三井物産ってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

三井物産ってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

三井物産株式会社は、平均年収が1,213万円と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都千代田区丸の内にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、三井物産はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、三井物産の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 三井物産】総合商社日本第二位、世界を相手に大きな仕事ができる

東京の優良企業三井物産ですが、日本の総合商社5社の内、東京の優良企業三菱商事に次いで、2位に位置します。

東京の優良企業三井物産あらゆる産業に関わり、あらゆる変化に対応して、新しい事業を育て、新しい価値を生み出していきます。
東京の優良企業三井物産は創業以来、そうした「挑戦と創造」を積み重ね、常に進化を続けてきました。

重点分野に応じた最適な組織の体制、幅広い機能と専門性の融合、グローバル地域戦略の追求といった時代の動く先を見据えて集約されたのが、さまざまな機能と専門性によって編成された500社以上にも上る東京の優良企業三井物産グループ企業です。

東京の優良企業三井物産が持つ膨大な資産(人的資産、ビジネス・ノウハウ、顧客ネットワークなど)はこれらのグループ企業に継承され、現在では各社がその資産を活用しつつ、機能・専門性に磨きをかけています。

高いスペシャリティと現状維持に満足しない「挑戦と創造」という企業文化が、東京の優良企業三井物産グループ各社をユニークな存在にしていると言えるでしょう。

東京の優良企業三井物産とグループ企業のシナジーによって生まれるダイナミックな総合力で多彩な市場の要求に的確に応え、「三井物産グループ」は日本・世界に大きなインパクトを与え続けます。

大切な地球とそこに住む人の未来を創造することに貢献する。
それが東京の優良企業「三井物産グループ」です。

東京の優良企業三井物産の現状

2017年3月期の有価証券報告書によれば、2017年3月期の有価証券報告書によれば、東京の優良企業三井物産の単体の従業員数は5971人。従業員の平均年齢は42.4歳で、平均年収は1213万円もあり、サラリーマンの夢といってもよい年収1000万円を大きくこえています。

また、事業分野ごとの従業員数を見ると、最も多いのが「生活産業」の824人。次いで多いのが「機械・インフラ」の791人、「化学品」の598人となっています。

東京の優良企業三井物産は2016年3月期に創業以来初の連結赤字となりました。
それを受けて、2017年5月に東京の優良企業三井物産は新中期経営計画を発表しています。
同社は2016年3月期に創業以来、初めての連結赤字に陥りました。

今回の中期経営計画は、そうした業績面の危機から脱却することを目指した戦略を踏まえたものだといえるでしょう。

ご承知のように、現在の総合商社は「モノを右から左に流す企業」という側面だけではなく、エネルギー領域などでは権益獲得などの「投資家としての顔」がより目立つようになってきています。

したがって、キャッシュをいかに寝かさないか、またリターンを高めるかといったアセットアロケーションは企業価値の肝でもあるといえます。

東京の優良企業三井物産はそのキャッシュフロー管理を強化し、「キャッシュ創出力」の拡充を図る方向です。
そのため、2017年3月期に基礎営業キャッシュフローで5000億円弱であった水準を、2020年3月期には6300億円まで高めることを目指しています。

その成長の推進力は「金属資源・エネルギー」セグメントであり、次いで「機械・インフラ」、「化学品」です。

東京の優良企業三井物産は、同中期経営計画では当期純利益の目標も発表されていますが、2017年3月期で3061億円の利益目標の水準を2020年3月期には4400億円にまで拡大しようとしています。

ここでの成長ドライバーとなる主なセグメントは、先ほどと同様に「金属資源・エネルギー」、「機械・インフラ」、「化学品」です。

東京の優良企業三井物産の、今回の中期経営計画では新たな分野への挑戦も掲げられています。

具体的には、「モビリティ」、「ヘルスケア」、「ニュートリション・アグリカルチャー」、「リテール・サービス」といった4つの成長分野を特定し、ダイナミックな経営資源の配分を行うとしています。

そして、ここまで見てきたキャッシュを「金属資源・エネルギー」などの中核分野に65%、成長分野に35%投入するというように、成長分野への資源配分を怠らない姿勢を見せています。

東京の優良企業三井物産への就職

東京の優良企業三井物産の内定者は全体で約140名でした。

国公立大学や私立の総合大学のほか、海外大学、外語大などからの内定者も確認されています。
東京の優良企業三井物産は、総合商社の中でも、相対的に見て優秀な学生は学歴を問わず内定を獲得しているようです。

学生時代の経験としては、文系では海外経験・体育会出身者が大半を占め、一方理系では研究に打ち込んできた学生も多いです。

東京の優良企業三井物産は幅広いバックグラウンドを持った学生を採用しています。
他商社と比較すると、体育会出身者の割合は高くなっているようです。

東京の優良企業三井物産は同一タイプではなく、さまざまな個性を持った学生を採用していることが大きな特徴です。

東京の優良企業三井物産には、物事にエネルギッシュに取り組む文化があります。
社員や内定者にも、体育会など熱意が求められるフィールドで活躍してきた人が多く、
熱い人間が多く、がむしゃらに働く傾向あり」(20代男性社員)という社員の声もあります。

東京の優良企業三井物産での働きがいは、日本から海外に出て行くような仕事が多く、国内でのビジネスに満足していない社員にとってはやりがいがあるといった社員の声もあるようです。

東京の優良企業三井物産の働き方としては、有給休暇の取得率は70%以上で、やる事をきちんとやっていれば、時間帯での勤務や連続休暇も取りやすい傾向にあるようです。

東京の優良企業三井物産の女性の働き方に関しては、残業も10時間程度で、日常では働きやすいそうです。
ただし、海外出張のある仕事には相当のバイタリティーと家事の分担ができる環境が欠かせないとのこと。
仕事に男女の区別はあまりないようですが、管理職になるためには周囲のバックアップが必要であるようです。

まとめ

2016年度に初の赤字を出して以降、社内の改革に対する機運は高まっているようですが、現場の社員までは浸透していないようです。

大手商社は、日本で最も年収が高く、海外赴任がつきものの学生があこがれるような東京の優良企業ですが、入社の難易度も相当に難しいようです。
ただし、採用される人のタイプは一律ではなく、大人しめの人から体育会系、バイリンガルの人まで実に多様な人が採用されています。

多様な人材を受け入れるという観点から、中途採用・キャリア採用も盛んです。

内定のコツは、転職エージェントを活用して三井物産に特化した対策を行うことのようです。
インターネットだけでは分からない三井物産の情報を聞いてみると良いでしょう。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、三井物産への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP