ケアマネージャーに地方から上京転職するコツ&5つの体験談

既卒や第二新卒で上京してケアマネージャーになりたいと思っている方や、地方から転職してケアマネージャーになりたいと思っている皆さん。
実際に東京でケアマネージャーに転職した人の体験を知りたい
と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

ケアマネージャーとひとことに言っても、企業や施設の特徴、仕事の中身、働き方のスタイルはさまざまです。

上京することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、東京で生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職したケアマネージャーの体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、ケアマネージャーのための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!上京転職体験談【成功例】まとめ

東京でケアマネージャーに転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

社会人経験を経てケアマネージャーに転職

以前は介護業界以外で仕事をしていたAさんは、お父さんの介護がきっかけとなり介護の仕事に興味を持つようになりました。
初めての転職だったので知人に相談したところ、転職エージェントを使ってはどうかとアドバイスを受けたので大手の転職サービスに登録しました。
ほどなくして初回の面談があり正社員でケアマネージャーの募集をしているところがあれば面接を受けたいとリクエストを出しました。
一月ほどすると都内の有料老人ホームより面接の案内があったようで転職エージェントと共に面接に臨みました。

未経験というハンディキャップはありましたが、真摯にケアマネージャーになるための勉強をしていたことが評価されて採用となりました。
実際働いてからもスタッフ間の距離感も程よくAさんによってやりやすい職場となりました。

子育てが落ち着いてからケアマネージャーに転職

介護支援専門員という資格を働きながら取得したBさんは、子育てが落ち着いたあと再び社会復帰を考えるようになりました。
転職エージェントに登録して正社員で以前取得した資格を活かしてケアマネージャーになりたいとリクエストをしました。

しばらくして都内の一般企業の居宅支援業務の仕事を紹介されて転職しました。

未経験の職場で戸惑うことや勉強することもたくさんありましたが、同僚が良い人が多く困ったときはお互い助け合いながら成長してきました。
また利用者も良い人ばかりで、感謝の声がBさんの励みとなっているようです。

病院のケアマネージャーから独立開業

都内の総合病院でケアマネージャーとして働いていたCさんは、職場でも責任あるポストに就いていましたが、病院の経営方針により十分に利用者に介護サービスができていないということが歯がゆかったそうです。
そこで、よりきめ細かな介護サービスを行いたいと思い、居宅介護支援事業所を自ら経営、展開することを考えました。

働きながら、出資者や働いてくれる人を集め3年後に見事独立することができました。
用意周到だったため、前の職場ともめることもなく円満に退職ができて、資金調達も滞りなくできたようです。

今では、都内に4か所の事務所を抱えこれからより一層の成長が見込めるそうです。

転職するんじゃなかった!上京転職【失敗例】まとめ

東京での転職活動は、地方よりも有利な面はあるものの、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

ワークライフバランスが保てず苦労

都内でケアマネージャーに転職したDさんですが、新しい職場では人員不足ということもあり実務を行いながら膨大な事務作業に追われているそうです。
行政などの手続きに間に合わない場合は休日出勤してでも、終わらせているそうです。
あまりにも大変な職場なので、もう一度転職しようと思っているのですが、次の職場でも同じことがあったらどうしようと一歩が踏み出せないとのことです。
Dさんのように、介護業界ならではの問題に悩んでいる方は少なくありません。
転職先の詳しい情報を集めたい場合には、転職エージェントを使うことは視野に入れるべきでしょう。

多忙のあまり体調を崩してしまったケアマネージャー

Eさんは、都内の老人ホームでケアマネージャーとして働いていました。
多岐にわたる業務を行い、業務上必要な資格をすべて取ってきたEさんですがあるときぷっつりと線がきれたようにやる気が無くなってしまったそうです。
周囲からの期待にこたえたいと思うあまり、現場でも無理をされていたようで医者からはしばらく休むように言われてしまいました。
上司と話をした結果、辞めてしまうのは惜しいということで半年の休暇を経た後もう少し業務が楽な系列の施設に異動されたそうです。
頑張ることも大切なのですが、自分が倒れてしまっては意味がありません。
適度にセーブするなど考えながら働くことも必要ですね。

その差はどこに? 上京転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗しているケアマネージャーと成功しているケアマネージャーの特徴を比較してみましょう。

ケアマネージャーの上京転職に失敗している人に共通していること

自分のキャパシティー以上の仕事でも無理をして周囲を頼らない

ケアマネージャーの上京転職に成功している人に共通していること

人間関係が良い職場に転職ができて、どういう風に成長したいか見えている

ケアマネージャーが転職に成功するためには、例えば「転職エージェントを利用して効率的に活動する」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントを使って情報収集を欠かさない

最後に、ケアマネージャーをめざす方が上京して失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使って効率的に転職をする

という方法をお勧めします。

ケアマネージャーの転職に転職エージェントをお勧めする理由

ケアマネージャーの転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 隠れた優良案件を持っている
  2. 給与や転職時期などの交渉を代行してくれる
  3. 面接同行の上、求職者をアシストしてくれる

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!

関連記事一覧

PAGE TOP