事務職で上京するとどうなる?後悔しない仕事の選び方4選

既卒や第二新卒で上京して事務職の仕事をしたいと思っている方や、上京生活に不安を思っている皆さん。

周りに同じ経験をされている方や悩みを抱えている方がいない

ということで不安になっていませんか?

地方在住で相談する先が少ないと、転職活動も滞りがちですが、少しのテクニックで転職の成功確率は上昇するのです。

ここでは、特に地方から上京して事務職に転職したいと思っている皆さんのお悩みに答えて、今日からでも使えるノウハウについてご紹介します。

上京して事務職に就くなら専門事務に

医療事務は比較的給料が高く、人気も高い職種となっています。
都内には地方都市と比べて医療機関も数多くあり医療事務の求人量も圧倒的です。
上京後に安定した収入を得るためにもアドバンテージがあります。

上京後は国立大学病院などの医療事務が安定的

上京して医療事務の仕事をするなら、未経験でも始めることができて経営母体がしっかりしている医療法人を選ぶことがおすすめです。

医療事務以外の仕事に関連した資格取得も視野に入れる

医療事務の仕事をあくまでも新しいキャリアステップの第一歩として考えて経験を積むことも大切です。
しっかりとプライベートタイムを確保できる職場もあるので転職エージェントを使いながら情報収集をして、自分のための時間を確保しましょう。

そうすることで、収入が大幅に増える可能性も待っています。

上京して事務職に転職するなら経理事務も安定的

上京して転職するなら、経理事務も最近は人気となっており転職エージェントでも案件が増えているようです。

経理事務についてですが、地方では求人が少ないのですが上京することで税理士事務所等だと未経験からでも受け入れ先が多くあります。

東京の経理事務の求人の特徴は、入社後の資格取得を奨励していることです。
最初は未経験者でもできる補助的な業務から入り、経験を積んで簿記などの資格を取ることでキャリアアップも狙っていきましょう。

上京して事務職を探すなら、事務に強い転職エージェントを活用する

上京して事務職の仕事を探すにしても、自分の適性やライフスタイルに合わせて探すことが定石となります。
求人の多さから、どれを選べばいいのか迷ってしまいますがそんな時には転職エージェントを活用しましょう。
履歴書の書き方から、面接対策、その他の情報収集を代行してくれるなどあなたの代わりとなって動いてくれるので効率的に転職活動を行うことができます。

キャリアアドバイザーが答える転職成功へのQ&A

この章では、上京して事務職として働こうとしている方が疑問に思っていることを
キャリアアドバイザーの視点から、中立的な立場で回答します。

上京して事務職に転職したいが正社員は厳しいのでしょうか?

上京して事務職として働きたい場合、東京の企業であれば、地方より正社員の求人は多い傾向があります。
職種にそこまでのこだわりが無ければ、正社員としての就職の確率は高くなるでしょう。

よく「男性でも一般事務の求人はありますか?」とご相談をいただきますが、東京の企業なら男女不問で募集されています。

建設業界や物流業界などの管理部門での事務職、学校事務などでは男性一般事務の採用実績が多いようです。

専門事務では先に挙げた医療事務、経理事務のほか、法務事務も男女問わず人気があります。
経験を積んで、法務職(パラリーガル)など、より専門性の高い業務にステップアップされる人も数多くいます。

経理事務として転職しようとしていますが、必要な資格は?

一般事務や営業事務であれば、簿記検定やマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)などのオフィス系の資格は取得しておくと、転職活動を有利に進められるでしょう。
特に、正社員や長期派遣の求人は、一定以上のPCスキルが前提になっています。
上京前に経験を積んでおくか、資格取得でアピールするようにしましょう。

40歳を超えて上京して転職は厳しいのでしょうか?

求人数は、東京は圧倒的に多いので40歳前後でも地方より事務職として転職することのハードルは低いです。
ただし、これといったスキルや経験が無い場合、年齢に見合った収入が期待できないことがあります。

デスクワークに絞ってしまうと確かに求人数が少ない、待遇が良くないなど、40代には不利かもしれませんが、コールセンターや窓口カウンター、説明スタッフなど、コミュニケーション力が問われる業務の場合は、社会人経験豊富な40代が高く評価されます。
これまでに接客・販売の経験があれば自己PRできるようにしておきましょう。

大切なのは、事務のイメージにこだわらず、幅広く「内勤」であれば受けていこうと視野を広げることができるかどうかです。

自分のスキルを棚卸しするために、転職エージェントを活用してアドバイスを受けるなど、堅実なステップを踏んで転職活動を進めましょう。

 

まとめ:求人数の多さに惑わされることなく良い転職活動を

上京して転職を行う場合、都内ということで求人数は多いです。
しかし、多い分ブラック企業と呼ばれる会社も多いため転職したものの、すぐに退職しなければならないという状況が発生することもあるかもしれません。

少しでもスムーズに転職活動を行うため、転職エージェントを活用して効果的に動けるよう努めましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP