビール」などとやゆされる状況に陥りました。

アサヒビールは、その後従来のにがみ重視の重たい味を一新し、1983年にコクとキレを重視した「スーパードライ」を市場に投入し、一気に復活することとなりました。

同商品は現在にいたるまで東京の優良企業アサヒビールのロングセラー商品となり、同社の業績を支えています。

東京の優良企業アサヒビールは、海外展開を積極に行っており、2016年に買収した欧州事業(SABMiller、InBevから買収)が、2017・2018年度の大幅な業績改善に貢献しており、過去最高益を連続で更新しています。

いまでは、海外旅行に行っても、どこの国でも高級なレストランでは、アサヒビールを飲料のメニューに入れている程です。

アサヒビールグループの現状

国内のビール業界(ビール・発泡酒・新ジャンル)はキリン、 アサヒ、サントリー、サッポロの大手4社合計で99%をしめる寡占市場となっています。

国内のビール市場は14年連続で減少していて、若者のビール離れや飲酒人口が高年齢になってきており、一度に飲む量が少なくなっているためだとも言われています。

東京の優良企業を中心とするビール業界は、当時金額の高かったビールを一般大衆に買いやすい値段にする努力をし、1994年に発泡酒(廉価版ビール)、さらに2003年には発泡酒より安価な、第三のビールと呼ばれている新ジャンルを発売開始し、ある程度のシェアを確保しています。

競合キリンビールとの違い

東京の優良企業アサヒビールの競合と言えば、同じく東京の優良企業キリンが思い浮かぶでしょう。

アサヒビールとキリンビールの違いは、まず、財務状況についてですが、東京の優良企業アサヒビールを筆頭とするアサヒグループホールディングスの2015年12月期の売上高は、1兆8,574億1,800万円です。

一方の東京の優良企業キリンホールディングスの2兆1,969億2,500万円となっており、総額ではキリンに及んでいません。

しかし営業利益については東京の優良企業アサヒが1,351億1,900万円なのに対して、東京の優良企業キリンは1,247億5,100万円となっており、アサヒの方が収益性が高い企業であると言えます。

事業内容の違いは、この2社は同様に東京の優良企業ビール会社でありますが、ビール類の販売構成にはそれぞれに特徴があります。

まず、主要商品であるビールに焦点を当てると、シェアは東京の優良企業アサヒが国内の5割を占めており優位な状況が続いています。

また、東京の優良企業アサヒの販売するビール類の約65%がビールとなっており、事業の要であることは間違いありません。
一方の東京の優良企業キリンは、ビールは国内シェア2位であるものの、発泡酒のシェアは圧倒的で強みとなっています

発泡酒は東京の優良企業キリンのビール類販売総数の約30%を占めており、他の東京の優良企業メーカーよりも比率が圧倒的に高いのが特徴です。
東京の優良企業アサヒビールは発泡酒や新ジャンルについては、東京の優良企業キリンやその他のビールメーカーと比べても販売比率は低い状態です。

しかし、東京の優良企業ビールメーカーとして唯一、東京オリンピックの「東京2020スポンサーシッププログラム」で最高水準のパートナーとして認定されました。

また総合酒類メーカーとしてビール類以外の酒類販売の拡大にも力を入れています。
2018年には発泡酒・新ジャンルの累計がビール市場の50%超を占め、初めてビールを逆転しました。

通常ビールと思っている商品は、その種類におうじて、ビール、発泡酒、新ジャンル(=第3のビール)に分けられています。
おもな違いはビールの原料の麦芽比率にあり、麦芽比率が一定量をこえるものをビールとし、そうでないものは麦芽比率に応じて発泡酒、新ジャンルに分類されています。
これは日本の酒税法という法律によって定められた区分であり、厳密にはビール以外の発泡酒と、新ジャンルは「ビール風味の酒」という分類になっています。

会社四季報調べ 2020年2月21日

 

グラフのように、国内のビール業界のシェアは、東京の優良企業1位のアサヒビールと2位のキリンビールがほぼ同率で、3位がサントリー、4位がサッポロビールとなっています。

 

アサヒビールへの就職について

優良企業アサヒビールの働き方ですが、仕事をするにつれて英語力、マーケティング力、財務に関する能力は向上するという傾向にあります。

また、折衝をする機会が多いため対人関係の能力もあがるといった意見もあります。

社員のモチベーションは高く、社会貢献という立場から、生活必需品からし好品までいろいろな商品を取り扱ってビジネスを展開していることに、リラックスという付加価値を提供出来ているとほこりを持っている人が多いようです。

平均年収は、1,001万円と高く、給与、福利厚生など満足している人も多いようです。

優良企業アサヒビールは、中途採用は行っていないようで、キャリア採用は、採用ページに登録した情報に基づいて適したポジションがあれば、アサヒビール側からオファーされる制度となっています。

そのため、東京の優良企業アサヒビールに転職するためには、まずは契約社員からスタートします。
契約社員でも給与や福利厚生の満足度が高く、契約社員への募集に対してもたくさんの応募があります。
契約社員から正社員への登用制度を活用して転職しようとする応募もあるため、倍率は高く、転職難易度は非常に高いようです。

基本給は、月収例:約34.2万円、月給:26万円(+残業・休日出勤・外勤手当)で高い数字となっています。

勤務時間は9:00~17:30で、休憩1時間(実働7時間30分)、フレックス制度が有り、残業は月20時間程度のようです。

また、休暇は、完全週休2日制(土・日)で、年間休日は123日です。

ビールの売り上げが国内首位という安定した経営から、就職・転職先としても非常に人気の高い企業です。

アサヒビールの採用倍率は64~128倍と推測されますがその根拠は、エントリー数を5000~10000人と仮定しますと、2018年の採用実績が78人だったので、5000÷78=64倍から10000÷78=128倍となる訳です。

その他の情報として、従業員平均年齢は43歳、平均勤続年数は18年、離職率は1.4%、3年以内の離職率は0%、年間の有給休暇取得日数は12日、月の平均残業時間は21時間、月の平均残業代金は86658円となっています。

応募方法は、エントリーシートと適性検査 → .説明会 → 複数回の面接 → One to One(社員との1対1の座談会) → 最終面接 → 内々定 となっています。

 

まとめ

東京の優良企業アサヒビールは、息の長いヒット商品、スーパードライをもっており、ビール業界では、売り上げはキリンビールに劣るものの、利益はビール業界のトップであり、非常に学生や転職者に人気のある企業だといえます。

東京の優良企業アサヒビールの教育・研修制度は、自己研さんプログラム、キャリアデザイン制度、公募制度、所属長研修、新任プロデューサー研修、語学サポート、グループ合同新入社員研修、ブラザー・シスター制度、武者修行研修などとなっており、かなり多くの内容となっております。

3年以内の離職率がほぼ0%なので、働きやすい会社なのでしょう。

景気に左右されにくい、安定した業界であり食品や飲料業界に興味のある方はぜひ選考を受けてみるべきでないでしょうか。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、アサヒビールへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP