上京資金はどれくらい貯金しておくべき?お金のない人、必見!

既卒や第二新卒で上京したいと思っているみなさんはお金の準備はできていますか?

実際に東京で住む際に必要なお金を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

上京することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、なかなか決まらないため東京で生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、東京で住む場合にどれくらいお金があればいいのかをご紹介します。

上京するために資金を計算して計画的に貯金しよう

一般的に50万円が上京するだけでかかる最低限お金となってきます。

ここからさらに、初給料までの生活費などがかかってきますので50万円以上はどんな人も

かかったのだと思いこの記事を読んでください。

あなただけが、お金がかかっているのではありません。

ゆとりのある東京生活を送るなら100万円を目標に貯金しよう

前述の通り、50万円はどんな人でもかかっているようです。

しかし、それ以外にももっとかかることもあるでしょう。

都内でも人気エリアに住みたいと思うのなら家賃は自ずから高くなってきます。

そうすると50万円では不足すると思われます。
さらには上京してから仕事を探す場合には、その間の生活費用も必要なので100万円程持っておくと1~2か月は大丈夫ではないでしょうか。

家賃関係の費用は意外にかかる・・・

新居を探す際に不動産屋にいくことがあるとおもいますが、部屋を借りるときには敷金礼金が必要となってきます。

大家さんや物件によっては敷金礼金ゼロということもありますが、人によっては家賃の数か月分をくださいというところや、入居時に家賃は3か月分前納する必要があるといったことも先輩たちは経験しています。

出ていくとわかっているお金を事前に把握しておくことでご自身がどれくらい資金を用意するべきかわかりますよね。

資金を抑えるために価格交渉に強い不動産屋を選ぶ

なるべく引っ越し資金は抑えたいものです。

繁忙期をずらすことや、住む場所を考えるだけで費用は変わってきます。

また賃貸契約の際に敷金礼金の交渉や、家賃の値下げ交渉を行ってみましょう。

長期で空室となっていた部屋などは意外と交渉ができるようです。

都内は公共交通機関が発達しているので、23区内も住む場所として候補に入れてみましょう。

安全面を考えると、さらに費用はかさむ

セキュリティ面がしっかりしている部屋に住むとなるとそれだけ費用も掛かってきます。

もし、安全面が重要ならその分貯蓄に励みましょう。

 

上京にかかるお金Q&A

ここでは、先輩たちが悩んでいたお金のことについてご紹介します。

上京費用としてどれくらいかかったのでしょうか?

最低50万円はかかっているようです。

自分のライフスタイルと合わせて十二分に準備を行いましょう。

資金作りの際に工夫したことは?

そもそも持っていく荷物を少なくするという手はあります。

不必要なものは、フリマサイトなどで売ることによって資金に充当することができます。

また、引っ越してからの話ですが最初のうちはシェアハウスなどを利用して支出を抑えて

東京で貯蓄をしながら部屋探しを行った人も少なくないようです。

まとめ お金に余裕があると心にも余裕ができる

皆さんの価値観、ライフスタイルによって東京での生活は十人十色となることでしょう。

あらゆる事態に備えて、十分なお金があると精神的にも余裕ができて素晴らしい東京生活を送ることが可能となります。

もし不安があるのなら上京支援サービスを利用してより効率的に準備を行いましょう。

皆さんの東京生活が良いものになることを祈っています。

関連記事一覧

PAGE TOP