未経験向け求人は何歳まで?年齢のギモンにとことん答えます!

今いる会社でやるべきことはやった、より条件がいい環境下で働きたいと思っているそこのあなた。

実際に未経験から転職を行った人のことを知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

転職とひとことに言っても、皆さんのスキル、年齢、場所によってやり方は違い、景気動向も変わる中で転職活動のやり方も大きな転換期を迎えています。

希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、以前より生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、世代ごとの転職の可能性や、面接の際のテクニックや転職経験者の動き方などをご紹介しますのでぜひ参考にして、無駄の少ない転職活動を目指してくださいね!

未経験業界、職種への転職可能な年齢の上限は?

未経験職種、未経験業界へ転職してくる人の年齢層はどれくらいだと思いますか?

一般的には、30代前半がそのタイムリミットとされており、募集要項の中にも長期キャリア育成のため年齢上限を明記している企業は少なくありません。

そのため、書類選考の段階で年齢が理由で不採用とされてしまうケースも多いのです。
ただ、年齢がというだけで諦める必要はありません。
そういった状況を打破して、未経験業界、職種への転職を果たした人はいます。
これから紹介する4つのポイントをぜひ参考にしてみてください。

未経験業界、職種へ転職するための4つのポイント

未経験でも、有資格者は40歳前後までチャンスがある

前記した通り、未経験での転職は34歳が区切りというお話をしました。
ですが、未経験でもその事業分野の資格などをアドバンテージがあると年齢という足枷を
ものともしない強い武器になります。

例えば、不動産業界の資格である宅地建物取引士のお話をさせてもらうと、この資格は不動産業を開業するのには必要不可欠なものです。
しかし、1つの事務所において5人につき1人以上の宅地建物取引士の設置が義務付けられています。

つまり、これから続々と出店攻勢をかける不動産会社からすれば、経験の有無に関わらず有資格者はありがたいわけです。
なぜなら、資格取得のための費用が不要でその分のコストを省くことができるためです。

あくまでも1例ですが、有資格者であるとこういった恩恵を受けることも可能です。

商材が変わっても、スキルは活かせる美容系、販売系

未経験であっても、美容系と販売系は比較的転職しやすい状況があります。
なぜなら、恒常的人手不足ということもあり、街中を見ると常に求人広告を出しているようなお店もあります。
そのため、30代後半でも採用される確率は高いようですね。

求人数の多い東京なら、年齢のハードルが地方より低い

東京都内の求人数は、地方に比べて段違いに多く未経験でも年齢上限が高く設定されていることや、30代後半でも大歓迎としている求人があります。

数多くの企業にエントリーすることで、その可能性を拓くことができるようですね!

経験者より、ポテンシャルの高い若い人材を欲しがる企業も多い

企業の求人には長期キャリア形成のため、募集要項には明記はしていないものの
若年層を積極的に採用して場合があります。
また、経営者自身が若く扱いにくい年齢が上の新人より、価値観や話を共有しやすい
若い人材を採用したいという意図もあると考えられています。

キャリアアドバイザーに聞く転職Q&A

ここでは、未経験で転職する際の不安点などに関してお答えします。

不安を解消して、新しい可能性を発見しましょう。

事務職に転職したいのですが、正社員での転職は難しいのでしょうか?

未経験でも若年層であれば、正社員としての転職は全く問題ありません。
志望動機や、ポテンシャル、キャリアプランを説明できれば十分面接でも納得のいくお話をすることができるでしょう。

事務職を希望していますが転職可能年齢は?

未経験で事務職に転職する場合には、前記した通り30代前半が一旦区切りとなっています。
ただし、有資格者であれば40歳前後であっても歓迎される業界はあります。

事務職に転職したいのですがおすすめのエージェントはありますか?

未経験で事務職に転職された方の多くが利用されていたのがマイナビエージェントです。
特に20代女性からの信頼度は高く、大手ということもあり優良案件も多数あります。

まとめ 未経験業界、職種への転職活動を成功させるには

今回の記事では、未経験の方が転職する際の現状をご紹介してきました。

全くのゼロベースで、転職を考えているのなら1分でも早く転職活動を始めるべきです。

また、有資格者の方となると、対象となる領域の仕事を目指してみることが給与アップにもつながります。
また、年齢等が気になる方は、求人の絶対数が多い東京などに出てきて転職することも視野に入れることが大切ではないでしょうか。

転職エージェントでは、情報収集に不安のある皆さんの代わりに良い情報や、優良案件を見つけてきてくれるので、ぜひ転職の際には登録して有意義な転職活動を行ってください。

関連記事一覧

PAGE TOP