未経験からスマホアプリ開発の仕事に転職するコツ&5つの体験談

未経験からスマホアプリ開発に携わりたいと思っている方や、地方から転職してスマホアプリ開発に関わりたいと思っている皆さん。

実際に未経験からスマホアプリ開発に転職した人の体験を知りたい

と思ってこのページをお読みくださっていることでしょう。

スマホアプリ開発とひとことに言っても、企業の特徴、仕事の中身、働き方、制作するアプリケーションのスタイルはさまざまです。

希望通りの就職が決まればいいのですが、思っていた仕事と違うとか、東京で生活に困ってしまった、といった失敗は避けたいものです。

そこでこの記事では、実際に転職したスマホアプリ開発の体験談を成功例も失敗例もご紹介します。
さらに、スマホアプリ開発のための失敗しない転職方法も、合わせて解説します。

転職してよかった!未経験転職体験談【成功例】まとめ

スマホアプリ開発の仕事に未経験に転職することで、給料や待遇に満足している人や、スキルアップがかなった人はたくさんいます。
ここでは、転職に成功した3名の方の体験談をご紹介します。

営業事務から未経験でスマホアプリ開発に転職

地方の企業で営業事務として勤務していたAさんは商品の受発注や伝票作成を担当していました。

電子部品を取り扱う会社だったため、取引先企業の開発部の担当者とも話す機会も多くIT業界に興味を持つようになりました。

そして、興味はあこがれとなりIT業界へ転職することにして転職エージェントに登録することしました。

エージェントとの面談では、これまでの経歴とこれからのキャリアプランを確認して企業の紹介を受けました。
その結果都内のIT企業でスマホアプリの開発の仕事に携わることになりました。
未経験者もしっかりと育成する体制が整っているのでAさんも入社後に基本技術者試験に合格し年収もアップしたそうです。

技能職からスマホアプリ開発に転職

食品加工工場で技能職として勤務していたBさんは学生時代よりIT企業に憧れていました。
C♯などプログラミングを独学で学ぶうちに、スマホアプリの需要の高さに気づき、学生時代の夢であるIT企業に転職することを決意しました。

一人で転職活動をするのは不安だったので、転職エージェントを使うことにしました。
エージェントとじっくり打ち合わせを行い、これからのキャリアプランを考えました。

勉強していた分野を活かせる仕事に就きたいと考えており、希望にあった企業をエージェントは多数紹介してくれました。

その結果、都内のIT企業にてスマホアプリの開発職として転職できました。
応用技術者試験にも受験して合格し、更なる活躍が期待されるBさんです。

営業職からスマホアプリの開発に転職

地元で営業職として働いていたCさんは法人向け携帯電話の営業を行っていました。

仕事柄スマートフォンを取り扱うので、多くの便利なアプリの情報を仕入れてお客さんにも提案していました。

そのうち、スマホアプリの将来性に興味をもって自身で開発したいと考えて転職することにしました。
ただ、業界未経験だったので転職エージェントを使い転職活動をした方が良いと高校時代の友人からアドバイスを受けました。

登録した転職エージェントと共に転職活動の戦略を考えました。
これまでの経験を活かせることと、希望条件を叶えられる企業に出会うことができて入社することになりました。
スキルアップのため、基本技術者試験も受験して見事合格することができて、公私ともに充実した毎日を過ごされています。

転職するんじゃなかった!未経験職種への転職【失敗例】まとめ

未経験からの転職活動は、安易に行動を起こすと失敗してしまう危険性もあります。

ここでは、お2人の体験談を通して、なぜ失敗したのか、その教訓を挙げていきます。

一般事務からスマホアプリ開発に転職

一般事務として働いていたDさんは、給与アップのため転職を考えており求人サイトを検索しているとスマホアプリ開発の仕事が募集となっていたので、流行のIT業界ということもあり転職しました。

未経験で採用されたのでじっくり育ててくれる環境があるのかと思っていたのですが、そんなことはなく全く聞いたことのない専門用語を当たり前に理解していることを要求されました。
相手が何を言っているのか分からない中手探りで仕事をするので失敗も多くなってしまいます。

何となくの感覚だけで応募するのではなく、転職エージェントを使って事前に情報収集や、自分の希望を叶えられる企業を紹介してもらえばとDさんは後悔されているそうです。

技能職からスマホアプリ開発に転職

PCの組み立て工場で勤務していたEさんはIT業界へのあこがれがあり、その時求人サイトに掲載があったIT企業のスマホアプリの開発の求人に応募して採用されました。

憧れの仕事でしたが、基本的な用語も何も知らないまま転職してしまったので、アプリ開発では必須のJavaのコードもほとんど書くことができませんでした。

採用後、ゼロから教えてくれると考えていたのですが自力で何とかする必要がありました。
事前に、応募先の企業がどういった仕事をしていて、どのような教育体制なのかをエージェントを通して調べておけばこんなことにならなかったと後悔されています。

その差はどこに? 未経験からの転職に失敗する人、成功する人

ここまでの内容をまとめて、転職に失敗しているスマホアプリ開発と成功しているスマホアプリ開発の特徴を比較してみましょう。

スマホアプリ開発の転職に失敗している人に共通していること

求人サイトの情報だけで判断して自分の希望する条件と違う企業に入社してしまう

スマホアプリ開発の転職に成功している人に共通していること

転職エージェントで情報収集をして納得してから転職している

スマホアプリ開発が転職に成功するためには、例えば「希望条件を叶えるために、転職エージェントを使う」といったことが秘訣と言えるかもしれません。

IT業界に強い転職エージェントに登録して希望の職種に転職しよう

最後に、スマホアプリ開発をめざす方が失敗せずに転職するためのアドバイスをお伝えします。

IT業界に強い転職エージェントに登録して希望職種に就く

という方法をお勧めします。
<PR>

スマホアプリ開発の転職に転職エージェントをお勧めする理由

スマホアプリ開発の転職に転職エージェントをお勧めする理由は3つあります。

  1. 優良案件を多数持っているので焦ることがない
  2. 未経験者でも応募できる案件を探してくれる
  3. 入社まで丁寧なサポートを受けられる

以上のことから、転職エージェントを積極的に利用して、有利な就活を進めてください!
<PR>スマホアプリ開発への転職について相談したい方は、こちらがおススメ!

関連記事一覧

PAGE TOP