未経験でもスクールカウンセラーに転職するコツ&5つの体験談

自分磨きのスクールで、生徒さんと接する仕事をしてみたいと興味を持っている皆さん。
講師にはなれなくても、スクール業界で学校事務プラスアルファの活躍をしてみたい
という方も多いのではないでしょうか?

求人広告もよく見かける「スクールカウンセラー」の仕事は、実は教えることやカウンセリングの資格がなくても応募できる職種です。

求められるのは、生徒さんの希望やお悩みに共感できるコミュニケーション力。
営業の要素もある仕事なので、営業職出身の方はもちろん、販売やサービス業経験のある方も評価されます。

今回は、そんなスクールカウンセラーに転職した人の体験談をご紹介します。

 

転職してよかった!上京転職体験談【成功例】まとめ

東京でスクールカウンセラーに転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

携帯ショップの正社員から未経験で東京のスクールカウンセラーに転職。

地方の大学を卒業後、学校に来た求人情報に応募して、携帯ショップに正社員で就職。
接客担当を5年間していました。

お客様の案内や、窓口で契約業務をしていました。収入はおよそ300万円です。

これでは自己成長ができないと思い転職を決めました。

マニュアルに従った画一的な接客がつまらなくなりました。
結婚しても長く働きたいと思っていたので、やりがいをもてる仕事がしたかったからです。

東京のエージェントを活用し、働きながら転職活動をしました。
重視した条件は、女性でも長く働けて、人とのコミュニケーションスキルを上げられるような仕事です。
特に、カウンセラーになりたいと思っていました。

結果は、東京のメイクとヘアメイクスクールのスクールカウンセラーとして転職できました。

未経験でしたが、将来カウンセラーを目指していることを面接で伝えたことが良かったと思います。

女性スタッフも多く、活躍しているので安心して働いています。
特に結婚や出産といった女性のライフイベントに応じて働き方を選べるのがいい点です。

仕事の経験やカウンセリングの研修を通じて、本格的にカウンセラーになりたいと思っています。

 

地方のホームセンターの接客担当から東京のスクールカウンセラーに未経験で転職

地方の専門学校を卒業後、近くのホームセンターに就職。
建築資材コーナーの接客担当を6年間していました。

お客様の要望に応じて資材や加工方法を提案していました。年収はおよそ280万円でした。
転職を決めた理由は、接客は面白くてやり甲斐もあったのですが、長く続けられる自信がなくなったからです。
異動の噂もあり不安になっていました。

仕事が変わるなら、やりたいことでチャレンジしたいと思い転職を決意しました。

東京のエージェントを活用して、平日に休みを取れるシフトの時に東京に宿泊して集中的に転職活動をしました。
重視したのは、自己啓発をサポートしてくれて、女性が活躍できる会社です。

未経験で不安だらけでしたが、東京のメイクスクールのスクールカウンセラーとして無事に転職できました。

前職でお客様の要望を引き出してきた経験から、カウンセラーに興味をもったことを面接でアピールできたことが良かったです。
基本的なコミュニケーションスキルがあれば、事前研修をうければ、自信を持って仕事に取り組むことができます。

最近はコーチングについて深く勉強したくなり、資格取得を目指しています。

地方のエステサロンの正社員から東京の大手音楽スクールのスクールカウンセラーに未経験で転職

地方の大学を卒業後、エステサロンに就職し5年間働きました。
接客と施術をしていました。

お客様との会話を大切にしていたためか、担当のお客様も多く持っていました。
年収はおよそ400万円でした。

転職理由は、店舗の統廃合でお店がなくなることになったからです。
別のお店への異動の話しもありましたが、良いきっかけだと思い転職を決意しました。
学生のころから考えていたカウンセラーになりたいと思いました。

東京のエージェントを活用して転職活動を開始。
退職後に東京へ転居し短期集中を意識して活動しました。
重視した条件は、資格の勉強しながら自己研鑽していける教育制度がしっかりしていることです。

結果、東京の大手音楽スクールのスクールカウンセラーとして無事に転職できました。
転職活動中に、資格がなくてもできることを知り道が開けました。

カウンセリングのスキルアップ研修も事前にあり、自信を持って生徒さんの希望や悩みをしっかり聞き取り、カウンセリングを行っています。

前職のエステサロンで培った接客力が生きており、未経験でも戸惑うことなく仕事ができています。
今では本格的にカウンセラーを目指したくなっています。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

スクールカウンセラーになったとしても、安易に行動を起こすことや、ギャップが埋めきれないまま転職すると後悔が残る危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

地方の塾講師から東京の大手美容専門スクールのスクールカウンセラーに未経験で転職したが、イメージとのギャップに悩む

地方で小中学生向けの塾講師として5年間働いていました。
がんばる子供や大人まで含めて支えになりたいと思い、東京の大手美容専門スクールのスクールカウンセラーに転職して、学生のサポートをしています。

しかし、実際の会社の仕事内容を十分に確認せずに、スクールカウンセラーの言葉のイメージだけで転職したことを後悔しています。
集客のための広報から入学の契約まで仕事の幅が広く、カウンセリングスキルを磨く時間がうまくとれないことに悩んでいます。

未経験で資格がなくてもできるメリットもありますが、今はデメリットを感じています。

女性でも長く働きたいと思って転職しましたが、やりがいがないので転職を含めて考えています。
エージェントを活用して働き方を詳しく調べてから転職候補を選ぶべきだったと痛感しているそうです。

将来スクールカウンセラーを目指したい場合は、しっかりとやりたいことを会社に伝えることが大切だと思います。

 

地方の商社の営業職から東京でスクールカウンセラーに未経験で転職できたが、会社の情報収集不足で

地方の商社で営業を3年間していました。女性でも長く働きたいと思っていたので、未経験でもできて、やり甲斐のありそうなスクールカウンセラーとして東京の会社に転職しました。

資格がなくてもスクールカウンセラーの仕事に携われると考えて転職しましたが、今の会社だと難しそうです。
大半が事務仕事のため求人広告の内容との違いを感じています。

情報収集に努めず募集内容だけで判断してしまいました。
エージェントなどを活用して、仕事内容や会社のことをしっかりと調べてから転職すればよかったと後悔しています。

しっかりと仕事内容を確認して、業界に関する情報収集することが大切です。
会社によってはキャリアカウンセラーといっても様々な業務があるので、しっかりと比較して転職先を選ぶのがポイントだと思います。

 

その差はどこに? 上京転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗しているスクールカウンセラーと成功しているスクールカウンセラーの特徴を比較してみましょう。

スクールカウンセラーの上京転職に失敗している人に共通していること

求人広告のイメージに釣られて、想像していた仕事内容と現実の仕事にギャップを感じていること。

スクールカウンセラーの上京転職に成功している人に共通していること

事前に、カウンセリングに関われる時間の確認や事前研修の確認を行い、資格取得の意思を伝えていること。

スクールカウンセラーが転職に成功するためには、例えば転職後に戸惑いをなくすため、「重視する条件を明確化してしっかり業務内容を確認すること」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

エージェントを活用して資格がなくても始められるスクールカウンセラーの仕事内容を、しっかり確認しよう

最後に、スクールカウンセラーをめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

エージェントを活用して資格がなくても始められるスクールカウンセラーの仕事内容を、しっかり確認する

という方法をお勧めします。

スクールカウンセラーの転職に転職エージェントをお勧めする理由

スクールカウンセラーの転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. コミュニケーション力を生かせる業務や資格の情報が多くありイメージを高められる。
  2. 前職までの経験から企業に合わせた面接サポートを受けることができる。
  3. スクールカウンセラーへの転職の体験談が多くあり、未経験の悩みや不安が解消される。

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP