スカイマークってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

スカイマークってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

スカイマーク株式会社は、平均年収が504万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都大田区羽田空港にあり、航空業界に憧れている方には魅力的な立地の会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、スカイマークはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、スカイマークの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 スカイマーク】定時運航率2年連続国内エアラインの中で第1位を達成

日本国内の航空旅客メーカーは、東京の優良企業ANAとJALの2社が最大手です。
その2社のか占状態が続いて来たことにより、国内線市場では運賃が高止まり状態にあり、利用者の不満は高まっておりました。

東京の優良企業スカイマークは、このような国内線市場に参入し、競争状態を生み出し、利用者便益の向上に資することを目的に設立されました。

新型コロナウイルスの影響で、中国からの海外便に大きな影響が出ましたが、これはSARSの感染拡大時と同じようにある程度の期間が経過すれば落ち着くものとして、コロナウイルスの影響の部分には触れずに解説します。

2019年度は外国人観光客の日本への入国者は、3000万人を突破し、2025年度には7000万人になると、一部では予想されており、格安運賃を売りにした、東京の優良企業スカイマークを成長性のある産業と位置付け、研究をしていきたいと思います。

東京の優良企業スカイマークは経営理念として、『第1に「安全」、第2に「定時性」、そして第3に「快適性と経済性」を追求しようと日々改善を重ねてまいりました。』とうたっています。

その結果、2018年度におけるスカイマークの定時運航率は、2017年度と2018年度の「2年連続」で国内エアラインの中で第1位を達成しています。

大手2社の運賃に対して、割安の運賃を設定し、国内線でのシェアを獲得してきたからだと思います。

東京の優良企業スカイマークの現状について

東京の優良企業スカイマークは、2015年業績の不振により民事再生法を申請し、8月6日東京地裁で開かれた債権者集会でANAホールディングス支援の再生計画案が可決し、ANAグループの傘下企業として生まれ変わりました。

ANAなどでは新造機の発注・受領は自社で行い、受領後リース会社の名義にしているのに対し、東京の優良企業スカイマークは自社での発注・受領を行っていない点が大手の航空会社と異なっています。

東京の優良企業スカイマークの機内での制服は、最終的なデザインと機能面の監修はユナイテッドアローズが制作していますが、ベースとなる部分はすべて社員が関わるなど独自性にこだわったものとなっています。

またANAでは無料サービスとなっている、ソフトドリンクおよびアルコール類は、機内販売が行われています。
東京の優良企業スカイマークは、ペットボトル入りのソフトドリンクやコーヒー、スープ類は全品100円で、アルコール類はおつまみ付きで500円以内と、シンプルかつ安い値段での提供となっています。

東京の優良企業スカイマークは、2017年10月からはネスレ日本と提携し、全路線でオリジナルデザイン「キットカット」を無料で配布しています。

東京の優良企業スカイマークは、機内誌『SKYMARK』は2007年4月1日より、企画・宣伝協同組合の協力により復刊され、毎月発行されおり、乗客は自由に持ち帰ることが可能となっています。
希望者にはブランケットの貸出や、あめ(マルエ製菓製)の提供も無償で行われています。

東京の優良企業スカイマークは、搭乗手続きは空港の自動チェックイン機、カウンターのいずれかで行い、預託手荷物がある場合、手荷物タグの取り付けは利用者自身で行うシステムとなっています。

航空機の予約システムでは、東京の優良企業スカイマークでは東京の優良企業ANAの出資を受けた後も自社のシステムを使い続けて独立性をアピールしていく予定です。

東京の優良企業スカイマークは、2019年3月期決算の売上高(事業収益)は、882億円で、前期の828億円に較べ6.5%増益で、破綻前の2014年3月期の売上高が859億円こえて過去の最高を記録しました。

東京の優良企業スカイマークは、2020年9月までの再上場を目指し、運航品質の向上に力を入れてきました。

東京の優良企業スカイマークの2017年度の定時運航率は93.06%となり、国内の主要航空会社でトップの成績をあげました。

また、欠航率も0.59%と最も低く、最近は安心して利用できる航空会社になっています。

こうした信頼性の向上が、東京の優良企業スカイマーク業績にも寄与しているのでしょう。

就職先としてのスカイマークは

2019年3月期決算の売上高(事業収益)は、882億円と破綻前の過去の最高の数字を上回った、東京の優良企業スカイマークは2020年9月までに、再度の株式上場を目指しています。

東京の優良企業スカイマークの本社部門の社員の話によると、民事再生後、売り上げも上がり働く環境や報酬も良くなっているそうです。

整備部門はANAから出向している社員が担当していることが、今後のスカイマークの課題です。

転職・転籍者は、大手から移って来られた方、生え抜きの人とさまざまであり、大手では実現できなかったことを、東京の優良企業スカイマークで達成しようとしている社員もいるようです。

ワークライフバランスの点では、有給は取ろうと思えば100%取れる環境にあり、前もって予定が分かっていれば遠慮なく休むことができるそうです。

接客業なので、精神的なストレスを抱える場合もあるため、メンタルケアや休職制度も設けられているようです。

会社が小さい分、仲の良い関係ができており、グループ同士での付き合いもあります。

女性が多い職場ですので、東京の優良企業スカイマークでは産前産後の休暇や育児休業も取りやすい環境があります。

女性の客室乗務員は、妊娠中は飛行機には乗れなくなりますが、地上の部門で産前の休暇に入るまで働く事ができます。

退職理由としては、給料の安さに比べて仕事量が多いという意見があります。

東京の優良企業スカイマークの基本給は、月額26万円で、年収は504万円で日本の平均的な企業より高いようです。

また、昇給は毎年5000円づつ上がるという意見の人がいました。

東京の優良企業スカイマークでの募集職種は、ランプハンドリング職(正社員)、事務系正社員、技術系正社員、客室乗務職(正社員)、自社養成パイロット(正社員)です。

東京の優良企業スカイマークの選考ステップは

エントリー → エントリーシート提出(ウエブによる提出)→ 一次選考(書類選考) → 二次選考 → 三次選考 → 最終選考 → 内々定 となっています。

まとめ

2016年に経営破綻から再生し、東京の優良企業ANAグループの傘下に入っている、東京の優良企業スカイマークですが、2018年度は過去の最高の利益を更新するなど、再建は順調に進んでいるようです。

2020年中には、再度の株式上場をする予定であります。

航空業界は学生に人気が非常に高く、大手2社に入るのは非常に難関だと言われていますが、スカイマークも東京の優良企業として注目してみてください。

入社の難易度は年収などからも、やさしい方ではないでしょうが、大手2社と併願して受ける方も多いようです。

特に、パイロットを目指している方は、入社してから研修を受け免許が取れる様ですので、穴場な企業かもしれません。
ディスパッチャーやグランドスタッフのような地上職でも人気が集まっています。

興味のある人は、まずはエントリーをしておきましょう。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、スカイマークへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP