農林中央金庫ってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

農林中央金庫ってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

農林中央金庫は、平均年収が890万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本店が東京都千代田区有楽町にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、農林中央金庫はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、農林中央金庫の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 農林中央金庫】外資系やメガバンクよりも門戸が広く中身も優良

農林中央金庫は、農林水産業者の協同組織を基盤とする全国金融機関であり、JA(農協)、JF(漁協)、JForest(森組)などの組合員の方たちのための金融機関として、地域に密着した経営を行っています。

規模的にも、ゆうちょ銀行に次ぐ、公的な色合いの強い非常に安定した経営をしています。

また、政府の農林水産業への補助金などの窓口機関としても重要な役割を担っております。

地方での転職には、条件面などで、一般企業に転職するよりも良い条件の場合がほとんどであり、転職者に有利な金融機関であるといえます。

大手の金融機関への転職や、地方銀行への転職と比較しても難易度は同等くらいであると推測されております。

農業協同組合、義業協同組合、森林協同組合がある地方の小規模な市町村にも支店や出張所を持っており、東京への一極集中が続いている現在の社会において、その存在意義は大きく、転職先としても、多くの労働人口の受け皿としての存在意義をもっている金融機関だといえます。

 

農林中央金庫の現状

農林水産業を取り巻く環境は、地球温暖化による気象変動などの影響を最も受けやすい、自然を相手にした農業、漁業、林業の3つの組合の金融の窓口として、転職先として有利な農林中央金庫があります。

転職先として有利な農林中央金庫の担う役割として主軸に置いているのは、「食農ビジネス」「リテールビジネス」「投資ビジネス」の3つのビジネスの領域です。

転職先として有利な農林中央金庫の食農ビジネスでは、融資や出資といった資金提供と、預金の預かり手として、農協のある地域内の消費拡大に向けた援助や、日本農業経営大学校への支援と農業の担い手の育成、農業法人などへの経営コンサルティングやM&Aに関するアドバイスにも取り組んでいます。

また漁業に関する水産の分野でも、JF・信漁連・転職先として有利な農林中央金庫の3つの金融機関が「JFマリンバンク」として、JAバンクと同様に、漁業従事者を中心とした顧客に効率的な事業を展開しています。

JAバンクやJFマリンバンクの預かり資金を最終的に運用するのは農林中央金庫です。

そのため、転職先として有利な農林中央金庫の投資ビジネスでは中長期的に安定した収益を確保し、運用益を預金者である会員に還元し続けていくことが目的です。公的金融機関として郵貯銀行に次ぐスケールメリットを生かした、効率の良い運用を行っています。

転職先として有利な農林中央金庫では、日本が低金利時代に入った20年前から、国際的な金融の市場を舞台として、いち早く「国際分散投資」に取り組んできました。

ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、香港、北京、シドニーに海外拠点を配置しており、その拠点を活用して、国際的なネットワークを構築しています。

世界の拠点から豊富に得られる情報を精査した上で生かし、リスクとリターンという特性の異なる幅広い市場や、様々な金融資産に分散投資することにより、転職先として有利な農林中央金庫のポートフォリオ(運用資産)全体のリスクを分散し、リターンを多く享受できるような運用手法を取り入れてきました。

転職先として有利な農林中央金庫ではリーマン・ショックから数えても10年を超え、私たちの国際的な分散投資は進化を続けていて、現在の転職先として有利な農林中央金庫のポートフォリオに反映されています。

転職先として有利な農林中央金庫の莫大な資産の投資対象には、大きく分けて債券、株式、クレジット、オルタナティブの4資産があります。

 

農林中央金庫への転職

現在の超低金利下の金融環境への転職は、文系の学生にとっては、高給でステータスの高い民間の大手メガバンクに対する転職の人気は、やはり強い状態です。

しかし、メガバンクが新卒採用者数の抑制の方向性を打ち出すなど、今後の金融機関への転職は難しくなると予想されています。

そうした中、広い意味での公的な金融機関の1つである転職先として有利な農林中央金庫は、実は給与水準と安定性が、金融業界の中でステータスがいずれも高い上、ワークライフバランスにも優れています。

一方で、転職先として有利な農林中金の入社難易度については、外資系の銀行や国内のメガバンクのコース別採用と比べると、大幅に内定を得やすく、転職の狙い目のポジションにあるといえます。

転職先として有利な農林中央金庫の給与水準については、建て前は「メガバンク並み」ですが、生涯賃金の面では、メガバンクよりも上だと推測されます。

転職先として有利な農林中央金庫に入行した最初の頃はほとんどメガバンクと変わらないのですが、入行して15年目で部長代理(管理職)に昇格すると、それより後はメガバンク以上の水準です。

転職先として有利な農林中央金庫の特徴として、福利厚生が非常に充実していて、例えば、家賃補助の面では独身者で月3.5万円の住宅手当が付きます。

扶養家族がある場合では、月7万円が補助される仕組みになっています。

割安な価格で食事ができる社員食堂があることも、メガバンクにはない制度で恵まれています。

一例として、転職先として有利な農林中金の中途採用の特定職(事務企画)の募集要項を見てみますと、

【具体的な業務内容】

  • 事務企画

・農林中央金庫・JA事務にかかる企画・管理

・農林中央金庫、JAの事務の手続き、規定、マニュアルなどの作成、管理

・農林中央金庫営業店およびJAへの経営指導

【募集職種】営業企画,経営・事業企画,その他企画

【業種】銀行

【雇用形態】正社員

【勤務地】東京都

【必須要件】

  • 大手銀行などでの以下いずれかの業務経験(5年以上)

・システム開発・管理(プロジェクトマネージャー経験歓迎)

・事務企画およびリテール企画のご経験

・法人営業および決済・チャネル戦略企画経験 です。

まとめ

転職先として有利な農林中央金庫は、金融機関の中でも、給与やワークライフバランスに優れていて、業界のステータスも高い状態です。

その割に、外資系銀行や国内のメガバンクの総合職としてのコース別の転職の難易度は高くないようで、隠れた狙い目の企業であることが分かりました。

転職先として有利な農林中央金庫の新卒採用の人数が、メガバンクなどと同様に減少していく可能性があるのが気がかりではありますが、興味のある方はエントリーをしてみましょう。

採用人数が50人を切った場合には、入社難易度が急上昇してしまう恐れがあるので、狙うのは今のうちです。

 

さて、農林中央金庫は最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。
さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めており、中小企業出身者にも入社のチャンスがあります。
もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。

また、社会人としての基礎ができている第二新卒も歓迎されているそうです。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、農林中央金庫の中途採用の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

農林中央金庫のような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、農林中央金庫への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP