ANAってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

ANAってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

ANA(全日本空輸株式会社)は、平均年収が776万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都港区東新橋にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、ANAはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、ANAの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 ANA】全社員が日本一の航空メーカーとしての誇りを持つ

日本国内の航空旅客メーカーは、東京の優良企業ANAと東京の優良企業JALの2社です。

東京の優良企業日本航空と言えば、日本政府が株式の半数以上を保有する国営企業でしたが、経営危機におちいり、一度事実上の経営破綻をしたあと、日本エアコミューターとの経営統合により新たなJALとして生まれ変わりました。

そのJALを経営破綻の状態に追い込んだのが、東京の優良企業ANAであり、現在日本1位の実績を誇っています。

民間企業としてコスト意識を高く持ち、質の高いサービスを提供して来たことから、日本1位になれたのだと思います。

新型コロナウイルスの影響で、中国からの海外便に大きな影響が出ましたが、これはSARSの感染拡大時と同じようにある程度の期間が経過すれば落ち着くものとして、コロナウイルスの影響の部分には触れずに解説します。

2019年度は外国人観光客の日本への入国者は、3000万人を突破し、2025年度には7000万人になると、一部では予想されており、東京の優良企業ANAを成長性のある産業と位置付け、研究をしていきたいと思います。

東京の優良企業ANAは、東京オリンピック・国際身体障害者スポーツ大会(パラリンピック)のオフィシャルエアラインパートナーとして、大会の成功に貢献しようとしています。

現在の日本への外国人の興味の度合いは年を追って拡大しており、1つの成長の機会であるオリンピック・パラリンピックでは終わらないはずです。

日本国内だけで見ると、人口減少という問題もあると思いますが、世界的に見ると航空需要はずっと拡大してきていますし、外国人観光客が、オリンピックが終わったからといって、日本に来なくなるとはイメージできません。

今後も安定して伸びて行く業界であり、東京の優良企業ANAはその先頭に位置する企業だと思っています。

東京の優良企業ANAの現状について

東京の優良企業ANAグループの中期経営計画には、「首都圏空港の発着枠拡大」、「アジア・新興国の経済成長」などがあげられています。

東京の優良企業ANA今後の戦略として、アジアや南米地域といった未就航エリアへの進出と、海外エアラインとの提携戦略を打ち出しています。

東京の優良企業ANAの強みは現場力にあると思います。
その背景には、最も重要な安全を中心として人財育成や訓練を重視して、必要な時間とお金をかけているからです。

航空機のオペレーションの部門では、配属時に、航空気象や航空法といった、運航に関わる基本的な知識を、何度となくたたき込まれます。
また、覚えたので終わりではなく、知識や技量の水準を維持するために、定期的に訓練や審査を受けるようになっています。
こうした日々の地道な努力と積み重ねで、現場での対応力が高く維持できているのだと思います。
リーディングカンパニーとしてナンバーワンを目指すといった会社は他にもありますが、東京の優良企業ANAほど、一丸となって目標に向けて努力している会社は決して多くないと思っています。

東京の優良企業ANAの事業の配分ですが、航空84%、航空関連3%、旅行7%、商社6%、その他1%となっており、海外の比率は19%となっています。

東京の優良企業ANAは、羽田から2020年春以降は、イタリアなどの4空港以上へ新規就航予定であり、傘下の格安航空会社であるピーチとは経営統合を完了しています。

東京の優良企業ANAの場業因数は、連結で43,466名、平均年齢は45.5歳、平均年収は776万円となっています。

2019年度の売上高は、2,058,312百万円、利益は110,777百万円となっています。

東京の優良企業ANAの組織や風土は創業者の理念を大切にしているところがあり、行動指針が社員全員にある程度浸透していると思います。

どちらかというと、同期の社員の間では処遇の差はつきにくく、横並びのイメージがあり、社員同士の仲が良く会社全体の雰囲気も良いと思います。

就職先としてのANAは

航空旅客業としては、東京には優良企業ANAとJALしかない訳ですが、両方とも非常に学生に人気の高い企業でありますが、やはり1位のANAの人気の方が高く、入社をするにはかなり難関な企業だといえます。

働きがいとしては、客室乗務員としての意見は、お客様と触れ合う時間は何物にも代えられない貴重な時間であり、接客したお客様に何度か搭乗していただいた際にあいさつをしていただいたり、後日手紙をいただいたりした時はやりがいを感じるそうです。

また、整備士として勤務している方の意見としては、お客様のために働いているという意識が強く、社会インフラを支えて社会に貢献しているといったおもいを強く持っているそうです。

また、ワークライフバランスの点では、事務職として働いている方は、残業がほぼなくプライベートに多くの時間をさける福利厚生が充実しており、国内線はほぼ乗り放題、海外でも1割の運賃で行けるところが魅力だそうです。

客室乗務員の方の意見としては、有給は取りやすいので公休と合わせていつでも旅行に行けるという反面、勤務はきついので休みの日は何もできず、また次の日はフライトの勉強というローテーションが繰り返されているといった意見もありました。

また、会社の強みに関しては、整備員の方の意見としては、羽田の発着枠を東京の優良企業ANA は東京の優良企業ANA JALより多く持っているため収益力は強いと指摘しています。

また、総務の総合職の方の意見としては、国内最大の路線網と国際線では日本発最大の便数を持つことにより、利便性やマイレージプログラムの優位な状態から、ビジネスユーザーにとって最初に想像される航空会社になっている点を挙げています。

また、運行管理の女性の社員の方からは、育児休業や短時間勤務も大手を振って取れますが、シフトで簡単に休めない仕事が多いため責任感が求められるという意見もあります。

選考方法は、プレエントリー → エントリーシート → 説明会 → 面接 → 内々定 となっています。

東京の優良企業ANAの職種と業務内容は、

  • グローバルスタッフ職(事務)

経営企画・財務・法務・総務・人事・広報・IT・マーケティング・プロダクト&サービス企画・調達・セールス・生産管理・運航管理など

  • グローバルスタッフ職(技術)

整備計画の策定・航空機整備に関する技術的方針の決定・航空機部品の調達&管理

  • 客室乗務職

客室サービス・保安

  • 運航乗務職(自社養成パイロット)

航空機の操縦

  • エキスパートスタッフ職(障がい者)

エアライン事業/ビジネスにおいて基幹となる実務を中心に担います。

の5種類の職種があるそうです。

まとめ

東京の優良企業ANAは国内1位の実績を持っているだけあって、社員の会社への意識も、モチベーションも高く維持されているようであり、社員として社会に貢献しているという使命感のような感覚をもっているようです。

これからも、世界の航空事業は伸び続け、また外国人観光客の来日の増加も予想されていて、非常に成長性の高い業界だと思います。

安全に対する意識も、各種の訓練などをつうじて全社員が共有しているようで、頼もしいかぎりです。

就職をするには大変良い企業だと思いますが、学生の人気も非常に高く、入社するのは難関な企業です。

インターンシップに応募をまずはされてみてはどうでしょうか。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、ANAへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP