東京の企業の探し方は?転職初心者への4つのアドバイス

地方在住の方で、地方にいながらにして東京の企業の求人情報を探したいみなさん。
実際に東京の企業の求人を探すための効率的な方法を知りたい
と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

東京の企業といっても、全国規模のものもあれば、東京だけが商圏となる中小企業も多くあります。

そこで今回は、転職活動を始めたばかりの方に向けて、地方からでもできる都内の企業探しについてご紹介します。

東京の転職情報は地方からリモートで探すことができる


リモートという表現ですが、インターネット検索だけでOKという意味ではありません。
専門家とつながり、人の力も借りて、東京のリアルな情報を収集してください、ということです。

地方にいますと、就活のために頻繁に上京していると費用がかさんでしまいます。インターネットは上手に利用してください。

ただし、一人で闇雲にインターネット検索を続けていても、欲しい情報にたどり着けない、という事態も往々に考えられます。

ぜひとも、第三者の目、特に転職エージェントなど専門家の力も借りながら、情報収集を進めていってください。

複数の求人サイトで探す

情報収集にあたっては、一般のネット検索や、よくある求人アプリだけでは、広告費を多くかけている企業しか探すことができません。

広告費が豊富な企業は、露出も多いですし、求人の種類もたくさん持っているかもしれませんが、その一方で「そうでない」求人というものも、世の中には確かに存在しています。

例えば、専門性の高い分野、いわゆるニッチな分野の求人は、そもそも求人先となる層がごく限られているため、高額な費用をかけて不特定多数の人間に向けて広告を打ったところで、さしたる効果も見込めません。

また、広告費をかけて多くの応募者を集めると、逆に応募が殺到しすぎてしまい、とても選考を捌ききれなくなる、という事情もあるようです。

情報を広告に乗せず、費用を抑えている求人層が存在する、ということがポイントです。

そうした情報は、多くの場合、分野ごとに存在する専門の転職エージェントが仲介しています。
それらも候補に入れることで、より希望に近い、または、これまでの経験を活かせる職種の求人にめぐり合える確率も高くなります。

その場合に使うのが、エージェントサーチ等と呼ばれる、転職エージェントからの求人を探すためのwebサイトです。

広告でよく見るサイトだけでなく、こうした専門的なサイトも含めて情報を探すようにしてみてください。

webセミナーから探す

webセミナーとは、転職サイトや転職エージェントが主催し、そこに所属するキャリアカウンセラーや講師が、昨今の求人動向などについて話す、web上のセミナーです。
転職のプロがその看板を背負って主催するものであるため、業界ごとの求人動向を包括的に理解したい際には便利といえます。

これは、もともとIT業界に多かった手法です。やはりIT業界の求職者はITスキルが高いことから、webセミナーであっても使いこなせる、という背景があったわけです。

ただし、最近はテレワークへの移行を背景に、事務職向けなど、幅広い職種に対してwebセミナーが開催されるようになっています。
また、第二新卒向け、シニア向けという風に、対象者も細分化されています。

自分に合った転職エージェントが分からない、転職にちょっと興味があるけれども、まだハードルが高いな、という方は、webセミナーをきっかけにしてみるのはいかがでしょうか。
話を聞いてみて、もし興味が持てる内容なら、セミナーを主催するエージェントに登録し、実際の求人紹介に進む、といった流れがおすすめです。

転職エージェントの面談から探す

従来型の転職エージェントの面談は、そのエージェントのオフィスへ直接訪問したり、喫茶店などで対面を経てから活動を始める、というパターンがほとんどでした。
しかし、いまでは地方から東京への転職を視野に入れた層も取り込みたいと考えており、テレワークの隆盛と合わせて、電話やweb会議システムを介した面談も当たり前となってきているようです。

面談のメリットは、ネットには出てこない情報を話してもらえることです。

例えば、この会社からもうすぐこの職種の求人が出そうですよ、といった情報は、そう簡単に見つかるものではありません。

転職エージェントは、必然的に現在就業中の方がターゲットになるため、終業後となる時間帯であっても対応してくれます。

特に、東京の近県で、直接転職エージェントに出向くこともできるかもしれない方であっても、終業時刻以降にさらに電車に乗ってとなると負担がきつい、とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

この点、電話やweb会議であれば、もう一度出かける労力を省けるメリットは大きいでしょう。

スカウトメールから探す

これは、転職エージェントに希望の業種・職種、あるいは勤務地などを登録しておくことで、条件に合致した企業からメールで転職のオファーを受けることができるというものです。

転職希望者の色々な条件に合わせて、条件に合致した方に「弊社の求人条件に合いますから是非見てみてください」と企業側から促してくれる、というものです。つまり、膨大な求人情報から自分で企業を探さなくてもいい、というメリットがあります。

もっとポジティブな言い方をするなら、我々はあなたがほしい、と企業側から言ってきてもらえるようなものです。もしもあなたの条件に宛てたオファーがあるのであれば、その企業への内定率は必然的に高いものとなることでしょう。

キャリアアドバイザーが答える賢い情報収集Q&A


実際に東京で転職活動をされた方がどういったことで悩まれていたのかなどを、弊社のキャリアアドバイザーの方々にご回答いただきました。ぜひご参照ください。

転職エージェントの相性はどうやって判断するの?

相性の判断のポイント一つ目は、皆さんが転職する際の条件を伝える点で現れてきます。

希望の内容、それから条件などを出すと思いますが、伝えた方向性にあった求人情報を提供してくれるかという点です。

二つ目は、自分でも思ってもみない適職を提案してくれるかというところです。

伝えた方向性に合った求人情報を提供してくれるだけなら、自力で情報収集したり、ハローワークに行って求人を収集したりするだけでも十分といえます。

優れたエージェント、自分と本当に相性が合っているエージェントというのは、自分が検索条件のキーワードに指定していないような仕事も探してくれる、「考えてもみなかった職業・職種も自分に合っているんだな」、「こんな企業も自分に合っているんだな」という新たな発見を探しだしてくれるのが、相性の良い転職エージェントだと言えるのではないでしょうか。

複数の転職エージェントに登録することはマナー違反にならないでしょうか?

結論から言うと、何ら問題はありません。

転職活動を進めている先輩たちに聞いたところ、転職エージェントだけで3社前後登録されている方も少なくありませんでした。

例えば、10社以上の求人に応募されたとしても、面接に進めるのは2、3社ぐらいというケースも、実はよくあることです。
そのため、複数のエージェントから求人情報を入手して、同時並行で進めていくのが現実的になっているかと思います。

ただし、いくつか注意点があり、同じ会社に複数のエージェントから応募するのはNGとなります。
また、転職エージェントに正しい情報を提出していないと、サポートを受けることができなくなる可能性もあります。注意しましょう。

転職エージェントに紹介できる仕事がないと言われたら?

求職者の方が登録したところ、「今紹介できる仕事がないんです」という風に言ってくるエージェントがあります。
このように、本当の事を伝えてくれるエージェントの方が信用できるといえます。

転職エージェントの側の事情を言うと、転職エージェントは皆さんの応募者の方と会社をマッチングして、マッチングが成立すると手数料がもらえる、というビジネスモデルで運用しています。

なので、本当は合っていないかな、と思う会社であっても、せっかく求職者の方、お客さんが来たら、何かしらの商品を売ろう、というのが自然な流れでもあるわけです。

そのため、転職エージェントも、成功確率も低いかもしれないし、本人も納得しないかもしれないけれども、自分や企業の業績のために、マッチ度の低い会社を紹介するケースもあります。

なので、断ってくる転職エージェントは、それだけ転職者のことを考えてくれている、と思って良いでしょう。

しかし、ただ断るのではなくて、本当に親身になってくれるエージェントであれば、「時期を見た方がいいので、求人が再開されるまで待っていてください」という回答をしてくれると思います。

業種・職種によって、特定の月にしか求人が集中しないということがあります。
例えば、第二新卒用の求人であれば、いっせいに4月からの入社になるので、ちょっと中途半端な月であれば、今選考しても内定を出せないから、という事情。
あるいは、10月になってからでないと状況はわからない、決算月などで、ちょっと決算が終わらないと選考も再開できないとか、企業によって様々な事情があるわけです。

ちょっと今は待った方がいいですよ、改めて問い合わせをしてください、といった回答を返せるエージェントは親切なので、是非そのアドバイスに従って待ってください。

まとめ 幅広く情報アンテナを張ることで効率的に就職活動を


複数の求人サイト、転職エージェントに登録して、幅広い情報を入手しましょう。転職動向は刻々と変化していくので、乗り遅れないことが必須です。
東京の現地の人からリアルな情報を入手することが、成功する転職情報探しにつながります。

上京就活への情報不足でお困りの方がいらっしゃいましたら、当サイト「みさぽ」にぜひご相談ください。

関連記事一覧

PAGE TOP