テクニカルサポートに地方から上京転職するコツ&5つの体験談

既卒や第二新卒でテクニカルサポートとして働きたいと考えている皆さん、地方から転職して働きたいと考えている皆さん、

実際に未経験でテクニカルサポートに転職した人の体験を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

東京では地方ではあまり見られないIT企業の求人が多く、おしゃれなオフィスで働くことができるなど多くのメリットもあります。

未経験の転職でも、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、東京で生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

本記事では、実際に転職したテクニカルサポートの体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、テクニカルサポートのための失敗しない転職方法も解説します。

転職してよかった!上京転職体験談【成功例】まとめ

東京でテクニカルサポートに転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

営業職からテクニカルサポートに転職

地元で保険の営業をしていたAさんは、外回り故の不規則な勤務形態に悩んでおり成績で給与がされる仕事から抜け出したいと考え、規則的な勤務時間で仕事ができる企業に転職したいと考えました。
自力で転職先を探そうと考えましたが、情報収集にあまり時間をかけたくないのと、ブラック企業に入社したくなかったため転職エージェントを利用することにしました。

転職エージェントでは、これまでの経歴とAさんのキャリアプラン、パーソナリティーをよく理解してくれてマッチングした仕事を探してくれました。

そんなAさんに紹介されたのはテクニカルサポートの仕事でした。
なぜテクニカルサポートの仕事かというと、保険営業で培ったコミュニケーション能力とヒアリング能力が未経験職種でも大いに活用できるためでした。

エージェントからもその部分をアピールするようにアドバイスを受けて、面接に進んだ時も強みを証明するエピソードを話すことができたので、見事都内にあるIT企業に採用されました。
さらにはITパスポート試験にも合格したため、未経験職種ながらAさんは即戦力として活躍することができました。

販売員からテクニカルサポートへ転職

家電量販店の販売員をしていたBさんは、そのお店では成績もよく以前は優秀社員として表彰されたこともありました。

そんなBさんは学生時代からIT企業で働きたいという憧れがあり、機会があれば上京して働きたいと考えていました。
ただ、都内にあるIT企業は規模も分野も千差万別なため自分だけでは判断がつけられないと思い転職エージェントを使うことにしました。

面談でエージェントと話をしているうちに、これまでの家電量販店での経験が無駄にならないテクニカルサポートの仕事を紹介されました。

家電から、パソコンまで幅広く知識を持っていたBさんは転職先からしても貴重な戦力として評価を貰い業界未経験ではありましたが採用となりました。

Bさんはさらに活躍の場を広めるために入社までに基本情報技術者試験も受験して合格しました。

月収も前職より上がり学生時代からの目標を叶えることができました。

技能職からテクニカルサポートに転職

電化製品の組み立て工場で働いていたCさんは主に組み立ての検査を主に行っていましたが、毎日同じことの繰り返し作業に少し嫌気がさしていました。
他にやりたいことにIT企業で働いてみたいという気持ちがありましたが、地元にはIT企業がほとんどなく都心に出て仕事をしたいなと考えて転職エージェントに登録しました。

転職エージェントでは面談に時間をかけてくれて、IT企業に必要な知識も得たいことを伝えたら資格取得の費用をサポートしてくれる企業を紹介してくれました。

順当に面接も進んだ結果都内のIT企業にてテクニカルサポートとして採用されました。

入社後も必要な資格については費用を補助してもらいながらITパスポート試験にも合格して手取りも増えたので大満足の転職活動になりました。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

東京での転職活動は、地方よりも有利な面はあるものの、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

販売職からテクニカルサポートへ転職

地元でアパレル店員として働いていたDさんは東京で働きたいという気持ちが以前から強くスキルアップも兼ねて、都内のIT企業にテクニカルサポートに転職しました。

アパレル店員時代と同じで、お客様の要望に応えていればいいと思っていましたが、メールやチャットで対応をするので同じ感覚で仕事をすることができませんでした。
受け取った情報だけで何を求めているのか判断しなければならないので、基礎知識もなく転職したため仕事に影響が出ているようです。

仕事内容を理解せず安易に転職してしまうことはあまりいいことは無いようですね。

営業職からテクニカルサポートに転職

事務用品の営業職として働いていたEさんはたまたま見ていた求人サイトにあったテクニカルサポートの仕事に応募して採用されました。

給与面だけで判断していたので、テクニカルサポートの仕事内容や、職場環境などをよく見ずに決めてしまいました。
営業ができていたから大丈夫だろうと思っていましたが、電話口の相手が何を求めているのか把握するのに時間がかかってしまい、上司が直接謝罪に出向くようなクレームを受けてしまうこともあり社内での立場も無くしてしまいました。

事前に転職先の情報を第三者に聞くことができていれば、もっと良い選択肢があったのでは後悔されているそうです。

その差はどこに? 上京転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗している営業事務と成功している営業事務の特徴を比較してみましょう。

営業事務の上京転職に失敗している人に共通していること

一人で転職活動を進めているが、情報収集がうまくいっていない

営業事務の上京転職に成功している人に共通していること

転職エージェントを利用して、自分にあった企業を探している。

営業事務として転職に成功するためには、例えば「自分だけで考えず、入念な準備をする」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントを使って失敗しない転職をしよう

最後に、テクニカルサポートをめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

エージェントを使って情報収集を行う

という方法をお勧めします。
<PR>

テクニカルサポートの転職にエージェントをお勧めする理由

テクニカルサポートの転職にエージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. IT業界の優良企業を良く知っているので、あなたに会った求人が見つかりやすい。
  2. 面接対策や、同行を行ってくれてサポートが充実している。
  3. 履歴書添削や、会社ごとに的確なアドバイスをくれる。

以上のことから、エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!
<PR>テクニカルサポートへの転職について相談したい方は、こちらがおススメ!

関連記事一覧

PAGE TOP