JALってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

JALってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

JAL(日本航空株式会社)は、平均年収が867万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都品川区東品川にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、JALはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、JALの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 JAL(日本航空)】日本の国旗を掲げて大空を飛ぶANAに次ぐ日本2位のメーカー

東京の優良企業日本航空と言えば、日本政府が株式の半数以上を保有する国営企業でしたが、経営危機におちいり、一度事実上の経営破綻をしたあと、日本エアコミューターとの経営統合により新たなJALとして生まれ変わりました。

以後の経営状況は東京の優良企業にふさわしい、健全な経営体質を維持した企業へと生まれ変わりました。

東京の優良企業JAL日本航空は、2019~2020年度の重点ポイントとして、

「ネットワークを磨き上げる」をスローガンにして、2020年度に予定される首都圏空港の機能強化に向けて確実な準備を行い、 提携パートナーを増やし、2020年度中にグランドデザイン「世界の主要500都市への乗り入れ」の早期実現を目指しています。

フルサービスキャリア事業の磨き上げと、中長距離LCC事業による新たなマーケットの創出に加え、国内空路を含む短距離LCC領域はパートナーと連携を深めることで、多様なニーズにお応えできる旅客事業のポートフォリオを構築するとしています。

LCCパートナーとしては、オーストラリアの航空会社ジェットスターと提携関係を構築しております。

東京の優良企業JALは、航空会社として最も重要な「安全・安心の再構築」に向けて必要な取り組みを実施し、2020年度に向けて、落下物および保安への対策を強化するという方針を示しています。

新型コロナウイルスの影響で、中国からの海外便に大きな影響が出ましたが、これはSARSの感染拡大時と同じようにある程度の期間が経過すれば落ち着くものとして、コロナウイルスの影響の部分には触れずに解説します。

2019年度は外国人観光客の日本への入国者は、3000万人を突破し、2025年度には7000万人になると、一部では予想されており、東京の優良企業JALを成長性のある産業と位置付け、研究をしていきたいと思います。

 

東京の優良企業JALの現状

東京の優良企業日本航空の売上高の構成比率は、航空運送83%その他17%、海外比率41%となっており、航空部門の売り上げが全体の9割に達しています。

国内線、国際線ともに2位に位置し、公的資金投入とリストラの推進によって会社更生法の基準をクリアしています。

2019年度の売上は、1,487,261百万円、利益は150,807百万円となっています。

東京の優良な航空会社だけに、いろいろな職種があり、業務企画職(地上職 事務系)、業務企画職(地上職 数理・IT系)、業務企画職(地上職 技術系)、自社養成パイロット客室乗務職の4つに分かれています。

文系、理系のほかパイロットやキャビンアテンダントのような搭乗業務もあり、役割は非常に多くありそうです。

現在は採用人数も増やし、有給もかなり取得しやすく、また体力的にも負担の大きいフライトなどは勤務改善が少しずつ行われているようです。

ナショナルフラッグキャリアとして日本の国旗を機体に掲げているというプライドを持っていましたが、世の中の流れにうまくついて行けず、東京の優良企業ANAの追い上げにあって、現在は国内の2位にあります。

基本的には、国有企業のなごりがあって、年功序列であり、若手の意見よりベテランの意見のほうが取り上げられやすい環境にあるようです。

東京の優良企業JALで働くという事に対して誇りを持っている人が多いようで、皆で頑張ろうという意識は感じられるそうです。

またJALは東京の優良企業であるものの、新しいプロジェクトを立ち上げる際に、調整すべき部署が多すぎるために、意思決定に長い時間がかかる傾向にあるようです。

また、東京の優良企業JALでは、温和な人か多く、上司に怒鳴られるといった光景は見た事がないという人ばかりでした。

 

東京の優良企業JALへの就職

東京の優良企業JAでの働きがいとしては、現場の最前線にいるため、お客様の反応をダイレクトに感じる事ができると言った意見や、接客の仕事が好きな人にとってはやりがいは十分にあるといった意見が多いようです。

東京の優良企業JALでは、働き方として有給休暇は取りやすいと思っている人が多く、就業時間もしっかりと管理されているそうです。

仕事と休みがはっきりしていて、プライベートの時間は自分のためにしっかりと使えるそうで、月の休みは最低でも10日は付与されるそうです。

東京の優良企業JALの強みは採算意識が強く、合理的な経営をしているそうですが、全社に浸透しているとまでは言えないそうです。

また、東京の優良企業JALでは福利厚生が他社と比較すると良くないため、社員のモチベーションが低くなることが心配されるといった意見がありました。

また、東京の優良企業JALのキャビンアテンダント職は、99%女性のため出産や育児、それに伴う休職への理解はあるそうです。

東京の優良企業JALでは、女性の管理職が多いので、昇進意欲がある人はやりがいを持って働けるとのことです。

平均年収は、平成29年度は867万円です。

東京の優良企業JALの各年齢を5歳刻みで年齢による年収を厚労省の統計からみたところ最大年収を迎える50代の年収が904万円前後と予測され、働き盛りの30代の年収はおよそ752万円あたりと推測されます。

東京の優良企業JALでは毎年欠かさず新卒向けの採用を行っていて、人気企業ということで倍率は高いようですが、東京の優良企業JALは東京の優良企業ANAと比べると人気度は低いものの、それでも選考を希望する学生は膨大にいるようです。

かなりの難関企業といえるでしょう。

2018年度の採用人数は301名でした。

また、志望動機は、入社3年後定着率90%以上であり、平均勤続年数15年以上、海外で働けること、英語を使うことがあることがあげられています。

募集職種

■業務企画職

原則、1日8時間、週40時間。勤務時間 08:45~17:45

完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、年次有給休暇、特別休暇

※休憩1時間含む。柔軟な働き方をサポートする勤務時間帯選択制度、在宅勤務制度

■客室乗務職

土日祝を含むシフト勤務

1ヵ月変形労働時間制(週平均40時間)

月間10~11日休み

年次有給休暇、特別休暇

■運航乗務員訓練生(自社養成パイロット)

土日祝日を含む変則勤務

月間10~11日休み

(1ヵ月変形労働時間制 月間総労働時間最大175時間、1ヵ月を平均して週40時間以内。)

年次有給休暇、特別休暇

の3職種で、基本給は

■業務企画職 (地上職 事務系)

大卒、大学院卒初任給(月給) 228,000円

■業務企画職 (地上職 数理・IT系)

大卒、大学院卒初任給(月給) 228,000円

■業務企画職 (地上職 技術系)

大卒初任給(月給) 228,000円

■客室乗務職

大卒、短大卒、専門、高専卒初任給(月給) 188,000円

■運航乗務員訓練生(自社養成パイロット)

大卒初任給(月給) 218,000円です。

 

まとめ

東京の優良企業JALは、一度は経営破綻したものの、日本で二位の航空会社であり学生の人気も非常に高いようで、かなり入社するには難関企業であるようです。

特に、女性の比率が高く、管理職も多くいるようで、女性にとってはいい条件の会社だと思いました。

日本政府専用機もJALの機体を使っており、社員には日本を代表する航空会社という誇りを持っている人が多くいて、モチベーションは高く保たれているそうです。

これから、外国人観光客7000万人の時代を迎えようとしており、引き続き大きな成長が期待できる、東京の優良企業だと強く思いました。

 

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、JALへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP