アマゾンジャパンってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

アマゾンジャパンってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

アマゾンジャパン合同会社は、平均年収が638万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都目黒区下目黒にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、アマゾンジャパンはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、アマゾンジャパンの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 アマゾンジャパン】完全な成果主義で、難易度は高いが超難関ではない

東京の外資系企業アマゾンジャパンと言えば、世界中で知らない人はいない位に有名になりました。

現在では、どの家庭でもパソコンやスマートフォンから手軽に膨大な商品の中から手ごろな価格でみなさん買い物をしているのではないでしょうか。

東京の外資アマゾンジャパンの概要は
本社所在地 東京都目黒区下目黒1丁目8番1号
代表者 社長 ジャスパー・チャン
設立 1998年8月
資本金 非公開
売上 Amazon.com グループ総売上 1360億ドル (2016年 12月期実績)
従業員 グループ総数341,400名(2016年12月時点)
事業内容 各種商品を取り扱う総合オンラインストアの運営サポート です。

東京のアマゾンジャパンは、アメリカに本社を置くAmazon.comの日本法人です。

アマゾンジャパンの現状

東京のアマゾンジャパンが提供するECサイト「Amazon.co.jp」は日本最大を誇るECサイトであり、設立当初は書籍の取り扱いのみでしたが、現在ではあらゆる商品を取り扱っています。

東京のアマゾンジャパンでは、『毎日が常に「Day one」である』という考えのもと、現在も新しく、より満足度の高いサービスの拡大を進めているそうです。

東京のアマゾンジャパンでは、一般事業主が専用サイトを開設できるマーチャント@amazon.co.jpでの取扱商品を拡大し、またAWS(Amazon  Web Service)に代表されるクラウドサービスや、Amazonモバイルサービスの連携強化など、 新たな事業領域への進出をすすめています。

東京のアマゾンジャパンは、世界中でウェブサイトを開設し、世界各地50カ所を超える物流センターを展開する、世界的企業です。

東京のアマゾンジャパンでの採用なので、国内での勤務ですが、社内文書やツールが英語表記のため読み書き程度の英語力は求められ、TOEIC700点が目安とされています。

東京のアマゾンジャパン事業概要は、自分が希望する事業以外にも、会社の主力となる事業をチェックしておきましょう。

東京のアマゾンジャパンに入社をすると、自分が希望している事業以外に異動するケースがあり、本当にその企業で働きたいかどうかはしっかりと考えましょう。

東京のアマゾンジャパンのモデル年収は、550万から900万円です。
社員の平均年収は、638万円で、平均年齢は35.7歳です。

アマゾンジャパンへの転職

東京の外資アマゾンジャパンへ転職は、エージェントの利用が良いといわれています。

東京の他の外資企業と同様に、アマゾンジャパン本体が社員の募集をしていないので、エージェントを使う必要があります。

東京の外資アマゾンジャパンはアメリカの外資企業ですから、社内の公用語は英語です。

東京の外資アマゾンジャパンの年収は、業界内でも高めの年収といえるでしょう。

東京の外資アマゾンジャパンは、完全年俸制で、入社3年後からは基本給に加え、自社株の付与があります。

また3年目まではボーナスが、年4回支給されます。

新卒・中途採用に関係なく、会社のレベル評価制度で年俸が決まりますが、中途採用の場合は前職からのスライドという形が多く、同じ職種でも数百万円の差があります。

東京の外資アマゾンジャパンの平均残業時間は、30〜40時間です。

競合の楽天・ヤフーなどと比較すると残業時間は少ないといえます。

東京の外資アマゾンジャパンの業務量は少なくありませんが、残業時間の上限が設けられ、完全なフレックスタイム制を導入しているため、自分で働き方をコントロールしやすい環境は整っています。

残業代は年俸込みとなっており、別途支給はありませんが、年収が比較的高いため社員からの不満はないようです。

東京の外資アマゾンジャパンでは、役職に関係なく、全ての従業員がリーダーシップを持って働くことを大切にしており、そのために「Leadership Principles」という従業員の行動原則があり、14の要件が提示されています

実際に東京の外資アマゾンジャパンへの転職を検討する場合には、前職での経験を14の要件に照らし合わせ、自分自身のリーダーシップを発揮した経験や成果について、あらかじめ整理をしておきましょう。

東京の外資アマゾンジャパンの事務系の職種は営業、調達などの複数職種で募集があります。

東京の外資アマゾンジャパンでは、ウエブプロデューサーなどの、同業界での業験の経験が必要な職種もありますが、営業職などでは法人の営業経験があれば応募できる職種もあり、転職を考えている人にもおすすめの会社です。

東京の外資アマゾンジャパンでは、技術職では、ネットワークシステムエンジニア職や、生産設備メンテナンスエンジニア職の募集がありました。

両方とも全国各地の物流倉庫(フルフィルメントセンター)ですが、世界の各国のエンジニアとの交流もある国際色豊かな職種です。

東京の外資アマゾンジャパンでは既存システムや生産設備の管理だけでなく、新規システム、生産設備の立ち上げにも携われます。

東京の外資アマゾンジャパンでは工程内での配送業務を行うのではなく、より効率的で的確な工程管理を実現するために、実際の工程のカイゼン活動や、従業員の職場環境の整備、各設備コストの改善まで、倉庫全体を管理する職種です。

東京の外資アマゾンジャパンでの、中途入社社員の前職例としては、製造メーカーの生産管理経験者や、大手チェーン店でのSV経験者などがいるようです。

 

まとめ

アマゾンもグーグルに続いて、世界の外資系でGAFAがまた出てきました。

東京の外資アマゾンジャパンも、アメリカの会社で完全な成果主義の会社です。

東京の外資アマゾンジャパンは、求人数の多さから、競合他社ほど入社が難しい企業ではないようです。

東京の外資アマゾンジャパンに入社を希望する場合は、エージェントに相談しましょう。
職務経歴書の段階で、経験して来た業務とスキルを書く必要がありますので、書き方はエージェントに相談してみましょう。

さて、アマゾンジャパンは最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。
さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めており、中小企業出身者にも入社のチャンスがあります。
もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。

また、社会人としての基礎ができている第二新卒も歓迎されているそうです。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、アマゾンジャパンの中途採用の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

アマゾンジャパンのような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、アマゾンジャパンへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP