地方在住者がエントリーするときの注意点は?有利な書き方を解説!

これから東京の会社に応募しようとして転職サイトやエージェントの求人をチェックしている皆さん。

東京で就職する際にうまくいくコツを知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

その際に地方から都内企業へエントリーする際に、不利な場合があるのではないかと
不安に思っていることもあるかもしれません。

そこで今回は、転職活動を始めたばかりの皆さんに向けて、キャリアアドバイザーに転職活動のノウハウを語っていただきました。

また、皆さんと同じように上京をめざして転職活動をしている地方就活生の疑問に答えていただきました。

転職活動に一歩踏み出す参考にしてください。

地方からエントリーする場合は、なぜ上京するかの理由を明確にしよう

東京に出てくる場合、なぜ上京して環境を変えてまで働きたいと思うのか、自分の目指すべきところは東京でなければ到達できないのかを考えながら面接に臨む必要があります。
ただ単に「東京は楽しそうだから」というもやっとした理由であると面接に臨んでも良い結果は待っていません。

東京で働く理由を考えよう

地方から都内の企業にエントリーする際にはなぜ東京の会社を希望するのかを明確にする必要があります。
地方でも同業同種の会社はあるので、なぜ同じ仕事でも東京でなければならないのかを面接官に説明する必要があります。
「だったら東京じゃないとできないよね」と納得してもらう理由付けが必要です。

東京で頑張っていくための向上心があるか

都内の企業にエントリーする際には、向上心や労働意欲といった部分を強くアピールする必要があります。
例えばベンチャー企業であれば、福利厚生が整っていないことや他社と比べて十分な給与がまだ出ない場合もあります。
そういった場合に「自分がこの状況を変えてやる」くらいの意気込みが見えてこないと「ただ東京に憧れている人」というイメージを持たれてしまうこともあります。

そういった部分があると東京で転職活動をしている人より一歩先を行けるでしょう。

地方からエントリーする場合は、会社の負担が少ないことをアピール

都内の企業で働こうと思う際、一人暮らしをするか、実家から通うのかが考えどころです。
例えば、静岡県の熱海から東京駅にある職場に通うとなると、東海道線で乗り換えはありませんが2時間弱の通勤となります。
通勤だけで疲れてしまいますよね?
また、それ以上に遠いとなると通勤交通費がかなりのものになります。
また、遠方だと最終電車も早いのであまり遅くまで仕事させられないリスクもありません。
そういった部分を解消する旨を、面接では伝えましょう。

地方出身だからこそのアピールをしよう

地方出身であることを面接でアピールすることができれば面白いかもしれません。
今後会社が成長して、あなたの地元のエリアに進出を考えようとしている時、
土地勘、商習慣などを知っているあなたは貴重な情報源であり戦力です。
また、東京は全国から人が集まってくるので、仕事でかわいがってもらえるという場面があります。
想像してみましょう…
得意先のキーマンがあなたと同郷だということが分かった。
そこから会話が弾み、新しい商談が決まったとなればあなたの手柄です。

東京で働いていても、地方出身ということを恥じることなくアピールしていくのもいいかもしれません。

キャリアアドバイザーが答える地方出身が都内の企業にエントリーする際に気を付けること

ここでは、キャリアアドバイザーがこれまで受けた地方出身からの質問をご紹介します。

地方出身者は東京での就職に不利でしょうか?

地方からエントリーをする段階では、不利になることはありません。
あえて、注意点を上げるとすれば、あまりに遠方だと面接に行くだけで疲れてしまうことです。

給与に魅力をもって東京を目指すのはだめなのでしょうか?

地方より東京のほうが同業種でも給与が高いことはあります。
もちろん会社の中には給与の高さに目を引かれたという志望動機を歓迎するところもありますが、自分がやりたいことがどうしても東京でないといけない理由を探し、そのためにこの会社に来たことをアピールするほうがベターです。

多くの企業にエントリーするほうが良いのでしょうか?

地方から東京の企業に転職する場合、何社もエントリーすると経済的に負担があります。

そのため、数社受ける場合にはスケジュール調整をしておくと移動費がかさむことが無いようです。

費用が難しいならオンライン面接なども可能なのか転職エージェントから相談してもらうことも必要です。

まとめ なぜ東京なのかを洗いなおそう

地方から東京への企業へエントリーする場合、前述の通りなぜ東京でなければいけないのかをアピールする必要があります。

うまく応募書類に落とし込めない場合には、上京支援サービスを使ってみるのもいかがでしょうか。
皆さんの東京での生活が実りあるものになるよう願っています。

関連記事一覧

PAGE TOP