AIG損害保険会社ってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

AIG損害保険会社ってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

AIG損害保険会社株式会社は、平均年収が646万円(口コミ回答集計より)と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都港区虎ノ門にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、AIG損害保険会社はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、AIG損害保険会社の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 AIG損害保険会社】応募はエージェントから個人の力量次第で年収が決定

東京の外資系の企業AIGグループは、AIGジャパン・ホールディングス株式会社の日本におけるAIGグループの保険持株会社として、AIGの日本事業を統括し、傘下の保険会社および子会社の経営の管理を行う役割を担っています。

東京のAIGジャパン・ホールディングス株式会社の持ち株会社は、AIG損害保険会社、アメリカンホーム医療・損害保険会社とジェイアイ傷害火災保険会社の3社で構成されています。

東京のAIG損害保険会社は、現在では戦後の日本最大(元受正味保険料ベース)の外資系損害保険会社グループとなおり、2018年1月1日、日本において長い歴史を持つ富士火災海上保険と経営の統合をし、AIG損害保険が誕生しました。

AIG損害保険は社会貢献活動として、グループの社員によるボランティア活動への参加、社会貢献活動に関する社員の参画の機会や学習の機会をより多く提供することを目指していきます。

東京のAIG損害保険会社は、協賛活動の一環として、ニュージーランドラグビー協会のメジャーグローバルスポンサーならびにオールブラックスの公式保険パートナーとして、オールブラックスほか、ニュージーランドのラビーチーム5チームをサポートしています。

東京の外資系の企業AIGグループはキッザニア東京(KidZania Tokyo)のオープン以来、グループ会社の1社アメリカンホーム医療・損害保険株が10年間務めてきた消防署パビリオンのオフィシャルスポンサーを、2016年10月より引き継いでいます。

東京の外資系の企業AIGグループは社会貢献・協賛活動としてDiversityIsStrengthに取り組んでおり、「UNITED BLACK Tシャツ」を委託で製造しており、この活動のシンボルとなるTシャツとしています。

なお、このTシャツは通常時は黒く、伸ばすと鮮やかなレインボーが現れるという特殊な生地を使っています。

東京の外資系の企業AIGグループは社会貢献・協賛活動としてDIVERSITY STORIESと名付け、日本で生まれる多様なニーズを把握し、商品・サービスに反映していくことにコミットしています。

AIG損害保険会社の現状

東京のAIG損害保険会社の保険商品・サービスの特徴は、海外旅行保険で最も多いトラブルであるケガ・病気の治療に対して充実した補償を用意していて、治療・救援の費用は無制限に補償しており、安心なサポートが受けられます。また保険期間は31日以内の契約がほとんどのようです。

この海外旅行保険についてもう少し詳しく説明をすると、東京の外資の会社として、盗難やスリなど携行品にかかわるトラブルや、航空機の遅延や、列車の運休などの旅行中のトラブルなど身近なものもしっかりカバーしてくれるようです。

また、東京の外資の会社として、海外では個人賠償責任の考え方があり、歯科治療、義歯・歯科矯正装置の応急修理などにも保険が使えます。

ただし、東京の外資の会社として、 携行品(パスポートを含みます。)の紛失または置き忘れによる損害については対象外です。

東京の外資の会社として、公的機関、交通機関、宿泊機関、医療機関または旅行業者により発生が証明される事故によっては、●交通費 ●宿泊施設の客室料 ●食事代 ●国際電話料など通信費 ●渡航手続きの費用 ●渡航先での各種サービス取消料●身の回り品購入費などが保険から支払われるようです。

東京のAIG損害保険会社の海外旅行保険は、トラブル時にはアシスタンスセンターにおまかせできます。

病気やケガに関する費用の支払いは、キャッシュレス・メディカルサービス、緊急移送時の輸送機関の手配、医療情報の提供、付添医師・看護師の手配などに使えます。

海外で保険を使う事は滅多に有りませんが、慣れない土地であり、もしもの場合にも東京のAIG損害保険会社の海外旅行保険に加入しておれば安心のようです。
特に、海外でのトラブルの72%は健康に関するもので、治療・救援費用が無制限の「インフィニティプラン」に入っておけば安心のようです。

また、東京のAIG損害保険会社では、留学保険、ワーキングホリデー保険、海外出張・駐在員保険、米国駐在員などの商品があるようです。

AIG損害保険会社への就職

東京のAIG損害保険会社は、外資系金融機関という特有のイメージを持っている人がいると思いますが、AIG損害保険会社の企業文化は社員一人ひとりの個性を尊重することです。

AIG損害保険会社のこの文化は「働きやすさ」の実現と「働きがい」の源にもなります。
東京のAIG損害保険会社では年齢やキャリアにこだわらずチャレンジする姿勢を援助する環境や制度を通して、社員が自分自身の「生き方」や「働き方」を選択して、キャリアを蓄積することができるよう援助をしているそうです。

東京のAIG損害保険会社の社員からは、外資系の会社に入社した当初は、与えられた仕事をこなすイメージを持っていましたが、今では「面白い仕事をこなしつつ」、ワーク・ライフ・バランスを大切にしながら「担当する仕事を面白く取り組めるかという事について考える。」といった考え方にかわりましたという意見があるようです。

東京の外資系のAIG損害保険会社の社員は、入社時の研修が充実していて、全体ビジネスの流れと部門の役割を習い、自分の置かれている環境を理解することができたそうです。

また、東京の外資系のAIG損害保険会社には、たくさんの研修プログラムがあり、自己啓発を自然とするようになっていく環境がありますが、自分から取り組まなければ要請はされないので、自分で努力するくせが付いたと言います。

東京のAIG損害保険会社への転職は、転職エージェントを使った委託型の応募方法が普通のようです。

現在判明している募集内容は、

 

AIG損害保険株式会社

【アクチュアリー(課長)】世界規模の損害保険会社/働きやすい/裁量権の応募で、

募集の条件は、 想定年収  1,200万円~1,300万円 予定勤務地  東京

仕事の内容  当社商品数理部にて、傷害保険・医療保険にかかわる保険料算出、収益管理、 損害率の分析などのアクチュアリー業務をご担当

また、実務だけでなくメンバーを含めた組織管理もお任せします。

必要な経験・能力など【必須】保険数理あるいは関連分野での経験。(目安5年以上。)

日本アクチュアリー会正会員もしくは準会員で、TOEIC785点以上の英語力のある方。…

 

AIG損害保険株式会社

【アクチュアリー(プライシング)】世界規模の損害保険会社/働きやすい環境

募集の条件は、想定年収  500万円~1,000万円 予定勤務地 東京

仕事の内容 傷害保険(旅行保険を含む)及び医療保険の料率算出、損害率分析・予測など の収益性分析業務を(エクセルなどでのプログラミングを含む)メインでご担当いただきます。

【以下は具体的な業務内容】…必要な経験・能力など【必須】保険数理業務経験のある方。

【尚可】・日本アクチュアリー資格をお持ちの方

 

AIG損害保険株式会社

【アンダーライター(海上保険)】AIGグループ/世界規模の損害保険会社

募集の条件は、想定年収  600万円~760万円 予定勤務地 東京

仕事の内容 上司の管理・監督の下で保険の引受の権限に基づき海上保険にかかる引受を担当。

さらに、海上保険商品の収益性を最大化するための販売促 進戦略の策定・実行もお任せいたします。

【以下は具体的な業務内容】… 必要な経験・能力など

【必須】海上保険に関する知見。(損害保険会社、貿易会社、商社、銀行など) と、読み書きできるレベルの英語力

 

というように、募集する職種によって、年収や求める能力や知識、資格などが違うようです。

 

まとめ

日本の企業に勤めていると、新規学卒の年功序列が当たり前となっていますが、外資系は求める能力や知識や資格が入社基準を満たしているかどうかで、判断をするようです。

従って、入社時に提示された募集条件を満たしていた人は、海外のマネジャーとweb面接やテレビ電話形式の面接試験が数回程度あるようです。

日本の会社のように、優秀な学生を入社させ、企業内で研修をして能力を伸ばすという考え方がなく、成果主義だと言えます。

最近では、日本の大手企業を辞退して外資系に入社するケースも増えているようで、個人の力量に自信のある方は、転職エージェントを通じて応募の手続きをしましょう。

さて、AIG損害保険会社は最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。
さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めており、中小企業出身者にも入社のチャンスがあります。
もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。

また、社会人としての基礎ができている第二新卒も歓迎されているそうです。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、AIG損害保険会社の中途採用の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

AIG損害保険会社のような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、AIG損害保険会社への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP