看護助手に地方から上京転職するコツ&5つの体験談

既卒や第二新卒で上京して看護助手になりたいと思っている方や、地方から転職して看護助手になりたいと思っている皆さん。
実際に東京で看護助手に転職した人の体験を知りたい
と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

看護師と違って資格がなくても転職できるのが看護助手の特徴です。
そのため、異業種から転職を希望する人が多く、未経験者可の求人が多い東京に転職希望者が集まってくる傾向があります。

上京することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、東京で生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職した看護助手の体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、看護助手のための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!上京転職体験談【成功例】まとめ

東京で看護助手に転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

IT企業のエンジニアから看護助手に転身

IT企業で、サーバー保守のエンジニアとして働いていたAさんは、小さい頃は体が弱く周囲からも運動ができないなど馬鹿にされることもあり、同じ境遇の人を助けたいという気持ちがありました。
そこで転職エージェントを使って、看護助手を目指すことにしました。

エージェントからは、精神科病院の看護助手の仕事を紹介されました。
転職して半年は、仕事の習慣などに慣れず苦労することもありましたが、周囲の協力や勉強を真面目に行ったこともあり徐々に楽しくなっていったそうです。
今後は、メンタルヘルスの分野の知識をより深めたいとおっしゃっています。

病院の看護助手から介護施設の看護助手に転職

高校卒業後、病院で看護助手の仕事を始めたBさんは介護福祉士の資格に興味を持ちました。

そのためには、今の職場では経験を積むことが難しいので、転職エージェントを使い介護施設で資格取得をサポートしてくれる法人を探しました。

3か月ほどして介護施設の看護助手として採用されました。
先輩たちの指導は厳しいですが、内容は理にかなっているもので理解も良く進んだのでBさんには非常に成長しやすい職場だったようです。

社会人経験を経て看護助手に転職

地元で看護師として働いていたCさんは、結婚されたのち仕事を辞めることになりました。

数年後、家族の転勤で上京してきたCさんは家計のため、再度仕事をしようと思いました。
ただ、看護師の仕事をフルタイムで行うのには体力的に厳しいと思ったため、看護助手の道を選びました。
転職エージェントを使い探してもらったところ、都内の小規模病院で採用されました。

来院者の介添えや、ご家族の方の対応など業務は多いですがそこまでの体力は使わないのでCさんにとって快適な職場となったようです。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

東京での転職活動は、地方よりも有利な面はあるものの、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

念願の、病院の看護助手になったが結局転職

地元の中規模病院で夜勤専属の看護助手として採用されたDさんは、最初に採用された人だったため、マニュアルなどもなく、自分がどのように動けばいいのかわかりませんでした。
そのため、緊急の場合なども満足に動けることがなく周囲からの視線が苦痛でした。

そのため、逃げるように転職して介護福祉士になりました。
ある程度の経験は老人ホームで活きてきましたが、やはり施設の慣習などもありなかなかうまくついて行くことができないようです。

もう少し落ち着いて転職活動を行えば、精神的な負担も少なかったのではと思っているそうです。

小規模病院の看護助手からクリニックの看護助手に転職して…

地元の病院で働いていたEさんは、夜勤のシフトが多く体力的な問題を抱えていました。
また、正看護師のベテランの方からにらまれているようで、やることなすことにケチをつけられる状況があり非常にいやな思いをしていました。

上司に話をしたのですが、相手に機嫌を損ねられると職場全体が回らないと言われ我慢してほしいと言われました。

そのため、この職場に見切りをつけて転職することにしました。
2か月の休暇を設けて、都内の中規模病院の看護助手として採用されました。

ここでは、先輩たちもとてもいい人が多かったのですが、人員不足に悩まされており全員が疲弊しており、人が増えないのであれば他を考えようかとEさんは悩んでいるそうです。

その差はどこに? 上京転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗している看護助手と成功している看護助手の特徴を比較してみましょう。

看護助手の上京転職に失敗している人に共通していること

目先のことにとらわれて、仕事内容を検討できていない

看護助手の上京転職に成功している人に共通していること

転職先に関する情報収集を怠らず吟味したうえで転職している

看護助手が転職に成功するためには、例えば「転職エージェントを使い自分の理想の職場を探す」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントを使い理想の職場を探そう

最後に、看護助手をめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使い効果的な活動をする

という方法をお勧めします。

看護助手の転職に転職エージェントをお勧めする理由

看護助手の転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 隠れた優良案件を持っている
  2. 履歴書添削や面接対策を行ってくれる
  3. 言いにくい交渉事などを代行してくれる

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP