ジェットスターってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

ジェットスターってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

ジェットスター・ジャパン株式会社は、平均年収が350万円(推定)。JALが出資しており、LCC業界内でも安定企業として知られています。
また、東京拠点は東京都品川区東品川にあり、日本の三大都市(東京、大阪、名古屋)の空港に拠点を置く唯一のLCCとしても有名です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、ジェットスターはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、ジェットスターの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 ジェットスター】日本で一番運賃の安い外資系の格安航空会社

日本国内の航空旅客メーカーは、東京の優良企業ANAとJALの2社が最大手です。

その2社のか占状態が続いて来たことにより、国内線市場では運賃が高止まり状態にあり、利用者の不満は高まっておりました。

東京の優良企業ジェットスターは、2012年7月より日本国内線を就航し、2015年2月からは国際線の運航も開始しました。現在、国内16都市・24路線、国際4都市・7路線を、25機のエアバスA320型機(180席)で1日約100便を運航しております。

東京の優良企業ジェットスターは、昨年度の利用者数は日本のLCC として最多となる約552万人が利用しています。

東京の優良企業ジェットスターは、既存路線に加え期中に成田=高知線、関西 =高知線、成田=長崎線、成田=下地島線の新規就航および関西=熊本線を再開しました。

東京の優良企業ジェットスターは、国際線は、既存路線を維持し、2019 年 6 月末現在、国内線 15 都市 22 路線・国際 4 都市 7 路線、1 日最大 131 便を運航しました。
充実した国内路線網を基盤として国際路線網も含めた全ての路線網の拡充に引き続き努めているとのことです。

東京の優良企業ジェットスターの親会社はオーストラリアの会社であり、とても自由な雰囲気の会社です。

男性の客室乗務員も多く、優しい人が多いとの評判をよく聞いた事があります。

経験者が多く、年齢もバラバラで産休もあり、産休が終わって勤務を再開した乗務員もいます。

新型コロナウイルスの影響で、中国からの海外便に大きな影響が出ましたが、これはSARSの感染拡大時と同じようにある程度の期間が経過すれば落ち着くものとして、コロナウイルスの影響の部分には触れずに解説します。

2019年度は外国人観光客の日本への入国者は、3000万人を突破し、2025年度には7000万人になると、一部では予想されており、格安運賃を売りにした、東京の優良企業ジェットスターを成長性のある産業と位置付け、研究をしていきたいと思います。

 

東京の優良企業ジェットスターの現状について

東京の優良企業ジェットスターは、会社のマニュアルなどもオーストラリアの本社のマニュアルと同じものを使っています。

外資の良さと日本の良さがミックスされているような会社です。

経営の姿勢はトップダウンで意思決定がされる典型的な外資の企業の体制の会社です。

東京の優良企業ジェットスターの強みは、国内最大の機材数で最多の便を持っており、また、株主にたびたび増資を受けており破綻の心配はないようです。

弱みは、赤字から脱却しようとする展望が感じられず、新しい会社とは思えないほどスピード感に欠けている面があることです。

一方、ジェットスターが東京の優良企業と言えるところは、国内の航空会社の中で最も航空券が安く買える価格競争力です。
格安という文化が日本にもっと定着すれば、将来の展望は良いと言えます。

親会社のジェットスターは、カンタス航空が、格安航空会社のヴァージン・ブルー(現・ヴァージン・オーストラリア)と競争をするために設立した完全子会社の航空会社です。

2004年5月25日から運航開始し、カンタス航空によって2001年11月20日に買収された旧・インパルス航空の経営陣によって経営されています。

日本路線は日本人客室乗務員が乗務しています。

東京の優良企業ジェットスターは、2012年7月1日にはカンタス航空・日本航空・三菱商事の3社が共同出資し、日本を拠点とする「ジェットスター・ジャパン」が就航しました。

東京の優良企業ジェットスターは乗客の利便のため、エコノミークラスではチケットにサービス料金を組み込まず、希望者にのみ別料金でサービスを提供しています。
有料サービス提供時は客室乗務員が座席表にてプリペイド予約の有無を確認しています。

東京の優良企業ジェットスターは、座席にこだわっており、エコノミークラスでもレザーシートが採用されています。
B787型機の機材ではパナソニック社製のeX2と呼ばれる機内向けの音楽プレーヤーが導入されているなど本格的です。

エコノミークラスには2種類設けており、「ジェットセーバーライト」では機内持込手荷物の10kgのみで、受託手荷物として荷物を預けることができませんが、料金が安い価格に設定されています。
一方、「ジェットセーバー」では機内持込手荷物10kgに加え、受託手荷物として20kgまでの荷物を預けることができます。

なお、エコノミークラスでは、いったん予約するとキャンセルができない(予約直後からキャンセル料100%)といった合理化をしています。

就職先としてのジェットスターは

東京の優良企業ジェットスターは、「より多くのお客様に、低価格で安心・安全な楽しい空の旅をしていただきたい」。そんな思いを一緒にかなえていける人材を募集しています。

東京の優良企業ジェットスターは、低価格の航空市場において、より多くのお客様にジェットスターブランドを選んでいただくために、以下の価値を体現することを進めています。

まず、その一つ目はプライスリーダーであること、そして、安全運航・サービス面における確かな品質を提供し、信頼される企業となり、最も愛されるブランドとなることです。

これらの価値を作り出していくのは、ジェットスターのスタッフ一人一人であり、さまざまな経歴、得意分野、国籍、文化を持った多様な人材がアイディアを出し合いながら目標に向かって、ワンチームを結成することで達成できると考えているのです。

関東には東京都内のほか、成田空港の拠点もあります。

企画部門、サポート部門、安全担当部門、管理部門など、専門的分野を担当するオフィスチームがなくては運航が成り立たないとして、採用に重点を置いています。

パイロット、客室乗務員、グランドスタッフを含むオペレーション部門の社員と密に連絡を取り合い、お客様が求めるニーズを把握し、日々ビジネスの改善を推進することをミッションとしているそうです。

応募方法はオンラインによる応募です。

公募されているポジションを確認後、自分に合うポジションにapplyし、履歴書・職務経歴書をアップロードすることで、エントリーが完了します。

応募書類で合格となった方には、電話またはスカイプによる面談が実施されます。志望動機やこれまでの経歴を中心に質問されます。
スカイプまたは電話による面談で合格した方には、対面による面談があります。
部門担当者と採用チームによる面談が実施されますが、その際に該当するポジションの説明・提示を予定しているとのことです。
このようなプロセスを経て内定が出されます。

東京の優良企業ジェットスターの年収は、チーフパーサーなら年収で550万、給与は悪くないがハードワークであることも確かであり、責任者以外の乗務員は480万程度の年収のようです。

まとめ

東京の優良企業ジェットスターは、2012年7月1日にカンタス航空・日本航空・三菱商事の3社が共同出資し、日本を拠点とする「ジェットスター・ジャパン」が就航しました。

日本で最も運賃が安い事を売りにしています。

航空業界は就活生に人気が非常に高く、格安航空会社(LCC)も注目されています。
即戦力が求められ、中途採用が盛んなので、既卒や第二新卒に該当しなくても、不利にならずに入社することができるかもしれません。

興味のある人は、航空業界や外資系企業の転職案件に強いエージェントなどに話を聞いてみると良いでしょう。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、ジェットスターへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP