アフラックってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

アフラックってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

アフラック生命保険株式会社は、平均年収が625万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都新宿区西新宿にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、アフラックはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、アフラックの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 アフラック】応募は中途のみでエージェント、女性管理職増加の目標

東京の外資系企業、正式名称アフラック生命保険株式会社 (旧アメリカンファミリー保険会社)は、2018年4月2日、日本法人に会社形態を変更し、「アフラック生命保険株式会社」として新たな一歩を踏み出しました。

現在は、1,500万人を超えるお客様から2,400万件以上の契約をお預かりする保険会社にまで成長しています。

日本での創業50周年にあたる2024年までに「生きる」を創るリーディングカンパニーへ飛躍することを目指して、「Aflac VISION2024」作成し、デジタルイノベーションの積極的な活用を前提として、「新たなガバナンス態勢のもとでの、機動的な業務運営の強化」「人材マネジメントに関する抜本的制度改革」「成長のためのイニシアチブ」「強固な財務基盤の維持と成長投資」の4つの戦略を通して成長への好循環を創出していくとのことです。

東京の外資系のアフラックの本社所在地は、東京都新宿区西新宿にあります。

東京の外資系のアフラックの創業は、1974年 アメリカン ファミリー ライフ アシュアランス カンパニー オブ コロンバス(日本支店)であり、社員数は5,113人(2019年3月末)、うち男性2,528人、女性2,585人で平均年齢は38.9歳です。

東京の外資系企業アフラックの営業拠点は90営業部、アソシエイツ数は10,006店あります。

東京の外資系企業アフラックの総資産は、12兆1,339億円(2019年3月末)、負債状況は保険契約準備金、10兆9,174億円(2019年3月末) 、資本状況は純資産の部合計8,132億円(2019年3月末)のようです。

東京の外資系企業アフラックの収支状況は、保険料など収入、1兆4,310億円(2019年3月期)、保険金など支払金、7,916億円(2019年3月期)となっており、新契約件数は、155万件(2019年3月期)、保有契約件数:2,457万件(2019年3月末)です。

 

アフラックの現状

東京の外資系企業アフラックでは、主力のがん保険に加え、医療保険「EVER」(現「ちゃんと応える医療保険EVER」)は、コンセプトである「一生継続する医療の保障を一生定額の割安な保険料で提供する」商品として人気が出ており、近年では、医療保険における契約件数首位を獲得しており、東京ほか全国で外資系の保険が人気を集めているようです。

東京の外資系企業アフラックでの保険の種類は、医療保険、がん保険、学資・こども保険、就業不可能時の賃金保証保険、終身保険、定期保険、収入保障保険、三大疾病保険、介護保険の10種類の保険を用意しており、現在の日本の社会構成や医療の現状を踏まえた、商品を提供しているようです。

東京の外資系企業アフラックでは、「死亡保障」を中心に販売してきたそれまでの生命保険業界の常識を打ち破り、「がん・医療・介護」といった補完保険分野に特化するという全く新しいビジネスモデルを日本に定着させるという、保険の革命とも言える改革をし、売れる保険の開発と販売にチャレンジしてきた証拠だと思います。

日本の大手の保険会社もアフラックに見習い、死亡保険を見直し、新たな保険商品の開発を行っておりますが、先駆者の力は強く、中々出来上がったシェアの奪回は難しいと予想します。

アフラックへの就職

東京の外資保険会社アフラックでは、外資としては珍しく、子会社のアフラック・ハートフル・サービス株式会社で新卒の求人実施しています。

その内容は、障がい者雇用を推進する、アフラックのビジネスパートナーとしての身障者の雇用を目的としてもので、障害者雇用の法定雇用率を達成するための特定子会社のようです。

会社データとしては、事業内容は、オフィスサービスに関する業務

設立 2009年3月、資本金1000万円、従業員数142名(うち障がい者113名/2020年3月1日現在) 事業所東京都調布市となっています。

障害者の法定雇用率が2.2%に引き上げられたことが会社の大きな役割だと思います。

障がいをお持ちの方もそうでない方も一緒に働き、職場のダイバーシティーを推進するという、外資系ならではの取り組みの一例です。

また、本社の社員の募集は国内の大手のエージェント会社からの応募が必要なようです。

東京のアフラックの求人内容の事例を紹介します。

【東京】内勤営業

【基本的に土日祝休み◆正社員登用有◆1日8h以内程度の勤務】

~ワークライフバランス充実(基本的に土日休みの週休2日/1日8時間も働かない程の勤務時間)◆産休・育休実績多数◆普段も1時間単位で時間休の取得が可能で都合に合わせて15時上がりなども◆充実の研修制度で未経験から営業力を身につけられます◆モデル年収:SV:430万円、リーダーSV:550万円~

■業務内容:同社の内勤営業

■業務のやりがい【お客さまの人生に貢献する提案】ができます。

■詳細 テレビCMなどの広告をご覧になって同社商品に関心をお持ちになったお客さま

■研修について:未経験でも安心。約2カ月間の導入研修だけでなく、それ以降もフォローアップ研修もご用意。

■勤務時間補足: (1)9:00~17:00(2)10:00~18:00(3)11:00~19:00のシフトとなっています。所定労働時間は7時間となり、残業月10h~15hを入れても、1日8時間も働かない日が多い環境です。

■キャリアアップについて:充実のフォロー体制の中で、1年後の正社員登用を目指していただきます(1年後の希望からの正社員登用率はおおよそ9割程度のイメージです)。正社員登用後はマネジメントではなく1メンバーとしてコツコツと長く働くことも可能ですし、SV、LSVなどのリーダー職へのキャリアアップの道もございます。オフィスの補助業務やミドルオフィスなどの管理部門を含めたジョブローテーションもございます。

対象となる方<学歴>大学院、大学、短期大学、専修・各種学校、高等専門学校、高等学校卒以上

【東京】コールセンタースタッフ

<勤務地最寄り駅>

京王線/初台駅
<勤務地補足>初台や都庁前などが最寄り駅です。・新宿など都心も近い環境です。

<転勤有無>長期的に働ける環境です。転勤はございません。

<勤務時間>9:00~19:00 (所定労働時間7時間)休憩時間:60分時間外労働有無:有

<その他就業時間補足>
※実働7Hのシフト勤務:(1)9:00-17:00(2)10:00-18:00(3)11:0-19:00

<雇用形態>契約社員

<契約期間>7カ月

<雇用形態補足>7カ月間の契約を締結後、5カ月契約の更新を行います。1年後の正社員登用を皆様に目指していただきます。

給与 <予定年収>245万円~(残業手当:有)

<月給>180,000円~ 基本給:180,000円~ <賃金形態>月給制 <昇給有無>有

<給与補足>※年収モデル:入社2年目:320万円程度~/SV:430万円、LSV:550万円程度

休日・休暇 週休2日制、有給休暇15日~20日、休日の日数120日

土曜出勤は平日に振休(日曜と祝日)別途、有給休暇、5営業日の連続休暇制度有

<応募方法>

(1)ご応募にはエージェントサービスへのご登録が必要です。

(2)採用条件に合致した方については、ご入力いただいた情報にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。

(3)求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねますため、登録情報は各求人へ最適化した内容ではなく、汎用的な内容としていただくことをお勧めいたします。

(4)ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当する採用プロジェクト担当から行います。

 

以上が募集要項の事例ですが、いずれもエージェントを通す必要があるとのことです。

 

東京の外資の保険会社アフラックの社員の口コミは、本人次第だと思いますと言い、自己管理ができていればワークライフバランスは取れるそうです。残業の削減や長期休暇の取得はかなり前から定着しているそうです。

また、女性社員の口コミとしては、ダイバーシティーとして女性の管理職を増やすことを会社の目標としているため、上昇志向の強い人にはやりがいがある。子育て中の女性には活用できる制度が整っているといった意見でした。

まとめ

日本の企業に勤めていると新規学卒の年功序列が当たり前となっていますが、外資系は求める能力や知識や資格が入社基準を満たしているかどうかで、判断をするようです。

上記に新卒の求人例を1件掲載しましたが、コールセンターのオペレーターをはじめ本社の中核社員は全て、転職者でエージェントの紹介が必要なようです。エージェントを通じて応募をして、書類選考の後、提示される募集条件を満たしていた人は、海外のマネジャーとスカイプなどによるテレビ電話形式の面接試験が数回程度あるようです。

日本の会社のように、優秀な学生を入社させ、企業内で研修をして能力を伸ばすという考え方がなく、成果主義だと言えます。

最近では、日本の大手企業を辞退して外資系に入社するケースも増えているようで、個人の力量に自信のある方は、エージェントを通じて応募の手続きをしましょう。

さて、アフラックは最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。
さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めており、中小企業出身者にも入社のチャンスがあります。
もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。

また、社会人としての基礎ができている第二新卒も歓迎されているそうです。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、アフラックの中途採用の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

アフラックのような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、アフラックへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP