看護助手にブランク明けで転職するコツ&5つの体験談

ライフイベント等私生活もひと段落ついて看護助手として復帰を検討している方や、地方から転職して看護助手になりたいと思っている皆さん。

実際にブランク明けで看護助手に転職した人の体験を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

看護助手とひとことに言っても、医療法人や福祉施設の労働場所や、仕事の中身、働き方のスタイルはさまざまです。

転職する、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、以前より生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職した看護助手の体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、看護助手のための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!復帰転職体験談【成功例】まとめ

東京で看護助手に復帰転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

工場勤務から看護助手に転職

地方の製造工場で働いていたAさんは、部品組み立て担当をしていましたがご家族の転勤に伴い東京に引っ越すことになりました。

再度東京でも仕事を探そうと思い、かつて経験があった看護助手の仕事を探すことになりました。
しかし、東京の転職事情に疎かったAさんは転職エージェントを使ってみてはとアドバイスを受けたため、面談を受けることにしました。
面談では、希望条件を伝えAさんにあった職場を探してくれることになりました。
直接聞きにくい質問は、エージェントが代わりに聞いてくれたこともあり、無事都内の総合病院に就職することができました。
福利厚生も良い職場なので、以前より生活にもゆとりが出たと喜んでおられるそうです。

テニスのインストラクターから看護助手へ転職

地方都市でテニススクールのインストラクターをしていたBさんは、以前友人が事故にあって入院した時に、友人を担当した看護助手が親身になって対応する姿に心打たれました。

なにか人の役に立ちたいと考えていたBさんは看護の道を志すようになりました。

そして一念発起して、転職することにしました。
転職エージェントに相談したところ転職に当たって何も知らないまま臨むと面接での評価も高くないと話があったので看護助手認定実務者試験の勉強を開始しました。

資格勉強の傍ら、面接対策と履歴書添削そして都内で就職を考えていたので住む場所などを考えていました。

見事資格取得もできたので、どんどんエントリーを行い面接に臨みました。
面接では、未経験ながら資格を取得した前向きな姿勢が評価され、見事都内の大学病院に採用されました。

知識をしっかりと持っておいたおかげで、職場でも戸惑うことなく働くことができています。
今は、看護助手として働きながら看護師へのキャリアアップを目指し猛勉強しているとのことです。

営業職から看護助手に転職

地方の食品メーカーで営業として働いていたCさんは、ノルマがプレッシャーとなり体調を崩してしまい、会社から退職勧奨を受けてしまいました。
この会社では、仕事をやり切ったと思ったCさんは、別の仕事を探すことにしました。
医療関係で働いている親戚から、看護助手はどうかと提案がありました。
しかし、Cさんの住む場所では看護助手を募集している医療機関が無かったので、東京に出て就職しようと考えました。

医療系に強い転職エージェントに登録して面談を行い、希望条件を伝えました。
Cさんは、夜勤があまりないこととシフト組みが柔軟な職場であることが絶対条件でした。

すると都内の大手企業が経営する老人ホームからオファーがかかり、面接を受け内定をもらいました。

未経験でも、困ることが無いよう事前研修が充実しており、職場関係も非常に良かったので大満足の転職となりました。

転職するんじゃなかった!復帰転職【失敗例】まとめ

東京での転職活動は、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

塾講師から看護助手へ転職したけれど

塾講師として働いていたDさんは、所属していた学習塾が倒産してしまい東京に出てきて看護助手として働いていました。

救急外来も受け付けている病院で、夜勤にも対応しています。
しかし、想像以上の忙しさと周囲の人間とのコミュニケーションを取ることの難しさなどがあり疲れがたまる一方です。

もう少し、転職先の職場環境や勤務条件など転職エージェント等を介して情報収集しておけばこんなことにはならなかったと後悔されています。

システムエンジニアから看護助手に転職したけれど

Webアプリの制作会社でシステムエンジニアをしていたEさんは、仕事がとても忙しく、土日も関係ないといった状況から脱したいと思い転職を決意しました。

学生時代には、医療系の道を志していましたので採用のハードルが低い看護助手に転職することにしました。

以前勉強はしていましたが、地方と都内では患者数や、職場の規模も違うので目まぐるしく動いていく職場に気圧されてしまいました。
また、忙しさもさほど変わらなかったので、転職前に、職場の状況や残業時間など情報収集をしてから転職すればと後悔されているそうです。

その差はどこに? 復帰転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗している看護助手と成功している看護助手の特徴を比較してみましょう。

看護助手の復帰転職に失敗している人に共通していること

情報収集ができておらず、転職のしやすさで職場を決めてしまったこと

看護助手の復帰転職に成功している人に共通していること

人間関係や福利厚生、勤務形態などの情報収集に努めている

看護助手が転職に成功するためには、例えば「働くイメージを具体的にして職場選びを行う」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

<PR>



情報収集をおろそかにせず自分にあった職場を選ぼう

最後に、看護助手をめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを介して情報収集に努めて、最適な職場で働くために行動する

という方法をお勧めします。

看護助手の転職に転職エージェントをお勧めする理由

看護助手の転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 転職エージェントだからこそ知っている、転職先の情報が豊富
  2. 優良案件を多数持っている
  3. 面接対策や履歴書添削などサポートが充実している

以上のことから、エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

↓↓↓正看護師・准看護師の資格をお持ちの方には、こちらがおススメ↓↓↓



関連記事一覧

PAGE TOP