webセミナーで求人情報の見方を教えてもらえる!? 転職活動者に聞きました

地方から東京の企業をめざして就活していると、都内のハローワークや会社説明会に出向くことができないので、どうしても不便を感じてしまいがちです。

そんな上京就活にどうやって立ち向かったのか、当サイト「みさぽ」を通じて就活した方がお話しします。
今回ご紹介するのは、転職サイト「マイナビ」が主催するwebセミナーに参加した方へのインタビューです。転職活動の参考にしてみてください!

転職先を見つける方法として、転職サイトや転職エージェント(人材紹介)があります。

利用するには登録が必要ですが、どちらも登録は無料です。
当サイト「みさぽ」では、複数のサービスに登録して使い分けることをお勧めしています。

さらに、あまり知られていないかもしれませんが、転職サイトや転職エージェントには求人検索以外にも、転職活動に役立つさまざまなイベントやサポートがあります。

「転職サイトや転職エージェントってそもそも何?」という方は、以下の解説を読んでみてください。

働きながら転職活動をスタート。就活手段も限られるがーー

Profile:

20代女性で、地元企業に勤めながら転職活動を始めたばかり。近畿地方にて、両親と姉との4人暮らし。

転職活動において困っているのはどんなことですか?

新卒として働いて3年目を迎えます。
勤務先ではこのまま何年働いても昇進の期待はなく、給与も頭打ちになりそうなのでキャリアアップの必要性を切実に感じています。

それと、学生時代から付き合っている恋人が東京にいるのでなるべく早く上京したいです。
港区、中央区に近いところで給与の良い会社を探していますが、東京の事情をよく知らないので情報収集がうまくいっていないのが悩みです。

webでは普段、転職についてどんな情報収集をしていましたか?

webでは、普通は福利厚生にアドバンテージがある企業や、第二新卒を積極的に募集している会社、3年目までに離職をした人でも面接に呼ばれやすい会社がないか、安定的な業界はないか、などと探しています。

希望する条件が多すぎて、何を重要視すべきか絞り込めていないのかもしれません。

webセミナーを受ける前に持っていた印象はどうでしたか?

これまでは、web検索で出てくる読み物等のみで情報収集を行っていたのですが、オンライン配信されるセミナーではより最新の、具体的な情報を受け取ることができると思って非常に楽しみにしていました。

これまでの就活方法と、どのように比較されたのか教えてください。

自己流の就活方法だと情報に偏りがあるのではと思っていたので、webセミナーはありがたい機会でした。

自分で情報収集を行う際には、自分が気になったことのみ検索していたけど、webセミナーではそれ以外にも多くの転職者が注意すべきことを指摘してくれるのではないかな、と思いました。

就活に失敗しても大丈夫、と励ましてもらえた

webセミナーのテーマはどのようなものでしたか?

「自分と再度向き合う転職活動」というものでした。

講師はどんな方でしたか?

転職活動関係の様々な書籍を執筆されているキャリアコンサルタントの方が登壇されました。

現在は、様々な企業の研修プログラムの立案にも携わっているそうです。

webセミナーのプログラム内容はどんなものでしたか?

まずは理論から入り、アルバート・エリスのABC理論が紹介されました。

不幸な出来事をそのまま、ネガティブに考えるのではなく、ポジティブにとらえることで、何か新しいことに取り組めないか考える思考力を養うというレクチャーがありました。

どのような解説を覚えていらっしゃいますか?

キャリア形成の方法について紹介されたことです。

キャリア形成には2タイプがあり、ゼネラリストとしてキャリアを形成するのか、スペシャリストとしてキャリアを形成するか選ぶことが大切とのことです。
セミナーを通して求人情報のどこを見ればその方向性が分かるか、どのような条件で検索すれば良いかなどが分かりました。

将来を見据えて求人を探すという発想がなかったので、とても新鮮な発見になりました。

今の仕事も大切にしようと、見直すきっかけに

講師から聞いて面白かったエピソードは?

仕事には積極性が大事というお話です。

言われたことを言われたとおりに行う、「人材」になるのか、言われた以上のこと仕事ぶりを発揮して相手の期待をいい意味で裏切ることができる「人財」になれるかで将来も変わってくるという話が印象的でした。

ワークに取り組んだ感想を教えてください。

今回のセミナーでは、仕事をシミュレーションするようなワークショップがありました。

社内会議で使用する資料について、前任者から引き継いだ際にどのように新任者なりのアレンジを加えていくかというワークがあり、講師だけでなく参加者からも、様々な意見を吸収することができました。

今の仕事にも今回学んだことを取り入れて強みや実績を出し、転職活動の自己PRに活用したいと思いました。

他の参加者の反応はいかがでしたか?

現在の転職市場や求人動向から見た求人情報の探し方の説明もあったのですが、参加者との質疑応答があったのが良かったです。

講師の考え方や、マイナビが勧める流れに頭から反発するのではなく、意見を取り入れたうえで議論を行っている印象でした。

参加者の意見がたくさん紹介されていたので幅広い視点から求人情報の探し方について考えることができ、偏りのない理解ができたように思います。

webで転職サイトやエージェントと繋がるメリットを理解

今回のセミナーを受けて、一番印象に残ったことは?

転職活動において、逃げるための転職活動を行うことは転職動機として最も悪手であると改めて感じました。

待遇が悪いと不満をもらす前にもうひと踏ん張りすることが必要だと思いました。
ネガティブな不満をポジティブな目標に変えるためにも、転職エージェントに相談して、いつ転職すべきか見極めたいと思いました。

セミナーを振り返って教訓などはありますか?

今回のセミナーに関しては、先入観を持たずに視聴するほうが、素直に言われていることを受け入れることができると感じたので、あえて準備はしませんでした。

次回、受講することがあれば、自分もチャットへの書き込みに挑戦したいと思いました。

専門家に相談すれば一歩を踏み出せる

web就活を成功させるためのアドバイスをお願いします。

webセミナーと、webサイト、転職エージェント等を有効に使うことが良い転職への近道だということです。

今回、エージェントへの勧誘は特にありませんでしたが、転職エージェントに登録しようと意識するようになりました。
業界別に専門のエージェントがあるそうですし、私のような第二新卒向けなど、年齢層に特化したエージェントもあるそうなので、自分に合ったところを探していこうと思います。

その理由を詳しく教えてください。

  • 優良な求人情報を集めることができるので、他のことに時間が割ける
  • 自分以外の転職者がどういった考えをもって行動しているかわかる
  • 面接に臨む際の心構えや、面接官がどのような考えを持っているのか知ることができる

今お仕事をされている人は、安易に退職しないで働きながら就活を始めることがポイントだと思います。

説明会に出向かなくても自宅からwebセミナーに参加して、はじめの一歩を踏み出してください。

今回ご紹介したのは転職サイト主催のイベントでしたが、自分ひとりだけで就活を進めるのが心配な方や、個別相談をじっくり受けたい方は、ぜひ当サイト「みさぽ」の上京支援サービスをご利用ください。

みさぽの上京支援サービスをご利用いただくと、

  • 一人ひとりの志望・ニーズに応じた転職エージェント・キャリアコンサルタントをご紹介!
  • 家賃補助や寮・社宅つきなど福利厚生が手厚い企業もご紹介できます!
  • 面接時に上京必要な場合の一時滞在場所が、なんと無料で利用可能!
  • 上京後の住まい選びのご相談~入居までトータルにサポートします!

東京にお越しいただく前に、オンラインでご相談を受け付けております。
まずはネットで転職活動を始めたい方は、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP