デロイト トーマツ コンサルティングってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

デロイト トーマツ コンサルティングってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、平均年収が1100万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都千代田区丸の内にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、デロイト トーマツ コンサルティングはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、デロイト トーマツ コンサルティングの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 デロイト トーマツ コンサルティング】世界で5000人超を擁する業界最大規模コンサル

デロイト トーマツ コンサルティングは、1993年4月に設立し、資本金は5億円(2017年11月)、売上は388億ドル(全世界ベース、2017年5月)、従業員 2,542名(2017年4月)のコンサルタント会社です。

デロイト トーマツ コンサルティングは、世界四大会計事務所の1つであるデロイト トウシュ トーマツの日本法人として、日本のコンサルティングサービスを担っています。

デロイト トーマツ コンサルティングは、クライアントの経営課題を支援するために、戦略立案から遂行・改善まで幅広いサービスを提供しています。

デロイト トーマツ コンサルティングは様々な業界・業種ごとの専門的知識とプロジェクト経験を持つ「インダストリーサービス」と、顧客の様々な組織、機能、目的に対応したサービスを提供する「コンピテンシーサービス」の2つの切り口で展開しています。

 

デロイト トーマツ コンサルティングの現状

デロイト トーマツ コンサルティングの2大サービスの1つは、インダストリーサービスであり、

  • コンシューマービジネス ●金融(銀行・証券) ●金融 (保険) ●ライフサイエンス&ヘルスケア ●電機・ハイテク・メディア・通信 ●航空宇宙・防衛・インフラ産業 ●素材産業 ●自動車 ●資源エネルギー ●パブリックセクター の10種類のサービスを手掛けています。

また、デロイト トーマツ コンサルティングの2大サービスの、もう1つは、コンピテンシーサービスであり、

  • ストラテジー/Monitor Deloitte ●組織改革・再編 ●M&A (Pre M&A) M&A (PMI/M&A成立後の統合プロセス) ●最高財務責任者サービス ●オペレーション変革 ●ヒューマンキャピタル ●テクノロジー●Deloitte Digital  の8種類のサービスを手掛けています。

デロイト トーマツ コンサルティングのトップメッセージと事業計画については、

デロイト トーマツ コンサルティングは、『100年先に続くバリューを、日本から。』と掲げ、顧客の課題解決はもちろん、持続が可能な社会の創造とその発展に貢献していくことを目指しています。

2018年に就任した宗社長は、優秀な人材を集めるために、”コンサルティング会社は長時間労働でハード” というイメージを変えると宣言しています。

そして、外資系としては珍しく、より質の高い研修などを通じてコンサルタントのレベルをさらに高めるとともに、徹底した効率の重視と収益性の向上を推進しますと、日本式経営の社内研修をするといっています。

また、外資系のデロイト トーマツ コンサルティングですが、海外との連携は緩やかで、日本企業の持つ雰囲気も強いという声もあります。

 

デロイト トーマツ コンサルティングへの転職

デロイト トーマツ コンサルティングですが、転職者の募集を随時、直接応募で受け付けている点が日本的と言えます。

一部のポジションは公開されています。
もちろん、非公開求人も多数ありますので、自分が希望するポジションが今オープンしているのかどうかは転職エージェントに問い合わせてみると良いでしょう。

デロイト トーマツ コンサルティングへの転職後の仕事内容は、
コンシューマサービス/金融/ライフサイエンス/情報・メディア/製造/航空・運輸など、担当インダストリーに特化した経営コンサルティングを行います。

具体的には、業種別のニーズに的確にお応えするため、組織の枠をこえたチームを編成し、企業の「変革」に寄与するコンサルティングを行います。

経験に応じて、いずれかのインダストリーを担当していただきます。

◎コンシューマビジネス(消費財、小売・流通関連など)

◎金融

◎ライフサイエンス&ヘルスケア

◎製造(航空宇宙・防衛、産業機械、総合電機、素材産業、自動車など)

◎情報・メディア・通信

◎資源エネルギー

◎パブリックセクター

◎不動産

デロイト トーマツ コンサルティングへの転職の対象となる方は、

経営コンサルタントとしての実務経験(2年以上)、または担当インダストリーの事業会社における実務経験(3年以上)をお持ちの方で、

  • 大卒以上
  • 以下いずれかの項目に該当する方

L 経営コンサルタントとしての実務経験を2年以上お持ちの方

L 担当インダストリーの事業会社において、3年以上の実務経験を持ち、

その業務経験・ナレッジを生かして、経営コンサルタントとして活躍したいという方

  • ビジネスで通用するレベルの以上の英語力

【歓迎する経験・スキル】

◎日本企業および担当業界全体のグローバルな環境や競争力向上を推進した経験

◎チームリーダー、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーとして改革を推進した経験

◎業務改革プロジェクトに従事した経験

などとなっています。

デロイト トーマツ コンサルティング募集要項は、雇用形態 正社員

デロイト トーマツ コンサルティング勤務時間は、裁量労働制(1日あたりのみなし労働時間7時間)※企画業務型

デロイト トーマツ コンサルティング勤務地は、東京、大阪、福岡 ※ただしプロジェクトにより他日本国内、北米、欧州、アジア各国での勤務の可能性もあります

■東京 東京都千代田区 ■大阪 大阪市中央区 ■福岡 福岡県福岡市中央区

■東京(クリエイティブハウス 乃木坂)東京都港区赤坂 であり、I

デロイト トーマツ コンサルティング給与は、●年俸制500万円以上 ※経験・スキルを考慮の上、当社規定により優遇いたします。

初年度の年収 500万円~1000万円です。

 

まとめ

デロイト トーマツ コンサルティングであるが、他の外資系会社とは違って、日本の雇用環境や制度に適応している部分が多いといえます。

外資では成果主義のみで、社内の研修などはありませんが、デロイト トーマツ コンサルティングでは、研修に相当な力を入れているようです。

コンサルタント経験を持つ者を採用して、自社のノウハウを研修で取得させた上で、クライアントにサービスを提供するという、外資と日本の良い部分を合わせたような企業だと思いました。

さて、デロイト トーマツ コンサルティングは最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。
さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めており、中小企業出身者にも入社のチャンスがあります。
もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。

また、社会人としての基礎ができている第二新卒も歓迎されているそうです。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、デロイト トーマツ コンサルティングの中途採用の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

デロイト トーマツ コンサルティングのような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、デロイト トーマツ コンサルティングへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP