日本赤十字社ってどんな法人? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

日本赤十字社ってどんな法人なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

日本赤十字社は、平均年収が417万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都港区芝大門にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、日本赤十字社はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、日本赤十字社の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 日本赤十字社】看護師、薬剤師の転職はエージェントまかせの人が多い

従来から日本の医療現場で問題視されていたのが、東京ほか全国の日本赤十字の医療センターや大学の医学部付属病院などの、東京ほか全国の基幹病院での診療です。

東京ほか全国の基幹病院の医療は、高度で先進的なものであり、重傷病の患者の治療を目的としていますが、その基幹病院に風邪程度の傷病を患った者が診療を集中して受けにくるため、受付、診察、検査、治療、会計と半日以上の時間がかり、本来の重篤患者への医療行為の妨げとなっている点てした。

その点において、かかりつけ医と、基幹病院の差別化を図るために、国が進めている、病院と診療所の機能分担の推進を図るための制度があります。

かかりつけ医などの、他の診療機関等からの紹介なしに、400床以上の地域支援病院において初診で受診した場合に、選定療養費として、初診料の他に5,000円以上の金額を徴収することを責務とされました。

その結果、東京ほかの全国の基幹病院では、他の医療機関の紹介状がない場合には、通常5,500円程度(税込)の金額を徴収しています。

このことによって、地域の医療機関と基幹病院との役割の分担が進み、現在では基幹病院での待ち時間も済まなくて済むように改善されております。

これから10年後には、日本は高齢者の非常に多い国となりますが、医療保険の問題や、医師、看護師、検査技師、薬剤師などの医療従事者も足りなくなることが予想されており、看護師、薬剤師の待遇の良さを求めての転職活動も活発になると予想されています。

今回は、日本赤十字社を取りあげ、東京ほか全国の医療センターへの看護師、薬剤師の転職について考えてみたいと思います。

日本赤十字社の現状

東京の日本赤十字社本体は病院のような医療行為をする団体ではありません。

東京の日本赤十字社の役割は、以下の9つの活動内容・実績を持っていて、現在も活躍しています。

赤十字社は、世界192の国と地域に広がる赤十字社・赤新月社のネットワークを生かして活動する世界をまたいだ組織です。

その赤十字社の日本組織が東京の赤十字社となります。

東京の日本赤十字社は、「人道の実現」を達成するために、まずは職員から、そして会員やボランティアの方々などの、赤十字の活動に携わる一人ひとりが心にとめて、具体的に行動していくことを決意として表明しております。

東京の日本赤十字社の活動は、

国内災害救護の役割は 昨年の台風災害時などに必要とされる救護を迅速に行うため、訓練、物資の整備、人材育成など、常に災害に対応できる体制を作っており、災害時にはいち早く救護班などを派遣し、救護活動を行っています。

国際活動の役割は、災害や紛争、病気などに苦しむ人々を救うため、世界最大のネットワークを活かして、緊急時の救援や復興支援、予防活動に取り組んでいます。

赤十字病院の役割は、大切な命を救うため、緊急医療などを積極的に行い、地域医療を支え、また、災害時にはいち早く医師や看護師を派遣しています。

看護師等の教育の役割は、赤十字精神に基づき国際人道法や災害看護を学び、豊かな人間性と看護に関する幅広い知識・能力を備えた人材を育成しています。

血液事業の役割は、病気の治療などで輸血を必要とする人を救うため、献血を受け付け、安全な血液製剤を24時間医療機関へお届けしています。

救急法等の講習の役割は、身近な人を救うため、とっさの手当てや日常生活での事故防止など、健康安全に関する知識・技術の普及と啓発を行っています。

青少年赤十字の役割は、世界の平和と人道の実現のため、未来を担う青少年が実践活動を通して自ら「気づき、考え、実行」できる学びの機会を提供しています。

社会福祉の役割は、個人の尊厳を守るため、社会的な支援を必要とする人が、その人らしい生活を送れるような支援を行うとともに、地域のボランティアや関係機関と連携し、皆が支え合える地域社会を目指しています。

赤十字ボランティアの役割は、「困っている・苦しんでいる人の役に立ちたい」という思いを持つ同志が、その思いを結集し、全国でさまざまな赤十字活動を行っています。

東京の赤十字社では、その活動の資金としてホームページから幅広く寄付を募集しております。

 

日本赤十字社のへの就職

日本赤十字社の傘下には、東京ほか日本全国に医療センターを持っており、それぞれが地域の基幹病院として医療にあたっています。

その傘下の医療センターへの看護師、薬剤師の転職について、研究したいと思います。

東京の日本赤十字社医療センターの看護部では2020年02月05日に、既卒者を転職の対象として2021年4月入職希望の既卒者限定病院見学を実施しました。

また、その傘下の医療センターへの薬剤師の転職者のために、2020年01月14日薬剤部・有給インターンシップの募集を行いました。

医療センターへの転職をした看護師の口コミ情報としては、赤十字の一員として医療に関われることにはやりがいがあったとの意見があります。

東京ほか全国の医療センターへの看護師、薬剤師の転職は転職エージェントを働きながら使って転職をするといったケースが多いようです。

東京ほか全国の医療センターへの看護師、薬剤師の転職は、特に人手不足のため、20代から40代まで転職エージェントをつかっているようで

した。

どの世代も自分から転職をする際に職探しをするのではなく、エージェントに任せるという方法が一般的のようです。
<PR>薬剤師の転職について相談したい方は、こちらがおススメ!


まとめ

看護師、薬剤師といった人材は、夜勤があったり、土日の出勤があったりと労働条件が過酷な割に人手不足の状態が続いており、転職をすることによっていい条件の医療機関に移りたい人はある程度の人数はいるようです。

今後、益々看護師、薬剤師の人材が不足し、患者数は増えるということで、仕事に負荷がかかり、きつい仕事となりそうです。

全国的に看護師、薬剤師ともに人材が不足しており、労働条件は良くなっていくと思いました。
<PR>



さて、日本赤十字社は最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。
さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めています。
もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。

また、社会人としての基礎ができている第二新卒も歓迎されているそうです。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、日本赤十字社の中途採用の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

日本赤十字社のような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、日本赤十字社への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP