いつ始める?地方でもできる?内定後の住まい探しのコツ4選

転職活動が終わり、見事内定を勝ち取った皆さん おめでとうございます。

これからの新しい生活に胸を膨らませていることでしょう。

東京もエリアによって家賃や街の雰囲気なども変わってきます。
お部屋の契約や引っ越しまでの段取りも気になるところです。

そこでこの記事では、新生活をより良いものにするためにも皆さんにとって有益な情報をご紹介します。

内定後の住まい探しは、年明けからがベスト

年明けとなってくると、春先の引越し情報などが出てくるので引越しが必要な人々が動き出しています。
新卒だと4月から就職という場合にこの時期に住まい探しをするのが定石で3月の中頃までには引越しまで終わっている方がほとんどでしょう。

転職者の方だと通常内定が出てから1~2か月が映ってくるまでの時期なので内定先の指示に従うようにしましょう。

内定後はできるだけ早く下見に行こう

4月入社の場合、1月には下見に行っておくといいでしょう。

この時期だとまだ競争率も低いので、いい条件の部屋を選ぶことができます。

 

転職の場合は内定後、入社日の調整から始める

首都圏に住んでいる方が東京に引っ越すならそこまで苦労は無いのですが、それ以外の地方の人が引越してくる場合ある程度の日数をもって下見や現職の調整などが必要となります。
余裕が無い場合には、選択肢の少ない中で物件を選ぶ必要もあり不動産会社からも足元を見られてしまいます。

価格交渉なども、行いながら支出を減らすことに努めましょう。

3つのことを軸に新居を探そう

1つ目はエリアの絞り込み、その次に内覧と契約、最後にインフラ関係を整えることです。
それが終われば今住んでいるところの引き払いの手続きやなどに時間をかけて現職の取引先への挨拶回りなどを行うといいでしょう。

 

内定前から住まい探しをしない

採用されるかわからないのに、新居探しをするのはリスクがあります。

内定通知が出てからでも遅くないので、焦らず面接準備に時間をかけてもらうほうが良いでしょう。

 

よくある新居探しQ&A

東京で新しい生活を始める人からはどういった疑問が出ていたのでしょうか。

4月入社の際に、引越しにベストな時期は?

1~3月に物件探しを行い3月中旬は住み始めて周辺を探索したり勤務先までの動線を確認するべきだと思います。

入社前でも賃貸契約は可能でしょうか?

大学生などで、一定の収入が無い場合でも内定先があれば賃貸契約は可能です。
不安に思っている方もいるかもしれませんが、正社員採用されると確定していたらスムーズに入居まで終えることができるでしょう。

物件探しを少しでも楽にするにはどうすればいい?

地方から出てきて住まい探しをするなら、手間や時間もかかります。

最近は新型コロナウイルスの影響もありオンライン内覧会を行ってくれる不動産屋もあります。

現地で質感など周囲の雰囲気を味わうことは難しいですが、周辺に詳しい担当者が色々な情報を与えてくれます。

まとめ 住まい探しのタイミングを逃してはいけない

内定をもらい上京をするにしても、順番を間違えていると予想以上の出費に悩まされることがあります。

上京支援サービスを使い、タイミングを逃さず費用をかけずに理想の一人暮らしを実現しましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP