ブランク明けで社会福祉士に就職するコツ&5つの体験談

結婚や子育てなどの私生活もいったん落ち着きを見せて、かつて経験した職業で再度働きたいと考えている皆さん、地方から転職して介護福祉士になりたいと思っている皆さん。

実際にブランク明けで社会福祉士に転職した人の体験を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

社会福祉法人とひとことに言っても、法人の特徴、仕事の中身、働き方のスタイルはさまざまです。

転職することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、以前より生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職した社会福祉士の体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、社会福祉士のための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!復帰転職体験談【成功例】まとめ

ブランク明けで社会福祉士に転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

システム開発職から社会福祉士へ転職

福祉関係の企業でシステム開発職として働いていたAさんは、人間味あふれる仕事をしたいという考えから、社内でも営業に異動するかそもそも会社を辞めるか悩んでいました。

熟慮の結果、社会協議会の職員に転職して勉強の後社会福祉士として仕事を始めることになりました。

相談援助を行う部署に所属して、認知症患者等との面談を通して、相談者が実現したいことや要望などを丁寧に聞き取っていきました。
Aさんの言うところの人間味のあふれる仕事だったようで、現在もご活躍されているとのことです。

 

資格取得からしばらく経過したのちに社会福祉士に就職

以前社会福祉士の資格のみをもって別の仕事をしていたBさんは、せっかくの資格をくすぶらせておくのはもったいないと考えていました。

子供好きという子ともあり、学校福祉や児童福祉法面も勉強していたのでスクールソーシャルワーカーという立場から子供たちの成長を見守ろうと考えました。

公務員試験にも合格して、無事都内の小学校に配属されました。
先生どうしや、保護者からの要望も多く課題は山積みですがやりがいをもって頑張っておられるとのことです。

障碍者の友人とかかわっていくことで社会福祉士への転職を決意

Cさんは、小学校来の友人が自動車事故で下半身不随となってしまい、その人とのかかわりを深めていった上で身体障碍者を支える仕事に就いても知ることになり興味を持ちました。
その結果、社会福祉士の仕事に興味を持ち、国家試験を受け見事公務員試験にも合格しました。

地域の人が分け隔てなく交流できる場を作っていきたいという夢を叶えるため日夜奔走しているとのことです。

転職するんじゃなかった!復帰転職【失敗例】まとめ

ブランク明けでの転職活動は、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

事務作業の多様化に辟易

社会福祉士の資格を取得して公務員として働いていたDさんですが、事務作業が多いことが非常に精神的な負担となっていました。
もともと、細かいことを指摘されることを嫌うということもあり、何度も書類を手直しするなど細かな作業に長けていませんでした。

また、公務員の給与が年々下降気味というのもDさんのモチベーションを大きく削るものでした。

結果的にその環境に耐えきれず役所を辞めてしまいました。
今は、公務員時の経験を買ってくれる民間団体にて今は働いているそうです。

上司と意見が合わず衝突

社会福祉士として、様々な福祉施設を経験してこられたEさんは、不幸なことにどの職場でも上司に恵まれませんでした。

指導方法や、運営方針、そもそもの人間としての考え方の違いなどが合わず、正しい知識と経験を重ねることができないと考え、自身でスタッフをあつめて、福祉施設を経営する立場として今はご活躍されているとのことです。
職場の上司によって人生が左右されるというのは、嫌なものですね。

その差はどこに? 復帰転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗している社会福祉士と成功している社会福祉士の特徴を比較してみましょう。

社会福祉士の上京転職に失敗している人に共通していること

思い描いたイメージと違う職場に入り、ギャップを埋められず長続きしない

社会福祉士の上京転職に成功している人に共通していること

興味のある分野なので、長短について下調べをしたうえで転職している

社会福祉士が転職に成功するためには、例えば「情報収集を怠らず、自分にあった職場を探す」といったことが秘訣と言えるかもしれません。
<PR>

転職エージェントを使って新しい可能性を

最後に、社会福祉士をめざす方が失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

新たなキャリアは転職エージェントを使って考える

という方法をお勧めします。

社会福祉士の転職に転職エージェントをお勧めする理由

社会福祉士の転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 情報収集や面接で聞きにくいことについて代わって聞いてくれる
  2. 都内の情報や交通アクセスについても相談に乗ってくれる
  3. 面接対策や履歴書添削についても手厚いサポートがある

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

↓↓↓ケアマネージャーの資格を生かしたい人には、こちらがおススメ↓↓↓



関連記事一覧

PAGE TOP