社会福祉法人 恩賜財団済生会ってどんな法人? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

社会福祉法人 恩賜財団済生会ってどんな法人なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

済生会本部は、平均年収が約500万円(正看護師)と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都港区三田にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、社会福祉法人 恩賜財団済生会はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、社会福祉法人 恩賜財団済生会の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 社会福祉法人 恩賜財団済生会】済生会病院で看護師、薬剤師の中途採用が盛ん

従来から日本の医療現場で問題視されていたのが、東京ほか全国の独立行政法人国立病院機構や日本赤十字の医療センターや大学の医学部付属病院などの、東京ほか全国の基幹病院での診療です。

東京ほか全国の基幹病院の医療は、高度で先進的なものであり、重傷病の患者の治療を目的としていますが、その基幹病院に風邪などの軽度の傷病を患った者が診療を集中して受診に来るため、受付、診察、検査、治療、会計と半日以上の時間がかり、本来の重篤患者への医療の妨げとなっていることでした。

その点において、地域の小規模の医療機関と、基幹病院の差別化を図るために、国が進めている、病院と診療所の機能分担の推進を図るための制度があります。

地域の小規模の医療機関などの、他の診療機関などからの紹介がなしに、400床以上の地域支援病院において初診で受診した場合に、選定療養費として、初診料の他に5,000円以上の金額を徴収することを責務とされました。

その結果、東京ほかの全国の基幹病院では、他の医療機関の紹介状がない場合には、通常5,500円程度(税込)の金額を徴収しています。

このことによって、地域の小規模の医療機関と基幹病院との役割の分担が進み、現在では基幹病院での待ち時間も済まなくて済むように改善されております。

これから10年後には、日本は高齢者の非常に多い国となる医療保険の問題や、医師、看護師、検査技師、薬剤師などの医療従事者も足りなくなることが予想されており、看護師、薬剤師の処遇の良さを求めての転職活動も活発になると予想されています。

今回は、社会福祉法人 恩賜財団済生会を取りあげ、その傘下の東京ほか全国の医療センターへの看護師、薬剤師の転職について考えてみたいと思います。

社会福祉法人 恩賜財団済生会の現状

東京の社会福祉法人 恩賜財団済生会は、明治天皇が医療によって生活困窮者を救済しようと明治44(1911)年に設立したそうです。

100年以上にわたる活動をふまえ、次の三つの目標を掲げ、日本最大の社会福祉法人として全職員約62,000人が40都道府県で医療・保健・福祉活動を展開しているようです。

東京の社会福祉法人 恩賜財団済生会では『生活困窮者支援の積極的推進』と、『最新の医療で地域に貢献』と、『医療と福祉、切れ目なく』という3つの目標をかかげているようです。

済生会設立の目的は、生活に困っている人を医療で助けることです。

東京の社会福祉法人 恩賜財団済生会では、生活困窮者支援の積極的推進という目標のもと、生活保護受給者をはじめ、経済的に困っている人の医療費を無料にしたり減額したりする「無料低額診療事業」を積極的に行っており、平成30年度は延べ215万人が対象となったそうです。

特に生活困窮者支援事業 『なでしこプラン』では、ホームレスや家庭内暴力(DV)被害者、刑務所出所者、障害者、高齢者、在留外国人などで、医療・福祉サービスにアクセスが出来ない人たちを対象に巡回健診、予防接種、健康相談などを行っています。

東京の社会福祉法人 恩賜財団済生会では、3つ目の目標として、最新の医療で地域に貢献をとりあげ、いのちの面から地域を支え、最新の医療機器、高度な技術、手厚い看護や、超急性期から亜急性期、慢性期・リハビリと段階に合わせて対応し、常に患者の立場に立った医療を提供しています。

 

社会福祉法人 恩賜財団済生会への転職

東京の社会福祉法人恩賜財団済生会では、看護師、薬剤師の中途採用は直接行っておらず、傘下の済生会病院が個別に採用活動を行っているようです。

また、看護師の育成を目的とした活動の一環として、各地で看護専門学校を経営しています。

済生会の薬剤師の中途採用は、働きながら転職活動をしますから、転職エージェントを使っている場合が多いようです。

また、薬剤師の採用は、転職サイトも充実しており、薬剤師の転職に特化した専門のサイトが使われているようです。

また、看護師の転職サイトは数が多いため、看護師だけに特化したサイトもあり、ランキングのサイトもあります。

済生会病院に転職した看護師の口コミでは、勤続年数が10年を超えてきたら役職が就くと給料が上がり、ボーナスも多めで、教育も厳しいくらいしっかりしているので、3年働くと看護師としての技術は向上していると思うという意見がありました。

<PR>薬剤師の転職について相談したい方は、こちらがおススメ!

まとめ

看護師、薬剤師といった人材は、夜勤があったり、土日の出勤があったりと労働条件が厳しい割に労働力が不足の状態が続いており、転職をすることによって、良い条件の医療機関に移りたい人はある程度の人数はいるようです。

東京の社会福祉法人恩賜財団済生会傘下の病院では、看護師の新卒採用はしていますが、看護師、薬剤師の転職を伴う採用はしておらず、転職をしたい人は個人で、転職先を紹介してくれるエージェントなどのアドバイスを参考に転職をしているようです。

全国的に看護師、薬剤師ともに人材が不足しており、労働条件は良くなっていくと思いました。

これからも、多くの人材が必要な業界ですので、今のうちから転職をしてスキルアップをしておくことをお勧めいたします。

<PR>

さて、済生会は最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。
さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めています。
もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。

また、社会人としての基礎ができている第二新卒も歓迎されているそうです。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、済生会病院の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

済生会のような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、済生会への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP