通信業界転職体験レポート&上京就活アドバイス4選

学校や独学でせっかくスキルを身につけたのに、地元で別の仕事に就いている。
一応、志望業界では働いているけれど、地方の会社ではキャリアアップに限界がある。

そんな現状を変えるために、東京で転職先を探したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

挑戦したいという気持ちはあっても、

  • 地方から、東京の会社の情報収集はどうやってすればいい?
  • 内定までどれくらいの選考ステップがあるんだろう。
  • 地方在住者は不利にならないだろうか。

など、不安は尽きないものです。

そこで、当サイト「みさぽ」では、IT業界の通信関連企業に転職した人の就活体験レポートを集めました。

地方から上京して通信関連企業に転職したい人への、転職体験者からのアドバイスをぜひ参考にしてください。

また、地方にいる間はあまり気にしていなかった注意点も挙げていますので、通信関連企業に応募する前にチェックしておきましょう。

上京したいけれど、何から手を付ければいいんだろう・・・
ひとりで就活するのは不安な方に・・・

無料上京相談

を実施しています。お気軽にご相談ください!

【転職者アドバイス】頻繁に上京して就活できない場合の対策とは?

今回は地方から東京の通信業界(NTTドコモやKDDIなど)に入社するための、応募書類の書き方や、面接の対処方法などについて、転職経験者からアドバイスを集めました。

東京の通信業界の応募書類へのエントリーはこうする!

東京の通信業界での情報収集やエントリーは地方からでも簡単にできます。

東京のNTTドコモのケースを取り上げますと、新卒は事務系総合職・技術系総合職で受付けており、中途は、ドコモグループ統一の有期社員制度にて採用を行っております。

新卒枠に既卒でも応募でき、年齢制限は特に設けていないとのことです。

企業が直接、web説明会を行っていない場合は、転職エージェントに登録し、希望の業界や企業を伝えると、対面でカウンセリングを受けなくても企業へのエントリー、面接の日程調整などを行ってもらえます。

対面サポートか電話サポートかを選べるエージェントもあれば、スカイプなどのコミュニケーションツールを活用し、web面談に対応する転職エージェントもあります。

担当者のレスポンスが早いので、地方にいても焦りを感じなかったという声が多いようです。

東京の通信業界の書類選考はコレ!

東京の通信業界のNTTドコモは新卒、中途ともにエントリーシートを用いて、書類選考が行われます。

選考フローは新卒の場合4段階あり、一次面接(1次)→グループディスカッション(2次)→二次面接(3次)→最終面接(4次)です。

中途採用では1段階で、面接のみですが、職種によっては適性検査が行われます。

エントリーシートは、書類選考に使われるだけでなく、後の面接選考にも使われますので、非常に重要な書類です。

東京の通信業界のNTTドコモのエントリーシートは、志望動機のほか

  • 学生時代にチャレンジしたエピソードを語ってください(成功・失敗どちらでも)(400字)
  • ドコモでかなえたい夢を教えてください(300字)の、2つの質問に対する回答をする形式です。

東京の通信業界でも、自分自身の発想や、売りになる点を重点的に書きましょう。

自己PRについては、地方出身者ならではの、東京の通信業界での、自分の到達したい目標や夢などを書類の中に盛り込み、面接官が質問したくなるような刺激的な内容を必ず入れておきましょう。

また、面接での話題につながるような面接官の心を引くようなエピソードを、具体例をあげて書きましょう。

転職に成功した人の体験談によると、企業に提出する前にエントリーシートを添削してもらったという人が多くを占めました。

相談相手は、大学の先輩、同じ業界の先輩など知り合いに頼んだという人、身近に相談相手がいなかったので転職エージェントの担当者に添削してもらった、などがありました。

「入社後にやりたいこと」などは自分の思いを客観的に伝えないといけないので、第三者の視点で誰かに読んでもらうとブラッシュアップできるようです。

実は、実務経験者で「キャリア採用」を狙っている人ほど、書類の添削を受けて周到な準備をしている傾向がありました。

東京の通信業界の面接はこう乗り切る!

東京の通信業界の面接試験は、1次と2次面接の2回あり、3対1(受験者)の面接です。

まず、志望動機は両方の面接で確実に聞かれます。

1分程度で答えられるよう暗記しておきましょう。

また、東京や地方はもちろん、世界中の政治・経済、通信の状況、芸術、芸能、一般常識についても、幅広く勉強しておきましょう。

質問はエントリーシートで書いた内容を中心に聞かれます。

書いた内容について自分の言葉で、対応ができるように練習をしておき、あなたの通信業界に対する熱意や論理的思考力、企画力や折衝力や判断力、ひいては豊かな人間性をアピールしましょう。

また、5Gなどの成長性、他社との競合についても、自分の独自の考え方を整理しておき、どのような質問がされても対応できるように勉強をしておきましょう。

面接準備としては、転職サイトに載っている面接頻出質問を使って自分で想定問答集を作ったという人や、転職エージェントから企業別の頻出質問や、答え方のポイントを事前に教えてもらったという人もいました。

ほかにも「みさぽ」では地方から東京に転職した先輩たちのたくさんの体験談を集めています。
成功事例と失敗事例、両方をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

上京して転職した人の体験談をチェック

通信業界では、中途採用でも複数回面接に出向かなければならないのが実態です。
そこで、「みさぽ」では面接に行くときの東京での滞在場所でお困りの方に向けて

無料上京相談

を実施しています。お気軽にご相談ください!

東京の企業に転職して、一人暮らしできるか心配な人には?

地方から上京して転職した人に困ったことを挙げてもらったところ、最大の問題は「住むところをどうするか」でした。

通信企業の本社は多くが都心にあり、現実的に、会社のすぐ近くに住むことはできません。
そこで、当サイト「みさぽ」では、電車に乗る時間が片道30分以内、会社からドアツードアで1時間以内など、皆さんの通勤の要望に合った条件を一緒に考え、物件探しのお手伝いをしています。

会社の立地によっては、23区外や神奈川・埼玉・千葉といった近県に住んでも通勤に困らないケースもあります。
もちろん、せっかくの上京なので、住んでみたいエリアや路線がある人もいるでしょう。
選考が進んできたり、内定を受諾するか迷ったりしたら、地方から上京する方の場合、立地を判断材料としてみてはいかがでしょうか。

通信業界大手の企業の立地や特徴をチェックしてみましょう。


他にも東京には通信業界の優良企業がたくさんあります。
転職におススメの、「ホワイト企業」をまとめましたので、参考にしてみてください。

通信業界の企業研究をチェック

まとめ

IT業界の通信関連企業に転職した人の就活体験に基づき、転職のコツをまとめると以下のことがわかりました。

インターネット業界転職のコツ
①エントリーまではweb説明会、web面談を活用して上京せずに済ませる
②書類は志望動機、やりたいことなどを客観的に添削してもらう
③面接には事前に想定問答集を作っておくこと
④入社企業に迷ったら、立地で選んで一人暮らしに備えよう

上京して通信業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、東京で通信業界への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した業界や企業に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

 

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP