ソフトバンクってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

ソフトバンクってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

ソフトバンク株式会社は、平均年収が757万円(ソフトバンクグループ平均)と、業界内でも高い水準で知られています。
また、本社が東京都港区東新橋にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、ソフトバンクはなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、ソフトバンクの特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

【企業研究 ソフトバンクグループ】未来を見通す孫正義氏率いる有力な投資会社

2020年の現在、世界で最も著名な日本の経営者と言えば、東京の優良会社ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長だと思います。
孫正義はアメリカのトランプ大統領とも個人的な付き合いがあるほどで、世界の経済メディアの記事に毎週のように名前が載っています。

東京の優良会社ソフトバンクグループ自体は、完全な投資会社であり、世界中の未上場も含めた会社に投資をしています。

その投資が昨年はうまくいかず、東京の優良会社ソフトバンクグループ自体の株価も、2019年の8月には株価が4800円の価値であったものが、11月には4000円を割れ、その後も4000円前後で低迷していましたが、2月に入って急騰をし始め、わずか2週間の間に5800円をこえるような上がり方をしています。

2019年の事業の内訳は、SB39%、スプリント37%、ヤフー10%、アーム2%、ブライトスター11%、その他2%、海外比率51%となっています。

東京の優良会社ソフトバンクグループは巨額投資ファンド運営を運営しており、傘下にソフトバンク、米スプリント、英ARM、持分法に中国アリババなどの世界的企業に投資をしています。

2018年度の売上は、9,602,236百万円、利益は1,411,199百万円となっています。

また、国内の通信大手ソフトバンクは、昨年の8月に上場をし、その事業内容は、コンシューマ71%、法人16%、流通10%、その他2%となっており、連結の売上高は2018年度で、3,746,305百万円、利益は430,777百万円となっています。

ソフトバンクグループの現状

ソフトバンクグループはここ数カ月の間、不名誉な形で世界の注目を集めてきました。

東京の優良会社ソフトバンクグループですが、巨額の資金を注入したウィーワークのIPOは頓挫し、ウーバーへの投資でもリターンをあげられずにいました。

しかし、2月7日にソフトバンクグループ株が急騰し、時価総額が2カ月ぶりに10兆円を回復しました。

その背景には過去最大となる自社株買いの発表に加え、もう一つの理由があると市場関係者は見ているようです。
それは孫正義社長が69歳まで続投を表明し、その後も積極的に経営に関わる姿勢を示したことです。

6日の決算説明会で孫社長は、2035年のニューヨーク5番街を自動運転車が走るスライド映像を見せつつ、人工知能(AI)革命の未来を語り続け、独演会は2時間に及びました。

そして最後に後継者を巡る質問に、「社長としては69歳までは続くのではないか」と発言し、その後も会長として目を光らせる考えを披露し、「最近は医療も進んでいる。しかも私はまだまだ元気です。まだまだやる気いっぱい、夢いっぱい」と語ったようです。

いかに、東京の優良会社ソフトバンクグループの経営に孫氏の影響力があるかを市場が評価した形となった訳です。

東京の優良会社ソフトバンクグループの、これまでを振り返ってみると、パソコン用ソフトの流通業からスタート、アメリカのヤフーに投資を行ってヤフージャパンを設立したことでインターネット企業となりました。

その後、ヤフーBBでブロードバンド事業に参入し、日本テレコム、ボーダフォン日本法人を買収して固定電話とモバイル両方の通信事業者となりました。

さらに、スプリントを買収してアメリカの通信事業に参入し、2015年にはソフトバンクから東京の優良会社ソフトバンクグループへ社名を変更し、純粋持ち株会社としての位置付けを明確にし、翌年9月には約3.3兆円でアームを買収しています。

現在、「戦略的持ち株会社」である東京の優良会社ソフトバンクグループはソフトバンク・ビジョン・ファンドを立ち上げ、投資会社としての性格を強く持つに至っています。

東京の優良会社ソフトバンクグループは、こうした巨額投資や巨額買収、あるいは10兆円規模ものソフトバンク・ビジョン・ファンドの運用を可能にするのが東京の優良会社ソフトバンクグループの金融財務戦略です。

東京の優良会社ソフトバンクグループの成長の節目や大転換期には必ず金融財務戦略がともにありました。

東京の優良会社ソフトバンクグループは「テクノロジー×金融財務」企業であり、金融財務戦略に非常に特徴がある企業なのです。

ソフトバンクグループへの就職

東京の優良会社ソフトバンクグループの2019年度の採用は、1次選考から3次選考までグループディスカッションにより行われました。

東京の優良会社ソフトバンクグループの1次選考は、学生6人、面接官1人のグループディスカッションです。

「30年後に学生に求められるIT技術は何か」というテーマについて、ディスカッションを行い、1人1分間で個人の見解を述べて終了になるというものでした。

東京の優良会社ソフトバンクグループの2次選考は、学生1人、面接官1人の個人面接です。

東京の優良会社ソフトバンクグループの3次選考は、学生1人、面接官1人(人事部長)の個人面接です。

面接時間は40分程度で、この選考がソフトバンクの最終面接です。

選考全体を通して、学生の新しいものを作り出したいという意欲と、アイデアがあるかどうかをよく見ているようです。

また、東京の優良会社ソフトバンクグループの中途採用の先行フローは、採用ホームページかにエントリーをし、履歴書、職務経歴書の書類選考が行われ、パスした人は適性検査と複数回の面接試験をうけ、内定がでるようです。

東京の優良会社ソフトバンクグループの社員の口コミでは、とにかく専門的なスキルが評価される会社のようです。

働き方としては、若いうちから難易度の高い仕事を任されることがメリットですが、周りからのサポートもあまりない状況に置かれるそうです。

ソフトバンクグループでは、自分だけの力で仕事を最後までやろうという意思が必要で、プレッシャーもかなりの大きい様です。

営業成績によって評価され非常にモチベーションを高く保つ事ができ、若手でも年齢に関係なく管理職に登用され、やりたい事に手をあげれば部署の異動も自由に認められる風土があるそうです。

東京の優良会社ソフトバンクグループのワークライフバランスは、有給は自由に取れ、プレミアムフライデーがあったり、水曜日は定時で帰れたりするので、自分の時間を作る事ができて、モチベーションを高く維持できるそうです。

ただし、営業部ではあまり有給が取れず、残業や休日出勤も多く、月間稼働時間が他部署より多くなるといった実態もあるようです。

東京の優良会社ソフトバンクグループでは、女性の社員は、産休や育児休業は自由に取れる雰囲気があり、女性でも頑張り次第で男性と同程度の役職につける環境にあるようです。

また、時短社員も選ぶ事ができ、ボーナスや賃金も働きに応じて支給されるので、女性も働きやすい職場なのです。

まとめ

東京の優良会社ソフトバンクグループと言えば、携帯会社のソフトバンクが連想されますが、現実は完全な投資会社であり、その業績は孫正義氏の個人的な裁量によって大きく左右されるというイメージを強く感じました。

逆に孫氏は未来の社会がどのような社会になるかを想像して、現在に割り引いて成長性のある分野の成長性のある会社に投資を積極的にしているようです。

そういったカリスマ性のある経営者の基で働くということは、年齢や性別に関係のない自由な環境があり、努力した人は報われるといった平等性が感じられます。

東京の優良会社ソフトバンクグループの平均年収は、757万円の金額であり、平均年齢が38歳と若い割には高い年収だと言えます。

東京の優良会社ソフトバンクグループは、やはり日本のトップ企業であり、入社の難易度は相当高いようです。

興味のある方はまずは転職エージェントに登録してみましょう。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、ソフトバンクへの就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときに皆さんのお役に立ちます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP