ITサポート職に地方から上京転職するコツ&5つの体験談

IT業界に興味があって自分で少し勉強はしているけれど、

プログラミングはできないからどうしよう?

と、転職をあきらめてしまっていないでしょうか?

IT業界の中でも、未経験者の登竜門とも言える職種が今回ご紹介する「ITサポート」です。
主な仕事内容は、社内のPCのトラブル対応や、通信機器の不具合対応、サポート事務などのデスクワークです。

働きながらIT知識を身につけられることと、IT業界の中でも残業が少なく安定して働けることなどもメリットです。
そんなITサポートの仕事についた方々の転職体験談をご紹介します。

転職してよかった!上京転職体験談【成功例】まとめ

東京でITサポート職に転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

地方の警備会社勤務から、東京で未経験のITサポートに転職

Aさんは、地方の高校を卒業後、警備員として5年間働いてきた女性です。
男性とペアを組んでビルの警備などを担当していました。
地域でのイベントがあるときは休日出勤もしていました。

ところが給与もそこまで上がらずに悩む日々もあり将来を見据えてスキルを身につけたいと感じるようになりました。
しかし、警備員として身につけられるスキルが思い浮かびませんでした。
そこで、パソコンを使いこなしている友達の話を聞いて、IT業界に転職したいと思いました。

転職活動をしたことがなかったAさんは、東京の転職エージェントを活用しました。
不規則な勤務体系もあり、効率良く転職活動ができるようにエージェントを活用しました。
重視したのは、ITに興味があったので、研修が充実している企業です。

無事に東京のITサポート業務ができる企業に転職できました。
エージェントのおかげで希望通りの企業を見つけることができました。
主な仕事は通信機器の不具合対応です。
OJT制度や資格取得制度に加え、研修も充実しています。
未経験でしたがマニュアルやノウハウの共有の仕組みもあるので安心して働いています。
IT業界の仕事も様々で、プログラミングができないからと諦めなくてよかったとのことです。

地方でサービス業の事務職を経験してから未経験で東京のITサポートに転職

Bさんは専門学校を卒業後、地方の清掃事業所で事務を5年間していました。
主にパソコンで社員の給与計算や経費清算、スケジュール管理などをしていました。

結婚後も退職せず仕事を続けたいと考えていましたが、事務職のままでは将来が不安になりました。
やり甲斐がありスキルアップしていると感じられる仕事に就きたいと決意して転職活動を開始しました。

多様な働き方を実現するためには東京に出たいと思い、東京のエージェントを活用して情報収集をしっかりして企業を選ぶ方針で活動しました。
重視したのは、残業が少なくプライベートを充実させられることです。

半年ほどして、東京のIT業界に転職できました。
社内のITサポートをする仕事です。
未経験者でしたが、社内対応ということもありチャレンジしたいと思いました。
面接では働きながら知識を得てステップアップをしたいと意気込みを伝えたのがよかったと思います。
今は研修プログラムを活用しながらIT関連の資格取得にもチャレンジするとのことです。

地方の電気販売店の正社員から東京のIT業界にITサポート員として未経験でも転職

Cさんは、地方の大学を卒業後、地方でチェーン展開する電気販売店の技術サポート員として就職しました。
お客様の自宅に伺い、家電製品の使い方や修理などに4年間従事していました。年収は約300万円でした。

転職を考えたのは東京で自分の可能性を試してみたかったからです。
地方では就職先が少なく、選べる状況ではありませんでした。家族のパソコンをいじりながらずっとITに興味があったので、30歳を前に転職しようと決意しました。

東京のエージェントを活用し、ITサポートでの転職先を探しました。重視した条件は、未経験者でも社内研修プログラムでスキルアップできることや、OJT制度や資格取得補助などがあることです。

東京のITサポートとして、IT業界に転職できました。今はお客様の生産管理システムの開発現場に常駐しながら、簡単なアプリ開発のプロジェクトに関わっています。
しかも、転職後にとまどいを感じたことはありませんでした。
十分にエージェントと企業調査をしたおかげです。

それに、上司がやさしくて、人を育てようという文化があります。
女性のスキルアップアップコースもあり、安心して長く働けそうです。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

東京での転職活動は、地方よりも有利な面はあるものの、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

地方の製造業の営業から未経験で東京のITサポートに転職したが働き方に不安が

Dさんは地方の製造業で営業を5年間経験してから、東京で未経験ながらITサポートに転職しました。

営業現場にもITツールが導入され、興味を持ったからです。
今は客先に1人で常駐し、問い合わせ対応などしています。

後悔しているのは、客先に1人で派遣されて仕事のやり方を学ぶ機会もないからです。

仕事はマニュアル化されているので問題はありません。
ただ、単調なことが多くやりがいがありません。

当初は研修やOJT制度があると聞いていたのですが、会社自体が忙しくなり、なくなっています。派遣先の変更やスキルアップの希望も通りそうにありません。
この先、結婚、出産等々考えると希望が通りにくそうで働き方にも不安がでてきました。

後悔しているのは、客先に1人で派遣されて仕事のやり方を学ぶ機会もないからです。
仕事はマニュアル化されているので問題はありません。
ただ、単調なことが多くやりがいがありません。

当初は研修やOJT制度があると聞いていたのですが、会社自体が忙しくなり、なくなっています。
派遣先の変更やスキルアップの希望も通りそうにありません。

この先、結婚、出産等々考えると希望が通りにくそうで働き方にも不安がでてきました。

未経験であれば教育制度の実施体制や派遣の実態を確認していくことが必要です。
実施体制が弱いと、制度があっても会社の状況により廃止されるケースがあります。
通信教育や自己啓発に関する補助制度も確認すべきだったと後悔されているそうです。

地方の不動産営業職から東京のITサポートに未経験で転職したが、スキルアップに期待できず

地方の不動産会社の営業を3年経験してから、東京のIT業界に転職を検討。
未経験でもIT知識を身につけられると考え、ITサポートの仕事に転職。
今は製造業に常駐し事務サポートをしています。

ITサポートは自分には向いていないと思うようになりました。
マニュアル通りの仕事が基本で、単純作業ばかりです。

転職前は、スキルアップの計画を作って、ITの知識を得ながら仕事のステップアップができると聞いていました。

ただ、客先に常駐している状態では、その機会がなさそうに思います。

女性が活躍していると聞いていたのですが、今の状況は思っていたのと違っていました。

未経験であればITサポートの仕事内容や実際の従事者の声を確認するなど、自分ができるイメージをもてるまで情報収集をしっかりすべきです。
特に考えていたことと実際のギャップが大きかったと感じました。

その差はどこに? 上京転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗しているITサポート職と成功しているITサポート職の特徴を比較してみましょう。

ITサポート職の上京転職に失敗している人に共通していること

未経験のため、ITサポートの仕事内容が十分イメージできずに転職してしまう。

ITサポート職の上京転職に成功している人に共通していること

未経験からステップアップしていくことを目標に、エージェントを活用して必要な情報を十分収集ができている。

ITサポート職として転職に成功するためには、例えば「転職エージェントを使って未経験でも活躍できる企業を探す」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントを使って、情報収集と働くイメージの確立を

最後に、ITサポート職めざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使って効果的に活動する

という方法をお勧めします。

ITサポート職の転職に転職エージェントをお勧めする理由

ITサポート職の転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. ITサポート職の転職実績が豊富にあり未経験者でも安心
  2. 面接同行などで、フォローしてくれる
  3. 自分ではやりにくい雇用条件の調整や入社日の調整も代行してくれる

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP