ネットワークエンジニアに未経験で転職するコツ&5つの体験談

未経験でネットワークエンジニアになりたいと思っている方や、地方から転職してネットワークエンジニアになりたいと思っている皆さん。

実際に未経験でもネットワークエンジニアに転職した人の体験を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

ネットワークエンジニアとひとことに言っても、企業の特徴、仕事の中身、働き方のスタイルはさまざまです。

上京することで、希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、レベルが高くてついていけない、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職したネットワークエンジニアの体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、ネットワークエンジニアのための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!未経験職種転職体験談【成功例】まとめ

ネットワークエンジニアに未経験から転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

家電量販店の販売員からネットワークエンジニアに転職

地元の家電量販店で販売員として勤務していたAさんは、接客やレジ打ちを担当しており月収は20万円ほどでした。
電化製品が好きで、かつてよりIT業界に興味がありました。
社会人としてのキャリアも積み重ねてきたので次のステージに進みたいと考えて転職活動を開始しました。

ただ、転職活動をするのは初めてだったので転職した友人に相談したところ転職エージェントを付けることを勧められました。

転職エージェントに登録して面談で、これまでの経歴とこれから先のキャリアプランについて話をしたところ、東京に出て働いてみてはどうかと提案を受けました。

なぜかと言うと、Aさんのように未経験でIT企業に転職することは地方ではハードルが高いためです。

求人数も多くあり教育体制も整っていると東京のIT企業の方が条件的にもいいだろうとエージェントからも話がありAさんは上京して転職することになりました。

エージェントと二人三脚で履歴書、職務経歴書をまとめながらどんどん応募していきました。
その結果、東京にあるIT企業に未経験ではあるものの、ネットワークエンジニアとして採用されました。
教育体制も充実しており、入社してからはCisco技術者認定試験にも合格して、月収も28万円に上がりました。

総務事務からネットワークエンジニアに転職

総務事務の仕事を地元でしていたBさんは、帳簿作成と書類整理が主な業務でした。
同僚との関係性も良好で、プライベートでも遊びに行くくらい仲が良かったのですが入社以来昇給があまりなくもう少し給与を増やすために、転職することにしたのです。

現職ではPCを多用して仕事をしていたのでIT業界で仕事をしてみたいなという気持ちがありました。
ただ、どのように転職活動を進めていくか迷ったためまずは転職エージェントに登録することにしました。

ブラック企業は避けたいことと、地元では未経験から採用してくれるIT企業が少なかったため東京の企業体制がしっかりしている企業に応募することにしました。

転職エージェントの的確なアドバイスのおかげで未経験でも育ててくれる企業にネットワークエンジニアとして採用されました。
理想の職種でもあったのでBさんの労働意欲も上がりITパスポート試験にも無事合格して公私ともに充実した毎日を過ごされています。

技能職からネットワークエンジニアに転職

地方の製造工場に勤務していたCさんは、生産ラインでPC部品の取り付け作業を担当していました。

しかし、その工場が拠点の統廃合で閉鎖されることになってしまいました。
以前からIT企業のオフィスで働きたいと考えていたので良い機会となりました。
特に組み立て工程の仕事に携わっているうちに、設計や開発の分野に興味を抱きましたのでそれらに携われる転職先を探すことになりました。

そして友人にも転職を相談したところ、転職エージェントを使うことを勧められました。
あまり転職活動に時間をかけたくなかったCさんは、情報収集や的確なアドバイスを依頼して効率よく転職活動を進めていきました。

転職エージェントは的確に必要な情報を提供してくれて、求人サイトではない優良案件を紹介してくれました。

その結果都内のIT企業に未経験ながらもネットワークエンジニアとして採用されました。
前職の経験も評価され入社後はCisco技術者認定試験にも合格して月収も上がりました。

転職するべきじゃなかったかな!?未経験転職【失敗例】まとめ

未経験での転職活動は、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

未経験でネットワークエンジニアに転職したが基礎知識が不足して大きな苦労が…

携帯会社の不具合や取扱いを説明するテレフォンオペレーターとして勤務していました。
PCシステムなどにも興味があったので、ネットワークエンジニアに転職されました。

ネットワークは携帯電話と同じような感覚で捉えていたのが躓きの始まりでした。
構築方法から学習する必要があるので、使用する技術用語を覚えるのに苦労しました。

未経験でもExcelのVBAなどプログラミングを少しでも勉強しておけばスムーズに入り込めたと後悔されています。

IT企業でも様々な仕事があるので、転職エージェント等の第三者の力を借りながら自分にあった仕事を探すことが必要ですね。

技能職としてネットワークエンジニアに転職したが苦労の連続

技能職として地方でPC製品の組み立て工場に勤務していたEさんは、学生時代よりエンジニアの仕事に憧れがあり、たまたま求人サイトで見つけたネットワークエンジニアの仕事に興味をもって応募したところ採用されました。

憧れのネットワークエンジニアの職種でしたが、前職では仕事が忙しくスキルアップのための時間を確保することができませんでした。

そのため情報処理分野の専門知識に乏しい状態で仕事を始めることになりました。
そのため仕事を理解するスピードも遅く、進捗度合いも遅かったので上司から叱責を受けることもありました。

Eさんは、勉強をして資格を取得して1日でも早く戦力となりたいのですが、仕事が忙しくその時間も確保できないので苦労されています。

転職前に必要なスキルの勉強や、仕事内容を十分確認していればこのようなことにならなかったのではないでしょうか。

その差はどこに? 未経験職種への転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗しているネットワークエンジニアと成功しているネットワークエンジニアの特徴を比較してみましょう。

ネットワークエンジニアへの転職に失敗している人に共通していること

転職先で必要な知識やスキルを取得しておらず、理想だけが先行している。

ネットワークエンジニアへの転職に成功している人に共通していること

転職エージェントを使って、情報収集に努めていることと自身の希望条件を伝えてアドバイスを受けている。

ネットワークエンジニアが転職に成功するためには、例えば「転職エージェントで希望の条件に合う転職先を探して失敗しない転職を実現する」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

転職エージェントで希望の条件にあう転職先を見つけてしっかりキャリアアップ

最後に、ネットワークエンジニアをめざす方が失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

転職エージェントを使って自分に合った転職先を探す

という方法をお勧めします。
<PR>

ネットワークエンジニアの転職に転職エージェントをお勧めする理由

ネットワークエンジニアの転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 多数の優良案件を持っているので焦らず転職活動ができる
  2. IT業界に精通したエージェントが的確にアドバイスをくれる
  3. 転職後のアフターフォローも充実している

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!
<PR>ネットワークエンジニアへの転職について相談したい方は、こちらがおススメ!

関連記事一覧

PAGE TOP