介護の請求事務職に地方から上京転職するコツ&5つの体験談

既卒や第二新卒で上京して介護の請求事務職になりたいと思っている方や、地方から転職して請求事務職になりたいと思っている皆さん。
実際に東京で介護の請求事務職に転職した人の体験を知りたい


と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

介護事務職では通常の受付業務などと並行して、介護報酬請求(レセプト作成)や介護に関する手続きを行う求人が多いという特徴があります。
介護報酬についての専門知識を高めてキャリアアップしたい人や、介護職に体力的な限界などを感じ、事務職にキャリアチェンジしたい人が東京に多く集まって来ます。

上京することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、東京で生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職した方の体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、介護の請求事務職のための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!上京転職体験談【成功例】まとめ

東京で転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

社会人経験を経て介護施設の請求事務の仕事に

介護業界で、ヘルパーとして働いていたAさんは、50歳の時に仕事で腰を痛めてしまい
現場で働くことが困難となってしまいました。
しかし、介護業界からは離れようとは思いませんでした。
そこで、バックオフィスの仕事で現場をサポートしたいという気持ちがありました。

しかし、今勤務しているところでは事務方は充実していたので転職エージェントを使い別施設のバックオフィス部門に応募することにしました。

請求業務は、お金を扱う仕事なので、現場で利用者を相手するのと同じくらい緊張感がある仕事ですが、紹介された施設は研修も充実しておりチェック体制も充実しているので大きな失敗もなくAさんは頑張っておられるそうです。

どんな形でも、介護の仕事に携わりたいという気持ちがAさんを動かしているようです。

デイサービスのヘルパーから介護請求事務の仕事に

デイサービスの現場でご活躍されていたBさんは、ステップアップのためケアマネージャーの資格も取得されました。
年齢も考えるようになり、現場をサポートしたいという気持ちも強まってきたからです。
転職エージェントを使い、仕事を探してもらったところ都内の老人ホームのマネージャーの仕事を紹介されました。

デスクワークは、複雑な書類や多くの会議もありますがこれも現場のためと思いBさんは奮闘されています。

運送会社の経理職から介護請求事務の仕事に転職

地方都市で運送会社に勤務していたCさんは、ご主人が東京に栄転されることになりついて行くことにされました。
最初は、東京ライフを楽しもうと考えていたCさんですが想像以上に支出が多いので自分も仕事を探そうということになりました。
転職エージェントは親身に相談に乗ってくれると聞いたので取り急ぎ面談を依頼しました。

自分の希望を伝えたところ、都内にある老健施設で経理や請求業務の仕事があるとのことでした。

運送会社で7年経理を担当していたCさんにとっては、経験を活かせる場でした。
今では、後進の育成にも力を入れているそうです。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

東京での転職活動は、地方よりも有利な面はあるものの、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

複数の介護施設で仕事をしてきたものの…

介護業界で長年仕事をしてきたDさんは、これまで3か所の施設で働いてきました。
40歳も越えて体力も衰えを感じてきたので、事務方に移りたいと考えて、ハローワークを使って転職しました。

しかし、事務方のことはほとんどやったことが無いDさんは、これまで見たことのない書類に苦戦しました。
書類不備があり、再提出が重なるうちに期限に間に合わないということもあり迷惑をかけてしまいました。

確かに、現場の仕事は体力が必要ですが、バックオフィスもそれなりに体力を使うようです。

社会人経験を経て請求事務の仕事をめざしたが…

地元の食品会社で総務として働いていたEさんは、東京に住む婚約者と結婚したため、結婚後は都内に住んでいました。
子供もできて家計も支出が増えてきたので、収入を増やすためにEさんも働くことにしました。

転職サイトで検索すると都内の有料老人ホームの、介護事務の仕事を発見しました。
面接に行ってみると、その場で採用されることになりました。
翌月から働き始めると、これまで見たことのない書類や、介護業界ならではの覚えなければならないことも多くあり勉強する時間の確保に苦労されているようです。

子育てをしながらの仕事なので、体力的に大変だそうです。
事前に情報収集ができていれば、仕事内容などを理解したうえで仕事を始められたのかもしれませんね。

その差はどこに? 上京転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗している請求事務職と成功している請求事務職の特徴を比較してみましょう。

請求事務職の上京転職に失敗している人に共通していること

思っていた仕事と違うことに不安や後悔を抱えている。

請求事務職の上京転職に成功している人に共通していること

仕事内容についてしっかりと情報収集ができたうえで、仕事を選んでいる

請求事務職が転職に成功するためには、例えば「転職エージェントを使い効果的に活動する」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントを使い効果的に行動しよう

最後に、請求事務職をめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使い効果的に動く

という方法をお勧めします。

請求事務職の転職に転職エージェントをお勧めする理由

請求事務職の転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 隠れた優良案件を持っている
  2. 福利厚生など面接で聞きにくいことを聞いてくれる
  3. 雇用条件などの調整も代行してくれる

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP