フィリップ モリス ジャパンってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

フィリップ モリス ジャパンってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

フィリップ モリス ジャパン合同会社は、平均年収が632万円(有価証券報告書より)と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都千代田区永田町にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、フィリップ モリス ジャパンはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、フィリップ モリス ジャパンの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 フィリップ モリス ジャパン】タバコ業界において電子タバコで売り上げを伸ばしている会社

フィリップ モリス ジャパンは、フィリップ モリス インターナショナルの日本における子会社です。
日本市場で30年以上の歴史を持つ国内最大級の外資系たばこ会社です。

2019年の国内でのたばこ市場は25.9%のシェアを占めております。

日本で販売されるフィリップ モリス社製品のマーケティング・販売促進活動を行っています。

取扱いブランド:マールボロ(Marlboro)、ラーク(Lark)、パーラメント(Parliament)、バージニア・エス(Virginia S.)であり、最近では電子タバコのアイコスの商品としてマールボロ(Marlboro)のシリーズが売れています。

マールボロ(Marlboro)の売上は、全世界で1位です。

フィリップ モリス ジャパンは、日本国内で日本たばこ産業JTに次いで第2位のたばこ会社となっています。

 

フィリップ モリス ジャパンの現状

東京のフィリップ モリス ジャパンの設立は、1985年03月で、従業員数は1,900名、資本金は 50百万円です。

ここ数年、タバコを吸った際に同時に吸い込むタールによる健康被害を少なくするという、加熱式タバコアイコスIQOSが、タバコ市場で売れておりますが、加熱式タバコとは一般的に、タバコ葉を燃やすのではなく加熱することによって、蒸気(タバコベイパー)を発生させるものです。
従来の紙巻タバコと異なり、タバコ葉を燃やさないため、燃焼による煙や副流煙は発生せず、灰も出ません。

そのアイコスのタバコの銘柄として、東京のフィリップ モリス ジャパンのマールボロ(Marlboro)の製品が売れているのです。

東京のフィリップ モリス ジャパンの親会社のフィリップ モリスでは、いつまで紙巻タバコビジネスをすべきか、という点で、紙巻タバコのトップブランドを世界的に展開するタバコ会社として、潔い決意をしました。

フィリップ モリスのビジョンは、紙巻タバコビジネスをはるかに超えた会社になること、紙巻タバコに替わる、煙の出ない製品とともに歩んでいくことをビジョンとしてきました。
その理由は、紙巻タバコの喫煙者は数億人に上り、その多くが喫煙の満足感を得られる害の少ない製品を求めているという事実があったからです。

そこで、フィリップ モリスは喫煙を続ける人々に新たな選択肢を提供していきたいと、社員と株主にコミットしています。

東京のフィリップ モリス ジャパンそのコミットメントを達成するためにも、この長期的ビジョンに基づいた成功を追求していく予定です。

東京のフィリップ モリス ジャパンは、紙巻タバコビジネスの成功を糧に、この大胆なビジョンを追求するため、従業員が一丸となって、煙を出さずに楽しむことができる革新的な製品を開発してきました。

すでに200万人以上の方々に紙巻タバコから、この革新的な東京のフィリップ モリス ジャパンの製品に切替えていただいていますが、これはまだ始まりに過ぎません。

東京のフィリップ モリス ジャパンが思い描く将来を象徴する製品を育てていくために、東京のフィリップ モリス ジャパンは今後も研究開発に投資していきます。

時代が大きく変化していく中、東京のフィリップ モリス ジャパンは流れに身を委ねるのではなく、会社の新しい方向性を打ち出し、新しいタバコの開発へと大きな一歩を踏み出しています。

 

フィリップ モリス ジャパンへの転職

東京のフィリップ モリス ジャパンは、日本でIQOS(アイコス)を全国展開させた最初のマーケットであり、
その成功は世界的にも波及しています。

「煙のない社会を目指して」という、東京のフィリップ モリス ジャパンのビジョンを達成するために、勇気、創造性、そして起業家精神のある人材を必要としており、転職による中途採用を実施しています。

東京のフィリップ モリス ジャパンでは、フィールドセールス(営業職)、 セールス(HQ) マーケティング/デジタル、インフォメーションサービス、ファイナンス、広報・渉外、オペレーションズ、人事、 国際アサインメントの9つの職種で転職者を受け入れる中途採用を実施しています。

東京のフィリップ モリス ジャパンのキャリア採用は直接またはエージェント経由で応募するところから始まります。

直接応募の場合、社員の紹介があれば、選考に有利になりそうです。
また、エージェントを使って、応募手続きなどを任せてしまうやり方が有力です。

営業の仕事を紹介しますと、東京のフィリップ モリス ジャパンでは、

担当テリトリーにおけるIQOSユーザーの獲得、企業に対する喫煙環境の改善提案や、成人喫煙者への販促活動を行っていただきます。

具体的な仕事は、東京のフィリップ モリス ジャパンのエリア特性に応じた企業の分析を行い、優先順位を付けた上で、新規企業の開拓を行うこと。

東京のフィリップ モリス ジャパンの取引先の企業の責任者に、喫煙環境に関する現状の問題点をヒアリングし、加熱式タバコの便益を理解してもらい、企業からの推薦を得て、成人喫煙者にIQOSへの切替えを促進する活動をしていただきます。

成人喫煙者に対して東京のフィリップ モリス ジャパンのIQOSの製品特長や利便性を説明し、紙巻たばこの喫煙者からIQOSユーザーへの移行を促す活動をしていただきます。

東京のフィリップ モリス ジャパンの募集要項は、営業職では

部門のリーダーや、マネージャーになる道のほかにも、IQOS市場開発チームや、大手コンビニエンスストアなどを担当する法人営業、セールスマーケティングなど、幅広いキャリアを築いていける可能性があります。

東京のフィリップ モリス ジャパンに転職する人材は、営業経験(業種不問)、販売経験、法人・新規開拓営業経験者の方

東京のフィリップ モリス ジャパンの勤務地は全国47都道府県で募集中しており、積極採用エリアは東京のほか、北海道、富山県、愛知県、関東エリアです。

初年度年収:500~600万円 昇給・賞与:昇給/1 回(4 月)、賞与/2回(6 月・12 月)
※年俸を15 分割し、年2 回、夏季(6 月)および冬季(12 月)に賞与として、1.5カ月分ずつ支給

諸手当:通勤交通費全額支給(社有車の駐車場代・ガソリン代)

休日・休暇:年間休日120日以上 完全週休2 日制 祝日 年末年始休暇(12 月29 日~1 月3 日まで)
有給休暇(入社月から取得が可能/10 日~20 日)
ファミリー休暇(最大10 日間) その他休暇(育児休暇、介護休暇、慶弔休暇)です。

東京のフィリップ モリス ジャパンに転職した社員の意見としては、人事制度・評価制度としては、営業成績に関して、働き方として数字を取ればきちんと評価する文化はあると思う。

仕事を通じた成長としては、癖のある方など対応することが多いのでコミュニケーション力など、上手に難を避けるスキルは高められます。活動内容ごとにプランニングが必要なのでプランニング力も向上します。

という意見がありました。

 

まとめ

東京のフィリップ モリス ジャパンは、加熱式タバコのメーカーであり、日本たばこ産業JTに次ぐ2位のメーカーであり、世界では1位の優良メーカーです。

最近、喫煙者はもちろん、タバコの煙を吸わされる受動喫煙の問題が大きく取り上げられ、病院や学校などでは、敷地内全面禁煙が当たり前で、公共の場でも喫煙スペースが少なくなっています。

そんな中、タバコの愛煙家にアイコスという、タールを吸い込まない、普通のタバコと比較すると害の少ない電子タバコを販売しているのが、東京のフィリップ モリス ジャパンです。

喫煙者は減りつつありますが、電子タバコに切り替える人は増えており、タバコ業界に在りながら、東京のフィリップ モリス ジャパンは成長産業だといえます。

さて、フィリップ モリス ジャパンは最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。
さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めており、中小企業出身者にも入社のチャンスがあります。
もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。

また、社会人としての基礎ができている第二新卒も歓迎されているそうです。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、フィリップ モリス ジャパンの中途採用の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

フィリップ モリス ジャパンのような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、フィリップ モリス ジャパンへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP