安くてもアクセス良し!一人暮らしの物件選び4つのポイント

就職、転勤、進学で東京での生活が待っている皆さん

いったい東京のどこに住むと便利なのか

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

都内といっても、アクセスはJR、私鉄、地下鉄、路面電車、都営バスと多種多様です。

通勤通学のために便利なエリア、帰省時に便利なエリア、遊びに行くのに便利なエリアと多くありますのでどういった場所選びをするべきかご紹介します。

場所選びの基本 東京で一人暮らしをするなら山手線を東西に分けてアクセスを考える

東京で一人暮らしをするなら、山手線を一つの判断基準にすることをおすすめします。

例えば、新宿渋谷に近いほうが良いなら西側エリア、秋葉原、上野などに近い場所に住みたいなら東側を見てみましょう。

皆さんの目的によってどこが便利か考えると選びやすいと思います。

 

通勤通学にアクセスが良いエリアを選ぶ場合

混雑等の観点から、通勤通学にアクセスが良いエリアを選ぶのがおすすめです。

例えば、山手線の西側で言うと高田馬場駅はいかがでしょうか。

東京メトロ東西線、西武新宿線、山手線と3線の駅がある便利な場所です。

新宿方面やサブカルの街で有名な中野、大手町にも東西線で乗り換えなしで行くことができるので大変便利な駅です。

なおかつ駅前もかなりにぎわっているので、終電を気にすることなく飲んで帰ることもできるエリアです。

帰省などにアクセスが良いエリアを選ぶ場合

帰省時に乗り換えを少なくしたいという方もいらっしゃると思います。

皆さんの地元がどこかによっても住む場所は変わってきますよね。

東京都より西側に実家がある方を例にご紹介をしたいと思います。

例えば、品川駅の西隣の大崎駅周辺を見てみましょう。

新幹線に乗るのに1駅、湘南新宿ラインで小田原、熱海方面、静岡方面に在来線を使って帰る際には便利な駅となっています。

また羽田空港に行くにも空港バスや品川から京浜急行電鉄に乗るとそう時間はかかりません。

大きなオフィス街となっているので街並みもきれいです。

総合的な観点から住むエリアを選ぼう

一人暮らしをしている以上、新しい付き合いもできると色々な場所に出かけていくことになるでしょう。

遊びに行く際に便利な場所が良いのか、乗り換えに便利な場所なのか、帰省時に便利な場所が良いのかしっかりと確認しましょう。

しばらく住んでみて、違うなと思ったらまた引っ越しをするもの手です。

都内からのアクセスで良い場所Q&A

皆さんと同じように、どのエリアに住むべきか迷ってみる皆さんからの質問をまとめてみました。

都内から横浜にアクセスが良い駅はどこですか?

都内から横浜へアクセスするには、JR、京浜急行電鉄、東急東横線がおすすめです。

JRであると京浜東北線、湘南新宿ライン、東海道線、横須賀線の駅のエリアに住むことをおすすめします。

 

都内で新宿渋谷方面に行きやすい駅はどこですか?

新宿、渋谷方面には中野エリア、品川エリア、池袋エリアからのアクセスがおすすめです。

特に東京メトロ副都心線だと新宿と渋谷をどちらも通るので、この沿線で探してみるのもありだと思います。

都内で交通アクセスの良いエリアの特徴は?

都内で一人暮らしのアクセス面を考えた場合、電車だけでなくバスでの移動も考えると選択肢は広がります。

最寄り駅のほかに、住みたいと思っている場所のバス路線なども調べてみると意外な穴場が見つかるかもしれませんね。

 

まとめ 目的を絞って住む場所を選ぼう

通勤アクセス、帰省時へのアクセスなどすべてを兼ね備えた場所をと考えてしまうと当然便利なところになってくるのでそれだけ費用も高い場所に住む必要があります。

しかし、ある程度取捨選択ができると自分にとって最適な場所を見つけることにつながります。

もし、土地勘が無いのであれば上京支援サービスなどを有効的に利用して相談に乗ってもらうことも良いのではないでしょうか。

皆さんの東京生活が少しでも便利になればと願っています。

関連記事一覧

PAGE TOP