柔道整復師に地方から上京転職するコツ&5つの体験談

既卒や第二新卒で上京して柔道整復師になりたいと思っている方や、地方から転職して柔道整復師になりたいと思っている皆さん。
実際に東京で柔道整復師に転職した人の体験を知りたい
と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

柔道整復師は独立開業ができる医療系の国家資格なので、地元で開業する人も多いですが、東京の求人は病院の整形外科、スポーツトレーナー、介護施設で働く機能訓練指導員など、業種も職種も多岐にわたります。

上京することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、東京で生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職した柔道整復師の体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、柔道整復師のための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!上京転職体験談【成功例】まとめ

東京で柔道整復師に転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

営業職から柔道整復師に転職

営業職として2年ほど過ごしたAさんは、柔道整復師と鍼灸師の勉強をしながら、ホテルのマッサージ師として働いていました。
学生時代にバリバリの体育会系だったので、柔道整復師にはお世話になることもあり以前から興味を持っていました。

資格を取得して転職エージェントに、家から近い仕事場で新天地を探してもらいました。
その結果都内の介護施設の管理者候補として採用されることになりました。

転職エージェントは対応も迅速で、親身になってくれたのでとても心強かったそうで今後転職を考えている人にもおすすめしたいとのことです。

整形外科の柔道整復師からスポーツジムのトレーナーに転職

都内の整形外科で柔道整復師として働いていましたが、人間関係でもめてしまい逃げるように辞めてしまいました。
1年ほど無職で旅行などをして暮らしていましたが、気持ちを入れ替えて働くことに決めました。
転職エージェントと話をして、都内にあるスポーツジムのトレーナーとして就職することができました。
ここでは、非常に人間関係も良好で利用者もBさんをトレーナーとして指名する人もいました。
その後、地元に凱旋されて接骨院を開業されているそうです。

通関士からスポーツインストラクターに転職

空港の通関士として働いていたCさんは、仕事の傍ら柔道整復師の資格を取得していました。
社会人フットサルに参加しており、そこではメンバーのボディケアにも従事していました。
そんなある時、有名な外国人スポーツ選手と食事をする機会があり自身のプロフィールを伝えたところ、数年間限定ではありますが専属トレーナーとして採用されることになりました。

その経験を経て、転職エージェントを使い転職することになりました。
英語のスキルも堪能だったので、今では日本にいる外国人向けのジムのトレーナーとして活躍されているとのことです。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

東京での転職活動は、地方よりも有利な面はあるものの、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。
ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

病院の柔道整復師から、介護施設のインストラクターに転職したが…

地元の総合病院で働いていたDさんは、人間関係に悩まされて仕事を辞めることになりました。
ハローワークに通って、仕事を探してみたところ都内の介護施設のインストラクターとして採用されることになりました。
無事転職には至りましたが、利用者の家族からの過度な要求や、意味があるのかと疑問に思う打ち合わせが多数あり本来の業務に打ち込めている気がしないのが悩みになっているそうです。
事前にこういった内部情報が分かっていれば行ってなかったと話されているそうです。

接骨院から介護施設のトレーナーに転職したけれど…

地元の接骨院で勤務して5年目になるEさんは、仕事上のトラブルが続き職場に居づらくなり退職しました。
取り急ぎ転職サイトを使い仕事を探してみると、都内のデイサービスのトレーナーの求人がありました。
面接を受けてみるとその場で内定をもらえたので翌月より働くことになりました。
職場の人は良い人が多いのですが、給与がそこまで高くないので生活費に余裕がなく、職場に内緒で副業として職場から1時間ほど離れた接骨院で働いているようです。
雇用条件の交渉など、うまい人がしてくれたのならこういったことも無かったのかもしれません。
転職エージェントを使い交渉してもらうのも良いのではないでしょうか。

その差はどこに? 上京転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗している柔道整復師と成功している柔道整復師の特徴を比較してみましょう。

柔道整復師の上京転職に失敗している人に共通していること

目の前の状況を変えたいだけで、転職後のことが考えられていない

柔道整復師の上京転職に成功している人に共通していること

転職後のビジョンもあり、雇用条件などもしっかり詰めてから転職している

柔道整復師が転職に成功するためには、例えば「転職エージェントを使い情報収集に努める」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントを使い悔いのない転職を

最後に、柔道整復師をめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使い悔いのない転職をする

という方法をお勧めします。

柔道整復師の転職に転職エージェントをお勧めする理由

柔道整復師の転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 隠れた優良案件を持っている
  2. 雇用条件の調整など交渉事を代行してくれる
  3. 入社日までのサポートが充実

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP