アンダーソン・毛利・友常法律事務所ってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても解説!

既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。
転職人気企業ランキングで上位に入っている

アンダーソン・毛利・友常法律事務所ってどんな会社なのか知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

アンダーソン・毛利・友常法律事務所は、平均年収が約550万円(スタッフ職、転職口コミサイトより)と、業界内でも高い水準で知られています。
また、東京事務所が東京都千代田区大手町にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。

いい会社の解釈は人によって違うと言っても、
「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」
そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。

そこで、このページでは、アンダーソン・毛利・友常法律事務所はなぜ優良企業なのか解説していきます。

さらに、アンダーソン・毛利・友常法律事務所の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。

 

【企業研究 アンダーソン・毛利・友常法律事務所】女性がほとんどの職場で有給、育休、産休の取得が多い

1950年代初頭より、日本における本格的国際法律事務所の先かげとして、第一線で活躍してきたアンダーソン・毛利法律事務所は、グローバルな証券発行などの国際金融の取引やクロスボーダーの投資の案件の分野において、非常に多くの実績を積んでいた友常木村法律事務所、および、国際倒産・事業再生分野や危機管理部門において豊富な経験を有し、米国の大手法律事務所との外国法共同事業を通じて展開してきたビンガム・坂井・三村・相澤法律事務所(外国法共同事業)が合併し統合してできた、総合法律事務所です。

アンダーソン・毛利法律事務所、合併と統合による得意な分野の相乗効果と一層の規模の拡大により、幅広く質の高いリーガル・サービスを機動的に提供、多種多様な依頼者が直面するすべての法律問題や複雑な分野の横断的案件に対して、迅速かつ的確に対応しています。現在、アンダーソン・毛利法律事務所には、M&A、ファイナンス、キャピタル・マーケッツ、事業再生・倒産、訴訟・仲裁をほか、企業の活動に関連するあらゆる専門の分野に、豊富な実績を持つバイリンガルの弁護士が数多く所属しています。その拠点網は、国内では東京、大阪、名古屋に、また、海外では北京、上海、香港、シンガポール、ホーチミン、バンコク、ジャカルタなどのアジア諸国に及び、海外のビジネスを拡大する国内外の依頼者の需要に応えています。

アンダーソン・毛利法律事務所は、今後も日本を代表する総合法律事務所として、国際・国内企業の法務の分野で、依頼者の要求に的確に応える総合的なリーガル・サービスを提供していきます。

 

アンダーソン・毛利・友常法律事務所の現状

アンダーソン・毛利法律事務所の取扱い分野は、コーポレート、M&Aなど、危機管理・不祥事対応、キャピタル・マーケッツ、ファイナンス、不動産、人事・労務、知的財産/ライフサイエンス/ITなど、独禁法・競争法、税務、資源・エネルギー、紛争解決、事業再生・倒産、通商、海外法務と多岐に渡っています。

日本国内の企業や日本で事業を行う外国の企業の直面する全ての法律問題に対してクオリティーの高いサービスを提供し、様々な法の分野が交錯する分野の横断型の案件にも、各分野に精通した弁護士の連携で、組織的で機動的に依頼者の要望に応えられる体制を整えています。

また、最近のリーガル・サービスの需要の多様な分野や複雑な分野に呼応して、アンダーソン・毛利法律事務所が取り扱う法的な問題の種類や範囲は大変拡大しています。

国内外の顧客は、すべての分野で、インダストリー、銀行、証券、保険、信託、プライベート・エクイティ、アセット・マネジメント、その他金融、不動産・REIT、資源・エネルギー、運輸・物流、通信・メディア・エンターテインメント、情報産業・インターネット・セキュリティー、医療・製薬・ヘルスケア・ライフサイエンス・バイオ、スポーツ、自動車・造船・機械、化学、製紙、食品・飲料、ブランド・アパレル、鉄鋼・金属、電子部品・電子機器、消費財・小売・商社、建設・土木・インフラ、ホテル・レジャー・カジノ、教育・人材、政府・地方公共団体・公的機関の分野があります。

アンダーソン・毛利法律事務所では、日本企業の海外の事業の展開を確実な体制でサポートしています。

アジア圏については、北京、上海、香港、シンガポール、ホーチミン、バンコクおよびジャカルタの各拠点があり、東京オフィスと共同でソリューションを提供します。

アンダーソン・毛利法律事務所では、『プラクティス・グループ』制を導入して、知識とノウハウの集積や情報の共有を効率良く行い、高度な判断が要求される法律の問題の専門的な対応より一層高めるため努力しています。

 

アンダーソン・毛利・友常法律事務所への転職

アンダーソン・毛利・友常法律事務所は、色々なクライアントに最高で質の高いサービスを提供するため、まず所属の弁護士・スタッフが多様で柔軟でなければと考えています。

当事務所に転職して、応募者の「Best」を共に探し、見つけていこうと弁護士や事務職などの募集をしています。

弁護士の転職の受入については、フラット&フランクな組織の体制を採用していて、パートナー、アソシエイトなどを問わず相互の意見を尊重して、自由で活発な議論ができる環境の形成に努めています。

また、アンダーソン・毛利・友常法律事務所には、厳格な部門制が存在せず、転職先として、若手アソシエイトが多様な業務の分野を経験できます。

クライアントの要求に総合的に対応するには、各弁護士自身が多様な経験を積み、多くのアイデアを持つ必要があると考えています。

アンダーソン・毛利・友常法律事務所は、各弁護士の個性を尊重し転職をしてもらうことにより、多様で柔軟な弁護士を多数在籍させることが、様々なクライアントからの期待に応えるために必要だと考え、転職求人の応募を行っています。

また、自主性と多様性を尊重し、自分の進む道を決めるために、パートナーやアソシエイトの転職募集を行っています。

転職の募集は必要性が出て来た時点で、転職サイトより応募の受付をしております。

パラリーガルの転職情報としては、

勤務地:東京都大手町

仕事の概要
パラリーガル(法務・弁護士補助):不動産分野に関連する各種法律関係書類の調査および作成・提出などの事務

転職を求める人材
大卒以上、法学知識のあるかた、法律事務所での経験者の転職歓迎、多様な転職や分野を経験した人、

となっています。

スタッフ職では、秘書(リーガルアシスタント)や情報システム部の中途採用も行われています。

転職情報によると、月間の平均残業時間は、22.1時間、有給消化率は80.4%となっています。

ワークライフバランスとしては、非常に働き方が調整しやすいといった意見がありました。

入社理由としては、英語が好きで生かしたかった、転勤がないことという意見がありました。

女性がほとんどを占める職場のため、産休や育休にも理解があり短時間も活用できるという意見がありました。

 

まとめ

残業の少なさや、有給の取得率が80%を超えている点からも、社員にやさしい職場の雰囲気があり、スタッフ職は女性がほとんどの職場で、日本の会社の中では女性の働き方が理想に近いような印象を受けました。

中途採用の公開求人は出ていないようですが、転職の募集は多くあるようですので、転職エージェントの求人をこまめにチェックしてください。
ホームページからは転職の応募は出来ないようになっています。

さて、アンダーソン・毛利・友常法律事務所は最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。
さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めており、中小企業出身者にも入社のチャンスがあります。
もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。

また、社会人としての基礎ができている第二新卒も歓迎されているそうです。

転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、
実は、アンダーソン・毛利・友常法律事務所の中途採用の求人は非公開であることが多いのです。
実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。

アンダーソン・毛利・友常法律事務所のような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、
対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。

求人が見つからないとあきらめないで、転職エージェントに登録してみてください。

この企業、業界に就職・転職したい人は無料相談へ

最後に、アンダーソン・毛利・友常法律事務所への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に

無料上京相談

をお勧めします。

無料上京相談は、こんなときに役立つ!

無料上京相談は、こんなときにお役立ていただけます。

  • 転職フェアや合同面接会、会社説明会に行きたいけれど、交通・宿泊手段が不安。
  • 同時応募すると良い企業の数や探し方、応募のタイミングが分からない。
  • 就活の進め方や、書類選考・面接対策を一人でできるか自信がない。

今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう!

無料上京相談はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP