東京では生活費がどれくらいかかる?モデル収支を徹底解説!

転職の内定をもらったり、先に上京して就活を始めようとしたりしている地方在住の皆さん。

実際に東京で生活するにはどれくらい費用が掛かるのか分からない

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。
東京の物価の高さを心配している人もいるかもしれません。
しかし、一人暮らしといっても、工夫次第でゆとりのある生活を送ることもできます。

そこでこの記事では、上京時に知っておけば得する情報と
さらに、東京生活に不安がある人達の疑問にお答えします。

都内で生活するには20万円程度はかかると思っておこう

都内で生活するには、人によっても異なりますが平均20万円程度の費用が掛かっているようです。
そのため、これくらいかかっても仕方ないと考えて生活すると収支のバランスも図れると思います。

携帯、家賃などの固定費を極力抑えよう

同じ1LDKの部屋でもあるエリアでは共益費を入れても5万円もかからない場所もありますが、都内の1LDKで5万円のお部屋はほぼありえないと思ってください。
ほぼ3倍からの値段が家賃としてかかってくると思っておきましょう。
それくらい、都内の家賃相場は高くなっています。
出ていく金額がわかっているものなら安く抑えたいですよね!

あと、見直しができるのは携帯料金です。
いわゆる3大キャリアの携帯会社を使っていると1万円弱は月々出ていきます。
ですが格安simなどを利用することでおなじデータ使用量でも金額が半分近く節約できることになります。

電波の提供エリアが不安だという方もいますが、東京都内であるとほとんどの格安ケータイ会社の電波エリア内なので安心して使うことができるでしょう。

今持っている携帯のsimカードを変えることと、解約の手数料がかかるだけなのでそこまで大きな費用はかかりません。

新しく契約するにしても、店頭での契約ではなくすべてオンラインで手続きが完了すると事務手数料などもかからないのでよりコストを削ることが可能です。

ただし、今持っている機種の規格によっては、使用できない格安simもあるので事前に動作確認などを行うことを強くおすすめします。

できるだけ自炊を行ってみる

一人暮らしとなると、最初は頑張って自炊してみようなどの気持が起こるのですが、月日が経過すると忙しさや面倒くささから外食やテイクアウトで済ませてしまうことがあり、どうしても費用がかさんできます。

最近は、一人暮らし用に料理キットなども販売されているのでこういったものを使うといいでしょう。

さらには、友達や同僚を家に呼ぶと、みんなで割り勘となるので一人当たりの費用も減らすことができます。

また企業によっては福利厚生で食事補助などがある場合もあるので、社会人の場合はそういった仕組みを利用して支出を減らすことも一つの考え方です。

貯金もしておく

もし、上京してから仕事を探す場合には、その間の生活費を確保しておく必要があります。

仮に3か月だとすると20万円x3か月分なので60万円を確保しておく必要があります。

さらには家や家電などもそろえる場合には、初期費用として40万円程必要とも言われています。

つまり、100万円程度の貯金があると東京に出てきてから仕事を探すのに安心ではありますね。

もちろん、面接の合間を縫ってアルバイトなどをするとよりいいでしょう。
求人数は圧倒的なので比較的すぐにアルバイトは見つかるでしょう。

 

遊ぶ場所を考える

東京に来たら、スカイツリーや六本木ヒルズ、お台場など遊ぶ場所はいっぱいあります。
また、地方にはないお店や人気店などにもすぐ行くことができます。

しかし誘惑が多い分、気づいたら財布の中が寒くなっていることも少なくありません。

スケジュール調整をして、急な飲み会や衝動買いなどを控えるなど注意が必要です。

また、同じようなお店でも場所を移すと単価が違う場合があります。

そういった情報を入手してお得に遊ぶことも必要です。

テーマパークに行くとしても金券ショップでチケットを買うなどするとちょっとでも安く遊ぶことができますよ!

 

先輩たちが回答する東京ライフQ&A

ここでは、東京で生活している先輩たちがどのように生活しているかなどをご紹介できればと思います。

疑問に思っていることが少しでも解決できたら幸いです。

都内での一人暮らしにはどれくらい費用がかかるの?

物価なども地方に比べて高いことがあり20万円ほど月に動かすことができれば安心です。

節約はどうしていますか?

家賃ができるだけ安い場所に住むことは当たり前ですが、携帯電話などの固定費の節約や食費を抑えることも一考です。

美容院に行くにしても、カットモデルを募集している美容院などを探して無料でカットしてもらうなどしてもらうことも良いのではないでしょうか。

家賃や光熱費はどれくらいかかりますか?

物件にもよりますが、東京都最低生計費資産調査によると固定費でおよそ9万円前後は

かかっているようです。

この部分を節約できれば生活も変わってくるかもしれません。

まとめ 節約できる部分から手をつけよう

東京で暮らすとなると、家賃や光熱費などの固定費、飲み会などもあるので交際費なども沢山お金が出て行ってしまいます。

上京前から、一度自分の支出を見直して、改善できそうなところを探してみましょう。

それでも不安であれば上京支援サービスなどを利用することもしてみましょう。

皆さんの東京生活が豊かなものになるよう願っています。

関連記事一覧

PAGE TOP